ピックアップ

画像
番組公式サイト

『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』
阪神・淡路大震災からの復興に挑んだ男を井浦新さんが熱演!
モデルとなった実在の人物との対談を通して、よりリアルで壮大なドラマが完成!!

阪神・淡路大震災で線路ごと崩落したJR六甲道駅(神戸市灘区)。命がけの難工事に挑み、2年はかかると言われた復旧工事をわずか74日間で成し遂げた男たちと、被災した六甲道で暮らす人々の思いをつなぐ、カンテレ開局60周年特別ドラマ『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』。主演の井浦新さんをはじめ、豪華共演者を迎えておくる実録ヒューマンドラマが1月15日(火)午後9時から放送される。

画像

あらすじ

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災で特に大きな被害を受けたJR六甲道駅。駅舎は倒壊し、線路を支える高架橋も崩落。あまりの状況に、復旧工事を担う建設会社・磐巻組の工事所長・高倉昭(井浦新)は言葉を失っていた。一刻も早い鉄道の復旧が求められる中、高倉らが選んだのは、がれきを撤去し、頑強に作られた高架をジャッキで持ち上げて、固定する“ジャッキアップ”という工法だった。それは大きな危険と困難を伴うものだが、工期は大幅に短縮できる。工事に着手した高倉のもとには、神戸市長田区で被災しながらも現場復帰した國代寛治(佐藤隆太)ら作業員たちが集まり、鉄道工事技術の最高峰に位置するJR東日本の技術者・玄能美能留(ユースケ・サンタマリア)も無言の信頼を寄せていた。さらに、高倉は偶然出会った六甲道育ちの少年・春日豊(野村周平)を工事の記録係に任命。ビデオカメラで困難に立ち向かう人々の姿を映像に収めていくうち、彼の心にある変化が…。また、六甲道に住む服部瞳(葵わかな)のほか、それぞれの被災の現実に向き合う地元の人々が、高倉らの命がけの工事に視線を注いでいた。
そして2018年秋。神戸の少年・佐渡島克也(葉山奨之)が震災慰霊碑に落書きをして、警察に補導される。身元引受人として現れたのは、克也の父親を名乗る男(椎名桔平)だったが、実は克也とは赤の他人。彼こそが、23年後の春日だった!春日は、克也にかつての自分を重ね合わせ、1995年の冬に見た、六甲道での出来事を語り始めるのだった…。

画像

井浦新さんが演じる磐巻組の現場責任者・高倉昭には、モデルとなった実在の人物がいる。当時、建設会社の奥村組でJR六甲道駅復旧工事の現場責任者を任された岡本啓(おかもと・あきら)さんだ。昨秋、物語の舞台であるJR六甲道での撮影現場に岡本さんが訪れ、撮影後に井浦さんと岡本さんの対談が実現。
その対談の様子はカンテレの公式サイトでチェック!

画像

→詳しくはこちら

井浦新さんからのメッセージ

倒壊した駅を目の前にするシーンでは、復旧した現在の駅を見ながら、頭の中では駅がつぶれている状態をイメージして芝居をしました。今回、岡本啓さんとの対談という貴重な機会をいただき、お話しをさせていただいたことを活かして、ドラマを創り上げていきました。自信をもってお届けできる作品になっていますので、『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』を是非ご覧ください。

岡本啓さんの言葉

震災直後、JR六甲道駅の壊れ方は並大抵のものではなく、「こんなことが起こるのか?」という信じられない思いでいっぱいでした。その後、「東海道の本線の大動脈をつなぐんや!日本の大動脈を自分らが握っているんや!」という強い思いで復旧作業に務め、1995年4月1日に無事開業。今では電車の本数も増えて、しっかり機能を果たしてくれています。改めて、いい仕事をさせてもらったと感じています。

番組情報

『カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』
1月15日(火)午後9:00~11:18 (カンテレ・フジテレビ系 全国ネット)
出演者:井浦新 野村周平 葵わかな 葉山奨之 松尾諭 波岡一喜
浅香航大 / 佐藤隆太 桂文枝 / 片瀬那奈 濱田マリ 小市慢太郎 中村靖日
佐野岳 阿部純子 / 吉田羊 ユースケ・サンタマリア 椎名桔平

→番組公式サイトはこちら