カンテレドラマ「後妻業」毎週火曜よる9時放送

トピックス

エレファントカシマシの宮本浩次さんのソロプロジェクトが始動し、デビュー曲として発表され注目されているこのドラマの主題歌「冬の花」。プロデューサー・小林武史さんとタッグを組んで発表されたこの楽曲の作詞・作曲は宮本さん自身が手掛けています。台本をもとに小夜子をイメージして楽曲制作し、毎週ドラマをご覧になっているという宮本さんが、ドラマ放送を受けてコメントを寄せてくれました。

宮本さん自身も「日本には“歌謡曲”というジャンルがあると思っております。私もいつかそういう歌謡曲を作りたいと思っておりました」と話すようにこれまでとは違う新たなジャンルに挑戦し、全力で取り組んだと話すこの作品。劇中で流れる主題歌について、「毎回クライマックスに差し掛かった時に自分の声が流れてくるので、びっくりするやら恥ずかしいやら。毎回ちょっと不思議な感覚で画面を見つめております」と毎話、ドラマを見ていることも明かしました。また、「ドラマが進むに従って小夜子の健気さや可憐さがだんだんわかってきて、なんだか本当に人知れず木枯らしの中咲いている一輪の花のようで泣けてきます」と語るように、小夜子の本性や過去に対する感情をより掻き立ててくれる主題歌「冬の花」に、後半戦もぜひご注目ください!

宮本浩次さん コメント

「後妻業」というドラマがなかったら生まれなかったこの「冬の花」ですが、毎回クライマックスに差し掛かった時に自分の声が流れてきますので、びっくりするやら恥ずかしいやら。毎回ちょっと不思議な感覚で画面を見つめております。
ただドラマを見ている皆さんや、主人公小夜子を演ずる木村佳乃さん、および制作スタッフの皆さんがこの歌を本当に可愛がってくださっているのが伝わり、感激することしきりです。
ドラマが進むに従って小夜子の健気さや可憐さがだんだんわかってきて、なんだか本当に人知れず木枯らしの中咲いている一輪の花のようで泣けてきます。私は男ですがところどころ共感しながら本気で楽しんでいます。

宮本浩次

バックナンバー

もっと見る

閉じる

関西テレビ ページトップへ戻る