ピックアップ

画像

肉体を駆使したエンターテインメント「マッスルミュージカル」を手掛けた中村龍史氏の新たなる挑戦、それが「『energy』~笑う筋肉~」。3月8日(金)より大阪で上演中のこのミュージカルに、岡安譲アナウンサーが参戦!普段はアナウンサーとして、クールな表情を崩さない岡安アナだが、“スポーツミュージカル”に初めて挑戦するとあって、やはり心中穏やかでない様子!?そんな中、本番(3月13日)を目前に控えた岡安アナが、今の心境を語る!

画像

「今度、大阪で“筋肉ミュージカル”が上演されるんですが、岡安さん出てみませんか?」
2カ月ほど前、突然こんな打診をされた。私は人様に見せられるような筋肉は持ち合わせていないが、もともと運動は大好き。今も週に8回(!?)はスポーツクラブに通うほどなので、とてつもなく魅力的な話だと思った。二つ返事で「ぜひやらせてください!」と了承。内容は分からないけど、「まあ何とかなるだろう」くらいの軽い気持ちだった。

後日、舞台監督の中村龍史さんから直々に説明があった。

画像

中村監督:腕立て伏せはできますか?逆立ちは?

岡安アナ:たぶん大丈夫です。

中村監督:じゃあ、「けんばん君」と「だるまさんが転んだ」をやってもらおう。

岡安アナ:何ですかそれは?

中村監督:けんばん君は曲に合わせる腕立て伏せ。だるま~は文字通りだるまさんが転んだをやる。ただし逆立ちで。

岡安アナ:ハイ、わかりました。

正直、この時点ではまだ「いけるやろ」と思っていた。
しかし、いざ稽古が始まるや、自らの見通しの甘さと「出来なさ加減」に打ちひしがれることになる。

「けんばん君」の私の担当は「ミ」。ピアノでミの音がしたら、腕立て伏せをするのみ。なのに、これが難しい。まず、楽譜を完全に覚えねばならない。違う音の時に腕立て伏せをしたら、ブチ壊しである。覚えたつもりでも、意外と隣の「レ」や「ファ」につられたりする。その上、終盤は怒涛の連続腕立て伏せが待っている。果たして、間違えずに、そしてバテずにできるのか?
練習でだいぶ精度は上がってきたので、本番はなんとかいいものをお見せしたい。
「けんばん君」は演目自体かなり面白いのでお楽しみいただけると思う。

画像

問題は「だるまさんが転んだ」である。
いけると思っていた「逆立ち歩き」が全くできない…。
練習初日は歩くどころか、1秒も倒立を我慢できず崩れ落ちる始末。
中村監督からこっぴどく怒られる…かと思ったが、
「これはこれで面白いね」と意外なひとこと。
他のメンバーの皆さんが軽々歩くのに対し、一人できない奴がいても面白いとのこと。
ホッとした反面、私の負けん気に火が付いた。
「見てろよ、本番までに必ず歩いて見せる!!」
その日から私の逆立ち練習が始まった。
カベを見つければ(周りに人がいないか確認して)逆立ち。
会社の泊まり勤務の最中も、人気のない廊下で逆立ち。
日々欠かさず練習を積み、ようやく少しずつ歩けるようになった。

画像

しかし、今この原稿を書いている段階(1週間前)ではまだ数歩歩くのがやっと。
しかも、1発勝負の本番で歩ける可能性は現段階では限りなく低い。
それでも諦めず、残り1週間の練習に賭けてみる。
全く歩けずに崩れ落ちるのか?それとも「奇跡の倒立歩行」をみせるのか?
本番どちらに転ぶのか…お楽しみに!あ、転んだらアカン!

公演情報

スポーツミュージカル「『energy』~笑う筋肉~」
期間:3月8日(金)~17日(日)
会場:クールジャパンパーク大阪・TTホール

※岡安アナの出演は13日(水)のみとなります