カンテレドラマ「後妻業」毎週火曜よる9時

インタビュー

見た目はこんなですが、心の中はいいヤツ。
博司には、終盤に向けて大仕事が待っています!

第4話で鮮烈に登場した葉山奨之さん。演じる黒澤博司は小夜子(木村佳乃)の唯一の肉親ですが、弟ではなく息子だったという衝撃の事実が……。さらに、柏木(高橋克典)に頼まれて探偵を探偵するなど、物語の行方を大きく揺るがす存在の彼。威勢のいいムショ帰りの役づくりにはどんなこだわりが?葉山さんに伺いました。

黒澤博司はどんな人物でしょう。

見た目はすごくイカついけれど、なんと言いますか、心の中はいいヤツだと思うんです。憎めないし、可愛らしくて。刑務所から出て来たところ、という設定ですし、どこかに闇を抱えつつも、明るく振る舞っている人なのだろうと思います。

演じる上で意識している点は?

僕自身、見た目があまり怖くないので、見た目からちゃんと作り込もうと、そこからスタートしました。セリフのオラオラ感も(登場の)第4話では前面に出して。でも、ここから先は内面の演技にこだわりたいと思っています。若さゆえの明るさや、なんでもできちゃう勢いと、憎めなさや、闇の部分。そういうところを表現できれば。

柏木役の高橋克典さんや、小夜子役の木村佳乃さんとの共演はいかがでしたか?

僕が言うのもアレですが、克典さんとはとてもやりやすいです。ご一緒のシーンはリラックスして芝居ができます。ドラマの博司と柏木の関係性がすごくいいので、カメラが回っていないところでの僕と克典さんの関係性もよくしたいし、実際にいいんですよ。佳乃さんも明るくて、一緒にいると幸せをもらう気持ちです。初めてお会いした時から、パワースポットみたいな人だな!と思いました。シーンの中でよくハタかれますが、気にされるんですよ。思い切りやってくださいと僕は言うんですが、佳乃さんは、ごめんね~、と。なんて心が優しいんだろう。克典さんも佳乃さんも、いらっしゃると現場が明るくなります。ほんと、すごいです。

葉山さんは騙すほうですか?騙されるほうですか?

たぶん騙されやすいです。普段から人の話を素直に信じてしまうんです。友だちの冗談も、マジで!?とすぐ信じるので、お前は信じやすいから気を付けろ、みたいに言われて(苦笑)。最近は、芝居が良かったよと言われても、本当にそう思ってる?と、ちょっと疑うようになったから、少しは騙されにくくなったかな(笑)。でも、疑いながら生きるのは疲れますから、やっぱりあまり疑わずに生きています。

気になるキャラクターはいますか?

本多さん(伊原剛志)ですね。僕も演じてみたいと言いますか、最初は正義感丸出しだったのが後半ぐっと変わっていく。その二面性がすごくおもしろいと思います。

終盤に向けて見どころと、視聴者にメッセージをお願いします。

前半はコメディ要素も強かったですが、後半はガラッと変わってサスペンス。これってどうなるんだろう?と期待が膨らみますよね。で、いまから僕(博司)がとんでもないことをして、それが4人(小夜子、柏木、朋美、本多)にどう影響するのか……!?終盤に向けて博司には大仕事が残っているので、一生懸命やっています。もう、物語の展開が早い!お見逃しなく!このタイミングで前半を見直してから後半をご覧になる、という楽しみ方もオススメです!

バックナンバー

関西テレビ ページトップへ戻る