カンテレドラマ「後妻業」2019年1月22日(火)よる9時放送開始

トピックス

このドラマの主題歌が宮本浩次さんの「冬の花」に決定しました。今回、エレファントカシマシの総合司会兼ボーカルである宮本さんのソロプロジェクトが始動。そのデビュー曲として、主題歌「冬の花」はドラマ制作チームとやり取りを重ねながら完成しました。

楽曲のプロデューサーに迎えたのは、2002年エレファントカシマシのアルバム『ライフ』以来のタッグとなる小林武史さん。作詞・作曲を宮本さんが手掛けたこの曲は、切なく響くメロディーに、繊細かつ重厚なサウンド。そして、ドラマの主人公・小夜子を連想させるような女性目線の歌詞と、エレファントカシマシとは違った宮本さんでしか成り立ち得ない魅力溢れる楽曲となっています。

この「冬の花」は、22日(火)放送のドラマ初回で初解禁! 宮本さんのソロデビュー楽曲がどんな楽曲になっているかぜひご注目ください!

宮本浩次さん コメント

「冬の花」はどんな気持ちで書き下ろしたのでしょうか?

ドラマにぴったり合うように木村佳乃さん扮する小夜子を思い浮かべました。台本も全て揃っておりましたし。またドラマのキーワードになる言葉をドラマのプロデューサーから打ち合わせの折、直接いただいておりました。

歌詞とタイトルに込めた意味を教えてください。

タイトルは初め、漠然と(真冬の花)にしておりました。それは、最後の最後に、晩節において、大きな美しい大輪の花を咲かせるイメージ、そういう思いです。

初めてのソロ名義での作品となりますが、バンドとの違いで意識されたことはありますか?

日本には優れた「歌謡曲」というジャンルがあると思っております。私もいつかそういう歌謡曲を作りたいと思っておりました。そういう思いでこの作品には全力で取り組みました。

視聴者の方々へメッセージをお願いします。

「後妻業」というドラマを思って作った歌です。ドラマと一緒に楽しんで頂けたらこんなに嬉しいことはありません。ただ曲の作者は私(宮本)ですので、ドラマに合わせているとはいえ、当然、私のストレートな思いも歌われていると思います。また、久しぶりに小林武史さんと綿密にやり取りをして作りあげたサウンド、近年の日本の音楽にはない独特のサウンドを楽しんで頂けたらと思います。

木村佳乃さん コメント

冬の花
宮本さんのこの楽曲は、小夜子の背負った性(さが)をこの上なく悲しく 美しく 表現して下さっております。小夜子を演じる身として 背中を押して頂きました。

企画プロデュース・栗原美和子 コメント

連ドラ『後妻業』は痛快サスペンスドラマですが、もう一つ大事な要素として“大人のラブストーリー”が在ります。宮本さんには「そのラブストーリー部分を大いに盛り上げて欲しい」と依頼しました。見事にそのリクエストに応えて下さった『冬の花』を頂戴しました。主人公の裏の顔、つまりは切なさを表現して下さっています。主題歌=宮本さんの声が流れた瞬間、視聴者は一気に切ないモードに引き込まれていくこと、間違いありません。

バックナンバー

もっと見る

閉じる

関西テレビ ページトップへ戻る