FINAL CUT(ファイナルカット)

2018年1月9日放送スタート!毎週火曜よる9時

INTERVIEW | インタビュー

Q.

ドラマへの出演が決まった感想は?

ずっと背中を見ていた先輩・亀梨和也さんと一緒に、お芝居をさせていただくということ自体が嬉しいですし、先輩たちとご一緒させていただく機会が多いわけでもないからとてもありがたく思いました。

Q.

演じられる野田大地は様々なふん装をして潜入しますが、難しさは?

ふん装して潜入するシーンは、一瞬の動作が重要になっていて、その時の感情や表情の作り方は難しく思います。例えば、リハーサルで監督から「もう少しテンションを上げてほしい」と指示があり、それに従ったつもりでも「ちょっとやりすぎかも」とリテイクがかかることも…。その分、一発でOKが出たときは、とても気持ちがいいですね!

Q.

様々な職業にも挑んでいましたが?

メッセンジャーに扮したときは、それらしい自転車の乗り方に苦労しましたが、中でもウエイターになった時は特に大変でした。グラスを持っていると、それぞれが擦れ合って音が出てしまうんです。小道具さんにグラスを固定して頂き、なんとか演じきることができました。

Q.

共演者の方々とのエピソードがあれば教えてください

「ザ・プレミアワイド」に潜入する時のシーンでは、撮影の待ち時間、「ザ・プレミアワイド」のメンバーと、僕ひとりというポジションに当然なってきます。皆さんとは初対面で、「どうしよう」と思っていたら、杉本哲太さんが気さくに話しかけてくださって…。実は哲太さんとは地元が一緒で、哲太さんが出演された映画も見たところだったんです。そんな話で盛り上がりました!

Q.

藤木さんともお話を?

藤木直人さんは、現場で僕をいじってくださるんです(笑)。潜入するための衣装を着ていますから、役柄的には部外者。そんな僕が「おはようございます」と挨拶をすると、「え、誰?」「関係者じゃない人はここに入ってきちゃダメだよ」って(笑)。そこでいつも一笑い起きます。また、藤木さんが釣り好きで、ネット動画にも出演していらっしゃるのですが、僕の弟がそれを見つけて興奮した、という話もさせていただき、藤木さんも「そうなんだよ」と嬉しそうに笑ってらっしゃいました。

Q.

印象に残っている台詞は?

第1話で井出(杉本哲太)が振り向きざまに「どうにでもなるんですよ」と言ったシーン。出演者のみなさんと食事しながら見ていたのですが、あまりにゾクっとしたので、前に座っている哲太さんに「このシーンやばくないですか!?」と興奮気味に話しかけてしまいました。また藤木さんの「ていへんだていへんだ」の台詞も、このドラマがどんなドラマなのかを象徴する名シーンと名台詞。とても印象に残っています。

Q.

視聴者の皆さんにメッセージを!

第6話までの慶介(亀梨和也)と大地の頑張りがひっくり返され、大地もピンチに陥ります。一個のミスで追い詰められる状況でもあるので緊張感を持ちつつ、また笑いどころもあるので、お芝居の振り幅を意識しながら演じていきたいと思います。

BACKNUMBER | バックナンバー


Twitter | ツイッター

関西テレビ ページトップへ戻る