ピックアップ

画像
番組公式サイト

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』制作発表記者会見
吉岡里帆さんをはじめ、“ケンカツ“のメインキャストが登場!

安定を求め、公務員になったものの、最初の配属先は、生活保護受給者を支援する福祉課。 思いがけず、誰かの人生に寄り添うことになった、そんな新人ケースワーカーの奮闘を描くヒューマンドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』が7月17日(火)からいよいよスタート!
先日、東京都内で行われた制作発表記者会見に、主演の吉岡里帆さんをはじめ、井浦新さん、川栄李奈さん、山田裕貴さん、田中圭さん、遠藤憲一さんが役の衣装姿で登場!その会見の模様をお届けします!

新人ケースワーカー・義経えみる役の吉岡さんは「明るく前向きで、夏にぴったりの作品です!一つひとつ積み重ねたシーンは一つにつながった時、必ず見てくださるみなさんに届くものになると信じています。どうぞ楽しみにしてください!」と役柄同様、元気にコメント。えみるの指導係のベテランケースワーカー・半田明伸役の井浦さんは「少しでも元気や生きる勇気が湧いてくるような、背中を押せるような、そんなドラマに仕上げられるようがんばります」と語り、えみるの同期・栗橋千奈役の川栄さんは「同期のケースワーカーのみんなは個性が強く、それがいい意味でシーンに生きています。難しいセリフがズラーッと並んでいるので覚えるのが大変です…」と苦笑い。
一方、マザコンだが熱血漢のケースワーカー・七条竜一役の山田さんは「友だちや家族とごはんが食べられて幸せだなって、そんな小さな幸せに気づかせてくれるドラマです。多くの方に見てほしいですし、ケースワーカーの仕事にも目を向けてもらえたら」と熱い思いも。また、えみるの上司で、常に冷静で厳しい京極大輝役の田中さんは「説明ゼリフが多いポジションなので、覚えるのがちょっとキツイですが、みなさんよりロケが少ない分、ビシッと覚えて、ビシッと一発本番で終わらせられるようがんばります!みなさんと熱い夏が過ごせそうです」と気合十分!
そして、えみるが初めて深くかかわる生活保護受給者・阿久沢正男役の遠藤さんは「この役は相当変わっています。受給者はこんな感じじゃないと思う方は、役づくりした遠藤憲一に批判の声をください」と真摯な対応!?を見せつつも…、「吉岡ちゃんとの絡みが多く、常に励ましてくれるので、幸せな毎日を送っています」とニッコリ!みなさんのコメントから、和気あいあいとした楽しい現場なのが伝わってきますね。

この会見の詳しい内容をもっとご覧になりたい方は公式サイトまで

→番組公式サイトはこちら

さらに、7月13日(金)には吉岡さん出演のスペシャルイベントが大阪で開催!この模様はLINE LIVE(ラインライブ)で生配信されるので、是非チェックしてくださいね!

→LINE LIVEはこちら

もちろん、ハチプレ!や公式サイトでも後日お伝えしますので、どうぞお楽しみに!

番組情報

『健康で文化的な最低限度の生活』
毎週火曜 午後9:00~9:54
※7月17日(火)スタート、初回は20分拡大放送

→番組公式サイトはこちら