FINAL CUT(ファイナルカット)

2018年1月9日放送スタート!毎週火曜よる9時

INTERVIEW | インタビュー

Q.

脚本や放送された映像を見ての感想は?

普通に生きている人がメディア被害に遭ってしまう――。確かに身近に起こりうる問題で、「怖い世の中になったな」という思いが強くなりました。またこうしたテーマを取り上げるのは、ドラマを含め、メディアに関わる人間としてはすごく正しい姿だとも感じています。また物語に、私の大好きなサスペンス要素が多分に含まれていますので、ワクワクしながら脚本を読ませていただいています。

Q.

雪子(栗山千明)や若葉(橋本環奈)、そして事件の鍵を握ると思しき長男・祥太の父・小河原達夫を演じてらっしゃいます。達夫も事件や祥太について、何か知っているようですが……?

ただ達夫も100%は分かっていないようです。私は、視聴者の方々がどうやったらハラハラするか、どうすればいい意味での裏切りが出来るかを考えてしまうタイプの人間で、どの辺りまで達夫が知っているかを視聴者の方々にお芝居で明示したくないんです。また、達夫の怪しさが発覚するのは極力遅い方がいいと考えていましたので、序盤は、その辺の微妙な振り具合を楽しみながら演じていました。

Q.

序盤はとても暖かみのあるお父さんでした

職業が弁護士であるというのは抜きにして、まず私には、達夫への同情があるんです。実際に同じ立場になったら、息子のために出来ることをしたいと思えるのではないか。父親として息子を、家族を守りたいという達夫には共感を覚えます。ただ、本当に同じ立場になったら、私は答えが出ないほどにためらってしまうでしょう(笑)。

Q.

そんな小河原家について

あんな美人姉妹がいたら父親としては心配で仕方ないでしょうね(笑)。奥さん(長野里美)も含めて美人が多すぎる家族ですが、女性が優位すぎる家族になっていないのも特徴。現場でも「良い家族だよね」と常々話しています。

Q.

印象に残っているシーンは

高田(佐々木蔵之介)が気になって仕方ないんです(笑)。慶介(亀梨和也)が復讐していく中で、高田に関する隠し撮りは失敗してしまいました。そこから追い詰められる慶介……という展開が一番好きで。「こんな逆転の瞬間があるんだな」「あの視聴者への裏切り方はすごいな」と興奮しました。

Q.

メッセージを!

実は私は、未だに祥太は真犯人ではないような気がしています。「もし真犯人が別にいたら今後どんな展開が待っているだろう」と、それこそ、いち視聴者のように演じながらワクワクしています。また達夫は、娘ふたりと慶介との関係もまだ知らないまま。それがいつ知らされるのかも分かっていません。様々なパターンの展開が考えられると思いますので、皆さんも是非、楽しんで見て頂けますとうれしいです。

BACKNUMBER | バックナンバー


Twitter | ツイッター

関西テレビ ページトップへ戻る