アナウンス用語番長・豊田アナウンサーの用語ざんすか?

アナウンス用語番長・豊田アナウンサーの用語ざんすか?FNSアナウンス用語統一部会に参加しているアナウンス部の用語番長(日本語番長ではなく、あくまで、KTVのアナウンス用語番長です)豊田康雄アナウンサーが、用語ハンドブックに基づいて、ニュースで使うことば、表現について、言わせてもらっても、ようござんすか?

2019年問題?

数字の9は「キュー」とも「ク」とも読めますが、9年を放送で読む場合、どちらを選択すべきなのでしょうか?アナウンサーが参考にしている日本語発音アクセント新辞典(NHK放送文化研究所・編)は、放送など、ある程度あらたまった場面での発音として「クネン」を推奨し、「キューネン」も許容としています。FNS用語ハンドブックも、どちらかに決めることはしていません。個人的な印象としては、ヤングジェネレーションのアナウンサーは「キューネン」を、経験を積んだ世代は「クネン」を選択する傾向があるように思います。一方で世代を問わず、9月、9時などは「ク」、9歳、9か月などは「キュー」と、迷うことなく読み分けることができるはずです。では9度はどうでしょう?気温や角度は「キュー」ですが、体温の場合は別で、例えば39度の高熱は「クド」の方がなじみます。このように、条件によっても読み方が変わるので悩ましく、9労…いや、苦労するのです!とはいえ、2019年については、ジュークネン、ジューキューネン、どちらでも問題ないということで、ようござんすか?