はんなりギロリの頼子さん

2018年4月24日(火)スタート(全4話)
毎週火曜 深夜1:25~1:55放送(関西ローカル)

5月15日(火)

第四話

頼子(横山由依)に京都の町を案内してもらい記事にしたタウン誌の売り上げが伸び、その実績を買われて、山田(中尾暢樹)の東京本社異動が決まった。少しずつ距離が近づいていた頼子と山田、二人の恋の行方は――!?

俊介(岡田篤哉)に頼子(横山由依)の事を好きかどうかと聞かれた山田(中尾暢樹)は、すぐに答えが出せずにいた…。そんな中、頼子に京都の町を案内してもらい記事にしたタウン誌の売り上げも伸び、その実績が買われて東京本社への異動が決まった。

住んでいるアパートから見えるから一度行ってみたい、という理由で、頼子は山田に京都タワーを案内して欲しいと頼まれていた。あくまでも案内するだけと言い張る頼子だが、幼馴染の順子(土村芳)にはそれはデートだと言って冷やかされる。待ち合わせ当日、いつもより少しオシャレをした頼子が京都タワーの入り口で待っていると、向こうから山田が手を振りながら笑顔でやってくる。展望台に上がり、京都の町を見下ろす頼子と山田。すると山田は「僕、この町が好きになりました…」と、頼子を見て微笑む。小さい頃、よく京都タワーに来て京都の四つの守り神・四神について教わったと話す頼子。話が終わると「面白いネタだと思ったら、使っていいよ。取材費はご飯で勘弁してあげる」と言う頼子に、山田は東京に戻ることになったと告げる――。

ストーリー

関西テレビ ページトップへ戻る