わかぎゑふ連載エッセイ「大阪のおばちゃん目線」

プロフィール

ハチプレ!版 第43回

「夏の終わりまで」

9月2日に恒例のアナウンサー朗読会が行われる。前にも書いたが今年から有料である。それだけでもドキドキする。
大阪のおっちゃんやおばちゃんに言わせたら「今までタダやったのに、今年から金とるの?そらよっぽど豪華なもん見せてくれるんやろうなぁ?」と思われるに違いない。いや、そんな豪華なもんとは違うんで…と、ここに言い訳を書いても誰も読まないだろうし…

今年のタイトルは「LIFE!~新しい1ページ~」に決まった。朗読を聞きに来たお客さんがなんとなく新しいことを知れる機会であって欲しいという気持ちを込めて付けた。
そのために今までは読む本を抜粋して編集したりしてたのだが、今年はなるべく一冊の本を丸々読むということを重視してみた。

ちょっとだけバラすと冒頭で「おじいちゃんがおばけになったわけ」という童話を読むことになっている。15分くらいで読める短い話で、元は絵本である。
エリックという少年のおじいちゃんが亡くなるのだが、その日から彼のところに「何か忘れ物をしているようだ」といっておばけになって現れるという内容である。
この少年の役を、今年入社したばかりの谷元アナに読んでもらうことになった。先日会ったが、なんと身長が150センチそこそこで、本当に少女のような人だった。

カンテレの女子アナさんというと、みんな身長が高いことで有名だ。一番背が低いんですという中島アナだって162センチ。あとはほぼ168センチ以上ある。高橋アナに至っては172~3センチは軽くある。顔が可愛いから遠くで見てると気にならないが、そばに来ると見上げなくてはならない。(まぁ、私が小さいんですけど)
「女子バレーのチームでも作るつもりですか?」と部長に聞いたことがあるくらいだ。
そんなところに小さな谷元アナの到来。紹介された時に「うちのスーパーリベロです」と言われたので、なかなかの切れ者のようだ。

それと今までの朗読会の中でも取って置きの飛び道具を2つ入れてみた。お金を払っても後悔させません!という演目である。ふふふ…来てくれたら分かります!

さぁ新しいメンバーも加わって夏の終わりにある朗読会まで駆け抜けよう。暑い暑い夏を乗りきって到達せねば!皆様本当に暑いんでご自愛くださいね。

公演情報

開局60周年記念 FNSチャリティキャンペーン
カンテレアナウンサー朗読会vol.17 LIFE!~新しい1ページ~

【日時】2018年9月2日(日)
    11:30開演(11:00開場)/14:30開演(14:00開場)
【場所】関西テレビなんでもアリーナ(カンテレ扇町スクエア1階)

→詳しくはこちら!