ピックアップ

画像

関西を代表する“おしゃべりの達人”の兵動大樹さんと桂吉弥さんがW主演を務める“しゃべくり喜劇”『はい!丸尾不動産です。~本日、家をシェアします~』≪6/29(土)~7/1(月)全5公演 ABCホール≫。
兵動さんが、うだつが上がらない不動産屋の営業マン、吉弥さんがシェアハウスを探す元エリート銀行員に扮した、しゃべくりコメディー。ナンセンスなのに、リアル!バカバカしいのに、胸に刺さる!!涙しているのに、ツッコミたくなる!!笑って、笑って、ホロリして、やっぱり笑える…そんなワン・シチュエーション・コメディーです。脚本は、『ハゲタカ』や『任侠ヘルパー』など数々のヒットドラマを手掛けたTVドラマ界のヒットメーカー古家和尚さん。演出は、舞台『それいゆ』などを手掛けたカンテレの木村淳さん。

共に25年以上の芸歴を超えるも、これまで共演がほとんど無かった兵動大樹さんと桂吉弥さんの2人が2月28日(木)に大阪・北区のカンテレ本社で行われた“しゃべくり2ショット記者会見”に出席。舞台への意気込みや役作りについて語った。

兵動さん「吉っちゃんには心強さしかない!」
吉弥さん「憧れの兵動兄やん!」

今回の舞台での“初共演”が決まった感想を聞かれた兵動さんは、「自分の中でまだ眠っているものが起き出してくるんちゃうかなという楽しみがあり、来ていただいたお客さんに満足して頂き、関西での楽しみをひとつ増やせればなと思って頑張りたい」。吉弥さんは「憧れの兵動兄やんとお芝居が出来てワクワクしています。新たなキャラクターを出したい!」と笑顔で語った。さらに兵動さんは、「吉弥君とやるってなったときには、心強さしかないですね。僕の方が先輩なんですけど、貫禄から何から、吉っちゃんの方が上なんで、きっちゃんに任せていこうと思ってます。責任は100%全て吉っちゃん!(笑)」と語り、早くも吉弥さんに全幅の信頼を寄せる一幕も。

画像

吉弥さん「しゃべりの達人は…カンテレ豊田アナウンサーです(笑)」

お互いが「しゃべくり芸人」として、リスペクトしあう二人に「自身がスゴいと思うしゃべくりの達人は?」という質問をぶつけてみると…
兵動さんは「難しいなぁ~」と困りながらも、「やっぱり、“四天王”とか、“五天王”っているんですよ!!例えば…エピソードをしゃべられるときの間は(笑福亭)鶴瓶師匠がスゴいと思うし、初めて落語の世界に入っていったのは(故・桂)枝雀師匠。上岡龍太郎師匠の綺麗さの中にある毒とか、松本(人志)さんの臨場感のあるしゃべりや、上沼恵美子さんのボールを持った瞬間、誰にも止められない突破力など、レジェンドが多すぎて絞れないです」と答え、「誰かの顔色を窺っているワケやなく、この話をネタに一晩飲めるんです」と会場の笑いを誘い、さらに「まぁ答えを出しにくいので大助・花子師匠の大助師匠…ということで。決して悪口でなく(笑)。小大助と呼ばれているくらいリスペクトしているので(笑)」と宮川大助を指名した。
一方、吉弥さんは、「この頃思うんですけど、アナウンサーや気象予報士の何かを伝える話し方ってスゴいことやと思います…ということで関西テレビの豊田(康雄)アナウンサーです!この間、僕の落語会にも来ていただいたので」とカンテレへの忖度(?)回答をして、会見会場を盛り上げた。

兵動さん「チケット代以上のお返しをします!!」
吉弥さん「笑えて、ホロリとして、関西の新しい楽しみの誕生!」

画像

最後に舞台の見どころについて、兵動さんは「今回のお芝居の脚本がドラマ界のヒットメーカー古家和尚さんというのもテレビ局が作る舞台として一つの見どころです。チケット代が6000円ということで決して安くはないんですが、それ以上のお返しをするように2人で頑張りますので、是非とも劇場に足を運んで下さい!」とアピールし、さらに「チケットを売る話題作りの為に…吉っちゃんに不倫をしてもらって(笑)」と笑わせ、吉弥さんは「関西で新しい楽しみが一つ増えるというか、関西にこういう芝居でお客さんが集まってくれる…そんな舞台にしたいです。笑えて、ホロリとできる、そんな新たな楽しみが出来たらいいなと思っています。是非、劇場にお越し下さい!」と意気込みを語った。

兵動大樹×桂吉弥W主演でお届けするコメディー舞台『はい!丸尾不動産です。~本日家をシェアします~』は2019年6月29日(土)~7月1日(月)に大阪のABCホールにて開催。チケットは3月30日(土)午前10時から一斉発売スタート。大阪に新たに誕生した“しゃべくり喜劇”。ぜひ笑いに来て下さい。

イベント情報

『はい!丸尾不動産です。~本日、家をシェアします~』

[出演]
兵動大樹 桂吉弥 / 宮下雄也 青山郁代 三好大貴(劇団Patch) 高岡凜花

[原案]
本日、家を買います。(作・演出:木村淳 / 2015年6月上演)

[作]
古家和尚

[プロデューサー・演出]
木村淳(カンテレ)

[公演日程]
2019年6月29日(土)~7月1日(月)※全5回公演

[会場]
ABCホール

[料金]
6,000円(税込・全席指定)

[一般販売]
2019年3月30日(土)10:00~
(チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスにて販売)

→イベント詳細ページはこちら

プロフィール

兵動大樹(ひょうどう だいき)
●1970年7月生まれ、大阪府大阪市出身
矢野勝也さんと1990年に漫才コンビ「矢野・兵動」を結成。NSC大阪校9期生。
キレのあるトークを活かし、CX『人志松本のすべらない話』にてMVSを4度獲得。
また、単独トークライブ『兵動大樹のおしゃべり大好き』や、小籔千豊さんと『兵動・小籔のおしゃべり一本勝負』を開催。俳優としてもNHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』や、CX連続ドラマ『無痛~診える目』で出演し話題を集める。
平成 5年 NHK上方漫才コンテスト優秀賞 受賞
平成21年 上方漫才大賞奨励賞 受賞
平成26年 上方漫才大賞 大賞 受賞

桂吉弥(かつら きちや)
●1971年2月生まれ、大阪府茨木市出身
1994年11月、故・桂吉朝さんに入門。同年12月大阪・太融寺「吉朝学習塾」で初舞台。
師匠ゆずりの端正であり色気のある落語に加え、天性の明るさをも持ち合わせた次代の上方落語を担う噺家として注目を浴びている。またNHK大河ドラマ『新選組!』や、NHK朝の連続テレビ小説『ちりとてちん』に出演し俳優としても注目を浴びる。
平成20年 文化庁芸術祭新人賞 受賞
平成25年 文化庁芸術祭優秀賞 受賞
平成26年 文化庁芸術選奨新人賞 受賞