ピックアップ

画像

時代に翻弄されながらも、たくましく生きる家族の姿を描いた映画『焼肉ドラゴン』
真木よう子さん、井上真央さんのスペシャルインタビューをお届けします!

日本万国博覧会が開催された高度経済成長期。そんな活気あふれる1969年~1970年の日本を背景に、関西の地方都市の一角にある小さな焼肉店で、故郷を奪われた家族6人が時代の波に翻弄されながらも力強く生きる姿をユーモアたっぷりに描いた、6月22日(金)公開の映画『焼肉ドラゴン』。
本作は、『愛を乞うひと』などの脚本家としても知られる鄭義信(チョウ・ウィシン)氏が、2008年の演劇賞を総なめにした自身の舞台を映画化したもので、本作で監督として初めてメガホンを取った話題作。焼肉店「焼肉ドラゴン」の店主・龍吉にキム・サンホさん、妻の英順にイ・ジョンウンさんといった韓国の名優を迎え、一家の“美人三姉妹”として、長女・静花役に真木よう子さん、次女・梨花役に井上真央さん、三女・美花役に桜庭ななみさん、さらには梨花の婚約者・哲男役に大泉洋さん、美花の恋人・長谷川豊役に大谷亮平さん。一家の一人息子・時生役に大江晋平さんといった個性豊かな俳優陣が顔を揃える。今回は長女・静花を演じられた真木よう子さん、次女・梨花を演じられた井上真央さんのスペシャルインタビューをお届けします。

真木よう子さん&井上真央さん スペシャルインタビュー

Q.まずは、出演依頼のお話があったときの心境をお聞かせください。

真木さん:舞台の映像を見せていただいて、とても素晴らしい作品に感動し、是非、映画に出演したいと思いました。静花という役は、今まであまり演じたことがない役で、私自身も新鮮でしたし、模索しながらもいろいろ発見ややりがいがあるだろうなと、撮影に入るのがとても楽しみでした。

井上さん:脚本を読んだとき、初めて知った事もありました。家族の関係は複雑で、色々な事を抱えていながらも、前向きに生きる姿に心を打たれました。

Q.それぞれの役を演じてみて、どんな発見がありましたか?

真木さん:静花は足が不自由で、さらにいろんな思いを自分の内に秘めている女性なので、「こういうときはこんな感じ方をするんだ」とか、お芝居をしていく中で生まれる感情が多々ありました。

井上さん:梨花は気が強く、口は悪いけれど人に見てもらいたい、愛されたいという願望がとても強い子なんだなぁと気付く事もありました。

画像

Q.関西弁のセリフは苦労されましたか?

真木さん:とても大変でした。すごく仲の良い友達が関西出身だったので、大丈夫だと思っていたら、友達はみんな兵庫出身だったんです。方言指導の先生からは「兵庫と大阪は微妙にイントネーションが違います」と言われ、実際、全然違っていたので本当に苦労しました。撮影の合間に休憩していても、先生がやって来て、いろいろ指導するんですよね(笑)。

井上さん:方言指導の先生、とても厳しかったですよね。私は撮影に入る前に、友達に聞いたり、監督の作品を見ました。『岸和田少年愚連隊』の秋野暢子さんみたいに、流れるような関西弁が喋れたらいいなって思っていたんですが、なかなか難しかったです(笑)。

Q.梨花は罵声を浴びせたり、バトルを繰り広げたりと、井上さんにとっては今までにない役だったと思いますが、どのようにテンションを上げていたんでしょうか?

井上さん:役作りというよりも、素晴らしいセットの中でずっと家族と一緒にいたのでその時間を大切にしていました。梨花が罵声を浴びせるシーンでは、小さい頃練習していた巻き舌が初めて活かされました(笑)でも、ここまで“吠える”ようにセリフを言うことって、この先ないんじゃないかと思います(笑)。

Q.姉妹役を演じてみて、お互いの印象はいかがでしたか?

真木さん:私は男兄弟の中で育ったので、妹がいる感じがすごく新鮮でした。最初は、妹とどう接したらいいのか分からないところもあったんですが、静花はかわいい妹たちを傍から見ているような存在だったので、私自身も「みんなかわいいな~」と思いながら見ていました。今回、井上さんとは初めての共演だったんですが、監督の言うことを忠実に演じる姿勢とか、キャラクターとの距離の取り方とか細かいことをしっかり考えていらっしゃって、特に撮影前に関西弁をしっかり勉強していたと聞いて、すごくプロフェッショナルな方だと感じました。

井上さん:真木さんとは今まで共演がなかったので、すごく楽しみでした。最初は、厳しい方なのかなと思っていたんですが、実際会ってみると、柔らかい印象を受けました。私と三女役の桜庭ななみちゃんがはしゃいでいても、長女のように温かく見守ってくれる方でした。それに、撮影の合間の休日には、長男・時生役の大江君に「好きなものを買っていいよ」と言って、アメリカ村で洋服を買ってあげたそうです。本当のお姉ちゃんみたいですよね。

真木さん:3姉妹の中でも、静花はお母さんの次に時生のことを気にかけていたのかなと思っていて、大江君は映画出演は初めてで不安もあっただろうし、洋服が欲しいと言っていたので一緒に買いに行ったんです。そのとき、芝居の悩みなども聞いてあげたりしましたね。

画像

Q.父役のキム・サンホさん、母役のイ・ジョンウンさんはどんな印象でしたか?

真木さん:初めは通訳さんを通して、コミュニケーションを取っていたんですが、京都の太秦で撮影していた1カ月間、セットの中でみんな一緒で、一日が終わるとみんなで食事に行ったり、撮影以外のコミュニケーションもたくさんあったので、徐々に家族のような連帯感が芽生えていきました。最後は、通訳さんもいなかったんじゃないかなと思うほど、通じ合えましたね。

井上さん:お父さんが「ごはんを食べよう」とみんなに声をかけてくれたり、お母さんもとても愛情の深い方で、カメラの回っていないところでも、いつもお父さんと、お母さんでいてくださいました。

画像

Q.『焼肉ドラゴン』はお二人にとってどんな作品になりましたか?

真木さん:今まで演じたことのない役だったり、韓国の俳優さんと共演させてもらったりといろんな経験をさせてもらい、すごくいい作品に出演させていただきました。公開前の今の気持ちとしては、この作品がどのようにみなさんに受け止められるのか、ちょっぴり不安と期待が入り混じっていますが、できるだけ多くの方に見てもらいたいです。

井上さん:これまでは受け身というか、じっと耐えるような役が多かったので、今回演じた攻撃的な役柄はいろんな発見があってとても面白かったです。完成した作品を見たときに、改めて良いお話だなと思いましたし、この映画に参加することができて良かったです。

Q.では最後に、関西の方にメッセージをお願いします。

真木さん:万国共通な家族の物語ではありますが、『焼肉ドラゴン』は関西が舞台なので、特に関西の方の心により突き刺さる作品だと思います。先行してご覧になった関西の方々からは「感動しました!」と言ってくださっていて、東京の方よりも熱く受け止めていただいているように感じます。是非、関西から映画『焼肉ドラゴン』をどんどん発信してください!

井上さん:家族それぞれに抱えている問題はありますが、ユーモアがあって、すごく笑えるシーンがいっぱいあります。(セリフの)関西弁は大目にみてもらいながら、関西のみなさんに映画を楽しんでいただけたら嬉しいです。

画像

映画情報

『焼肉ドラゴン』
6月22日(金)全国ロードショー

→詳しくはこちら