カンテレドラマ「後妻業」毎週火曜よる9時

インタビュー

ドロドロドラマの中でホッと息抜きできるシーンになれば。
気持ちは大阪の女になり切っています!

北新地のクラブのホステス、繭美を演じる篠田麻里子さん。セクシーなドレスや、柏木(高橋克典)との色っぽいシーンにドキドキしてしまいますが、実は、自分の店を持ちたいと意気込む頑張り屋で健気な女性だとか。篠田さんにお話を聞きました!

三好繭美はどんな人物でしょう。

たくさんの強烈キャラ、物語的にも騙し騙されのドロドロした中にいるけど、男を手玉に取っているわけでもなく、わりと純粋な、健気でかわいらしい女性だと思います。嫉妬する姿も出てきましたが、基本は仕事に対するプライドを持つ、芯の強い女性だと思います。

演じるうえで意識していることは何ですか?

ドラマの中でサスペンスの怖いシーンもあるので、こだわっているのは繭美が出てくるシーンはなるべくホッとするような、ご覧のみなさんが息抜きできるシーンになればいいな、と思って演じています。あと、関西弁。わたしは言葉の音、抑揚を探しながらセリフを覚えるほうですけど、難しいですね。でも、気持ちは大阪の女になり切っています(笑)。

柏木役の高橋克典さんとの共演はいかがですか?

以前もご一緒しましたが、演じやすい雰囲気を作ってくださる方です。普段から話しかけてくださるし、変に緊張して硬くなったりせず、演じられるのが有難いですね。「恋人の役でうれしいよ」とか(笑)、「ファンクラブ入ろうかなあ」って和ませてくださるんですよ。高橋さんがいらっしゃると現場のムードが明るく変わります。

篠田さんは騙すほうですか、騙されるほうですか。

騙すほうが大好きです。友だちの誕生日は基本的にサプライズ。その日まで嘘をついて、当日驚かせるのが好きで。だから、そういうちっちゃい嘘はたくさんついています。いたずら好きなのかな、悪く言えば悪ガキ!? ……そこまでいかないけど(笑)。

気になるキャラクターはいますか?

女性として、朋美さん(木村多江)の葛藤する姿が切ないです。子どもの話のところとか共感して、見ていて泣いちゃいました。

終盤の見どころと、視聴者にメッセージをお願いします。

エンターテインメントとして、ここまで楽しめるドラマもなかなかないと思います!しかも、関西弁。後妻業という題材も含めて、関西弁でやる意味がある作品だと思います。個人的には、小夜子さん(木村佳乃)と朋美さんの毎回のやり取りが、見応えがあっておもしろいです。

バックナンバー

関西テレビ ページトップへ戻る