ピックアップ

画像
番組公式サイト

和牛の関西初冠番組 『和牛のギュウギュウ学園』が記者会見!
水田さん「目指せ、視聴率100%!長く愛される番組に」
川西さん「夢が実現した喜びはすごく大きい」

和牛にとって関西で初の冠レギュラーとなる『和牛のギュウギュウ学園』が、1月29日(火)深夜0時55分からスタート!MCの和牛が、オーディションで選ばれた関西在住の個性豊かな中高生とともに一つの学園“ギュウギュウ学園”を作り、“はやりものについて語ったり、リアルな悩みを相談し合いながら、授業や遠足、校外活動などを行っていく。

画像

これに先駆け行われた記者会見に、和牛とレギュラー出演する中高生10人が出席。関西での初冠レギュラー番組がスタートするということで、水田さんは「個性豊かな生徒たちが集まってくれた。目指せ、視聴率100%!街で見かけたときに“和牛さん”じゃなくて“先生”って声をかけられるぐらいの人気番組になったらいいな」と野望を語り、川西さんは「生まれ育った関西で“和牛”と名前のついた冠番組を持たせてもらえるなんて、叶う日が来るのかなと思っていた。芸人になってからずっと抱いていた夢が実現した喜びはすごく大きい」と喜びいっぱい!
レギュラー出演する生徒たちに対しては、「堂々としています。僕が初めて吉本の劇場のオーディションを受けたときは手足が震えていた」と自身の学生時代を振り返る水田さん。一方、川西さんは「“TikTok”の読み方もチーズドッグもなにか分かってなかった。本当に教えてもらうことが多いです」と生徒たちとのジェネレーションギャップも含めて番組を楽しんでいるよう。

また、番組収録中に、川西さんが「中学時代、自身のファンクラブがあった」と明かすと、会見でも再びこのことが話題に。当時、写真まで販売されていたそうで、生徒たちも「すごーい!」と驚きの声を上げる。さらに、“ギュウギュウ学園”では生徒同士の恋愛はOKということで…川西さんはすでにカップル誕生を予感し、水田さんは「相手を傷つけたら許さんぞ」といきなり“先生っぷり”を見せる。理想の先生像についても「10年ぐらい前のラモス瑠偉。川西にはキングカズさんみたいになってほしい。努力を怠らず、背中で語る感じで」と、すでにイメージが固まっているようだ。

最後に、番組の見どころについて聞くと、川西さんは「イマドキの流行を分からない方は、“今の若者はこんなことやってんねんや”とか“こんなこと考えてんねや”とか勉強になる。大人はそこを純粋に楽しんでいただけるのでは」とコメント。水田さんは「生徒たちの個々のキャラクターを視聴者の皆さんにも知ってもらえたら、ドンドン楽しくなっていくと思う。長く愛される番組にしたいし、15年20年と続いて、この生徒たちが先生になって帰ってくるような番組になったらいいな」と長寿番組への成長を誓った。

この会見の模様をまとめた動画を、番組サイトに掲載中!

→番組公式サイトはこちら

イマドキの学生たちのリアルに迫る、楽しい企画が満載の、涙あり笑いありの青春応援バラエティー『和牛のギュウギュウ学園』。“ギュウギュウ学園”の最終目標であるみんなで力を合わせた“大文化祭”を、3カ月後に無事開催することはできるのか!?是非ご注目ください!

番組情報

『和牛のギュウギュウ学園』
毎週火曜 深夜0:55~1:25 ※1月29日(火)スタート
カンテレドーガ、GYAO!、民放公式テレビポータルTVerにて放送後1週間無料で見逃し配信を実施。その後、大阪チャンネル&ひかりTV (https://osaka-channel.hikaritv.net/)にて独占配信(2月5日~)。番組収録後の和牛による、10分10秒(ジュウジュウ)のフリートーク番組『和牛のジュウジュウ部屋』も合わせて配信予定。

→番組公式サイトはこちら