ピックアップ

画像
番組公式サイト

7月からの火曜午後9時は、吉岡里帆さん主演のドラマ
『健康で文化的な最低限度の生活』がスタート!

この7月からスタートするカンテレ・フジテレビ系火曜午後9時の連続ドラマに、吉岡里帆さん主演の『健康で文化的な最低限度の生活』が決定! 吉岡さんが演じるのは不器用だが情に厚く、ひたむきで一生懸命な主人公・義経えみる。安定を求めて公務員になったものの、配属されたのは“生活保護受給者”を支援するケースワーカーで…。そんな新人ケースワーカー・えみるが、生活保護受給者のさまざまな“人生そのもの”に向き合い、寄り添う中で、戸惑いながらも、自立への道筋を見出していくというストーリー。

画像

そのほか、えみるを支える先輩ケースワーカー・半田明伸役に井浦新さん、常に冷静に厳しく判断するえみるの上司・京極大輝役に田中圭さん、そして第1話でえみるがケースワーカーとして初めて深く関わることになる生活保護受給者・阿久沢正男役に遠藤憲一さんといった、豪華キャストが出演。
原作は「このマンガがすごい!2015」のオトコ部門で第10位を獲得した漫画家・柏木ハルコ氏の同名コミック。生活保護の実態に切り込んだリアルな描写はメディアのみならず、現役ケースワーカーや医療、福祉の現場からも高い評価を受け、既刊6巻で累計50万部を超えるヒットを記録している(電子を含む)。
誰かの“人生”に寄り添う、新人ケースワーカーの成長物語が、笑って泣けるヒューマンドラマとして、この夏始まります!

義経えみる役・吉岡里帆さんのインタビュー

画像

Q.今回、演じられる義経えみると、吉岡さんとの共通点はありますか?

えみるの気持ちはすごく分かります。他人だけど、人ごととは思えない部分があったり、成長段階だからこそ、器用に立ち回れなくて、とにかくがむしゃらにぶつかっていくところは共感できます。この役は一対一でどこまで人の人生と真剣に向き合えるのかが肝です。根本的に本人の意識や信念がないと解決できないお仕事の物語で、私にとっても、えみる役は今までと違った新しい挑戦だと思っています。

Q.井浦新さん、田中圭さん、遠藤憲一さんの印象や、共演する上で楽しみにしていることはありますか?

井浦さんはデビューして初めてのドラマで共演させて頂いたのですが、昔から大好きな方なので、今回ちゃんと対面してお芝居をできるのがすごく嬉しいです。また、このセンシティブな内容も井浦さんと一緒だと、繊細に丁寧に表現できると信じています。井浦さんが醸し出す世界観と、井浦さんが演じる半田の正義や優しさはどこかリンクしていて、ぴったりだなと思いました。柔らかいけれど、芯が強いという印象です。そして、田中さんは白黒はっきりしているイメージで、現場ではすごくストイックだと伺ったことがあります。原作でも田中さん演じる京極係長は誰よりもシビアな人なので、覚悟して付いていきます! それから、作品から拝見する遠藤さんは鋭くて切ないイメージがありますが、テレビで見る素の遠藤さんはまろやかで、誰よりも周りへの気遣いがある方だと思います。私も、遠藤さんに現場が楽しいって思って頂けるよう、まるでえみるのように真摯にぶつかっていきたいと思います。

Q.原作を読んでの感想や、ドラマをご覧いただく方に伝えたいことはどんなことですか?

この漫画を読むまでは、生活保護についてあまり知りませんでした。不正受給者のニュースがテレビで取り上げられるなど、社会問題であることが先にイメージとしてありました。しかし、この物語は人生のどん底に立たされた人たちが、真剣に向き合ったケースワーカーに救われ、絶望から再生していく姿を描いています。今作のテーマは、他人と真剣に向き合うことがどれだけ大変で大切かという、人間関係の尊さというシンプルなことに尽きます。人と人とは適当に向き合うこともできると思いますが、どんな小さなことでも相手と向き合っていくことが大切だと原作は伝えているので、私はそれをえみるという役に落とし込んでいきたいと思います。ドラマをご覧になる方が、何かを諦めかけていたり、人生の一歩をなかなか踏み出せないときに、「その一歩は恐いかもしれないけれど大丈夫! その一歩が大切なんだ」ということを伝えられたらいいなと思います。

番組情報

『健康で文化的な最低限度の生活』
2018年7月期ドラマ 毎週火曜 午後9:00~9:54

→番組公式サイトはこちら