ピックアップ
画像

デビュー40周年!円広志さんがフェスティバルホールで記念コンサートを開催!
朝の人気情報番組『よ~いドン!』MCでお馴染みの円さん。普段はテレビでは見せない『歌手・円広志』の音楽にかける熱い思いを、ハチエモンがインタビュ~!!

今年は円さん40周年!『よ~いドン!』10周年!関西テレビも60周年なんやで~

僕、デビューが1978年の11月21日なんですけど、翌日の11月22日って、関西テレビの開局記念日なんですよね。しかも今年は、関テレが60周年を迎えて、お世話になっている、『よ~いドン!』が10周年を迎えて、僕が40周年を迎える。不思議やわ~、運命的なもんあるよね!だから今年は、テレビも記念番組に色々出演させてもらったりしまして、めちゃくちゃ楽しい反面、忙しくて、ほんと怒涛の一年なんですよね。でも、きっとこれを乗り越えたら、良い一年になるんだろなあ~、そんな風に思って楽しんでいるんですよ。

画像

なぁなぁ、なんでフェスティバルホールなん?

僕ね、今から20年くらい前に一度、フェスティバルホールでコンサートをやろうと提案したことがあったんですよ。だけどその時、イベンターの方に断られてしまったんよね。
「まだ無理」やと。キャパも大きいし、それより何より、フェスティバルホールがアーティスト選ぶところだから、今のあなたでは難しいって言われて。すごい悔しかったなあ…。

つらい過去があってんなぁ~

フェスティバルホールのこと、もう諦めようかとも思ったんだけど、それでもやっぱりコンサート続けて、ずっと頑張ってたんですよ。そしたら今回イベンターの方から「じゃあ、せっかくだからフェスティバルホールでやってみないか?」って言われて。そら、めっちゃびっくりしたよ!思わず、えっー!できるの?って聞きかえしたもん。
僕にとってフェスティバルホールって、歌う場所の頂点なんよね。夢のようなステージやね。だから今回、フェスティバルホールのステージの上から、夢を追い続けていたら、夢は実現するかもしれない、夢は見るだけじゃなくて叶えるもんや、そんな思いをステージからお客さんに伝えたいね。
きっとみんな、夢もあるし希望もあるやん、そんな気持ちを音楽で共有したいよね!

憧れのフェスティバルホール、緊張するんちゃうか~?

そら憧れのステージ、ちょっとは緊張もするけど…。
でも、平常心!あまり気負わないで普段通り!いつものように出来ればいいかなと。会場が大きくなってもいつも通りにしないと、普段の自分らしさが無くなってしまうからね。

ところで自分ホンマに歌手なん(笑)?

お笑い芸人に見えますか!めちゃめちゃ歌手やっちゅうねん!!
僕は、皆さんが思っている以上に、歌うまいんですよ(笑)。
それの証拠に、地方のコンサートなんか行くと、前のお客さんが『いや~歌もうたいやんねんな~』って褒めてくれますからね。
コンサートに来ていただいたら、そんな驚きと発見があると思いますよ。

バンドのメンバーも紹介してや~

僕のコンサートは、多い時にはバンドが18人体制。普段でも12人でやってるねん。
時々仕事で、5人で演奏してもらえないかとか、弾き語りで歌って欲しいとか、色んな依頼があるねんけど、実は全部断っているんですよ。僕にとって、大人数のバンドで歌うのが自分のスタイル。それを崩すと自分の音楽性を表現することはできないからね。そんな大切なバンドなんやけど、結成した経緯がちょっとユニークなんです。実は元々は、キャンプ仲間で作ったバンドですから。
僕の故郷は、高知県の野根というところなんですが、春に桜祭りがあるんです。それを仲間と見に行ったら、ステージでアマチュアバンドが演奏していたんですよ。それを見て俺らも出たいなあ~、お前は何できる?俺ベースできる、俺はギターできる、みたいな感じでバンドが結成されたんです。
それが次第に人気がでてきて、ライブハウスに呼ばれ、やがてホールコンサートでもやるようになったんです。
今も毎年2回、高知の野根で合宿してますよ。合宿と言いながら練習は一切せず遊んでるんですけどね(笑)。夕方の5時くらいからバーベキューして、そのあとセッションが始まって…。そんな中で生まれたのが『野根のうた』です。
バックミュージシャンがキャンプ仲間というのが、僕の一つの大きな武器にもなっていると思う。音作りする時でも、話も通じるし、アレンジもみんなで考えられるし、コンサートにお越しいただけたら、僕らのバンドの良さを感じてもらえると思います。

コンサート行ったら『とんでとんで♪』も聞けるんか~?

夢想花やりますよ!!
夢想花を原曲キーでいつまで歌えるかというのが、歌手、円広志の勝負所なんです。
夢想花を作ったのは、今から40年以上前のアマチュアの時。アマチュア時代に作った音楽ってね、自分が一番出せる限界の高さで作るんですよ。それに加えて、夢想花はアレンジャーが半音上げるアレンジをしているので…。
コンサートの最初の方に歌ったら、声が出るから良いんですけど、もし最初に歌ったら、夢想花終わったら、みんな帰っちゃうんでしょ…(笑)。
だから最後に歌うんですけど、そうなると声が摩耗している時に歌うことになるんですね。
まさか40年前に作った夢想花を40年後に歌うとは思ってないからね。ハッキリ言って想定外ですよ。過去に1度だけキーを下げたことあるんですけど、ファンの人にバレましてね。だから、原曲キーで夢想花が歌えなくなったときは、引退かなと思っています。

しつも~ん!どうやって歌作るんですか?

自分のオリジナルも、人の曲を作るときも、最近は車の中が多いですね。
車の中では、一切音楽かけないんですよ。
曲が思いついたら携帯電話でメロディーを留守電に吹き込むんです。家に帰って留守番電話を聞いて、それを元にギターで曲に仕上げていく。歌は、そのあとが多いね。
そやけど、さすがに人間国宝さんのロケ車では、作曲できへんけどね~。

ゲストも呼んでるらしいやん~

今回のコンサート、けっこう面白くなると思いますよ。
ゲストには、『よ~いドン!』から、八光君と伊代ちゃんが来てくれますしね。
それに『よ~いドン!』から、秘蔵ビデオなんかも出そうと思ってるんですよ。
ご存知の通り、僕は『よ~いどん!』のロケで格闘家と戦ったり、危険なことも結構やってたりしますからね。八光君は、一切やってませんけどね(笑)。

公演概要

『デビュー40周年記念コンサート 円広志 音楽祭2018』
日程:2018年11月22日(木)開演18:30
会場:フェスティバルホール

→イベント詳細ページはこちら