FINAL CUT(ファイナルカット)

2018年1月9日放送スタート!毎週火曜よる9時

INTERVIEW | インタビュー

Q.

オファーを受けていかがでした?

うれしかったです。これまでやってきた役とはまた違う雰囲気で、テーマもシリアスだったので、意外と思いました。

Q.

演じる皆川義和について

「ザ・プレミアワイド」のカメラマンです。ちょっと嫌なヤツで自分に甘い部分はありますが、仕事に関してはプロフェッショナル。「やれ」と言われたら確実に何かを撮ってくるので、一緒に仕事をするにはいいかもしれません。台本のト書きによく「ひょうひょうと」と書いてあることが多いのですが、「ひょうひょうと」ということは、もしかしたら、彼の本質自体はどこか違うところにあるのかも?

Q.

やついさんと皆川で違うところとは?

彼の中には「いじられたくない部分」があり、そこ以外をどんなにいじられても、痛くも痒くもない男じゃないかと思いました。第4話で慶介(亀梨和也)に「ファイナルカット」を突きつけられましたが、心のどこかには「だからなんだよ」って気持ちが、どこかにあったかも? 皆川は失う物も未来すらないと感じ、「ザ・プレミアワイド」のメンバーの中で、「ファイナルカット」を突きつけられても一番困らない男だと思うんです。また、皆川はギャンブル好きで、慶介に対してもふてぶてしく、「いつか大穴を当ててやる」とか「最終的にはくぐり抜けてやる」とか、いつか思い始めるかも(笑)。慶介とのシーンも、そんな心の余力を残しながら演じました。

Q.

共演者の印象を教えてください

「ザ・プレミアワイド」のメンバーは本当に良い人ばかりで最高です。撮影中、僕はコントライブもやっていたのですが、皆さん別々の日ながら観に来てくださって…。グッズを買いたいと言ってくださったり、舞台をすっごく褒めてくださったりでうれしかったです。

Q.

座長・亀梨和也さんとはどんな方でしょう

KAT-TUNがデビューした時、僕はレギュラー番組でたまたまご一緒していて、今回のドラマで13年ぶりの再会。スターなのに、変わらず誠実で謙虚で、「すごいな」と思いました。僕はサウナ好きなのですが、実は亀梨さんと林遣都さんもサウナ好き。現場で「今度、僕が車で迎えに行くから3人でサウナに行こう」って話もしました。その時は絶対に、慎重に運転するつもりです。もし2人に何かあったら、それこそ僕の『ファイナルカット』になりかねませんから(笑)。

Q.

印象に残るシーンは?

第4話で亀梨さんに皆川の「ファイナルカット」を突きつけられるシーンが印象に残っています。本当に頑張んないと、ちゃんとしないとって考えていたので終わったことで、ホッとしているところです。そしたらすごく太っちゃいました(笑)

Q.

番組をご覧の皆さんにメッセージを

嫌なこととかあって誰かとっちめてくれたらなぁって思うことがみなさんあると思います。それを亀梨さんがスカッ裁く、見ていて気持ちいいドラマ!その気持ちよさを味わってもらいたいと思います。皆川の正義だけでは語れない、ふてぶてしさみたいなものが出ればいいなと考えて演じていきますのでそこも楽しんでいただければと思います。

BACKNUMBER | バックナンバー


Twitter | ツイッター

関西テレビ ページトップへ戻る