FINAL CUT(ファイナルカット)

2018年1月9日放送スタート!毎週火曜よる9時

INTERVIEW | インタビュー

Q.

出演オファーを受けての感想は?

豪華なキャストの皆さんが出演されると聞いて共演できるのが嬉しくもあり、緊張感も持ちました。演出の三宅喜重監督、脚本の金子ありさ先生とのお仕事も初めてですし、主演の 亀梨和也さんや栗山千明さんとも初共編。とても新鮮で、ワクワク感も高揚しました。

Q.

金子先生の脚本を読まれて

金子先生が書かれる脚本のドラマは、とても好きなんです。本作も、メディアの方々が封印してしまうような闇の題材が描かれていて、「すごく攻めたドラマだな」って。登場するキャラクターにも一人ひとりに思いがあって正義がある。語弊を恐れずにいうと、(一つの価値観だけを提示しているわけではないので)ある意味「分かりにくさ」もあるのですが、見てくださる方々それぞれの感覚で物語を受け止められる楽しさもあると思うんです。ハラハラドキドキしながら、さらにいろいろ考えさせられもする新感覚のドラマだと感じています。

Q.

演じられる小河原若葉というキャラクターについて教えてください

金子先生と撮影に入る前にお話したのは、とにかくかわいらしくて、恋に関しては女性が共感しやすい役柄。例えば、仕事中にメールが来てないか思わずチェックしてしまうとか、好きな人にドタキャンされて憤慨してしまうとか。ただ素直すぎて人のことをすぐに信じてしまい、前が見えなくなってしまうこともあるのですが、そこは私と違うかなって(笑)。逆にポジティブな部分は似てるように感じます。

Q.

姉・雪子とのやり取りも見ていて楽しいです

恋に対して積極的な妹と、すごく消極的な栗山さん演じられる姉の雪子など、反応が対照的なのも演じていて楽しく思います。お互いの恋の相談でもできる、とても仲の良い姉妹ですよね。

Q.

その撮影の裏側を教えてください

栗山さんとお話をしたのは、とくに前半は「復讐劇じゃなくてラブストーリーを撮っているみたいだよね」って(笑)。栗山さんは、すごくキリッとしてクールで、あまり喋らない方かと思っていたのですが、実際にお会いするととてもお茶目ですごく話しかけてくれて。栗山さんのお好きなアニメ作品のお勧めを聞かせてくれるなど、待ち時間があればよく二人でお話しています。

Q.

座長・亀梨和也さんの印象は?

“スター”だと思います。亀梨さんと藤木直人さん主催で新年会を開いていただいたのですが、亀梨さんは若手スタッフさんに「僕たち出演者に気を遣うのではなく、作品への愛情を持ってください」語っておられ、これに全員が感動していました。また共演シーンでは私が台詞の練習をしていると、亀梨さんが合わせてくれたり、いろいろなキャストの方に話しかけて空気を明るくしてくださったり。お話ししていて印象的だったのは、亀梨さんが様々な野球選手と撮影した写真を見せてくれたこと(笑)。私も野球が好きなので、とてもうらやましかったです!

Q.

この現場で得られたものは?

私は、どんな人物にもなりきれる女優に憧れています。現在は若葉という女性に寄り添っていますが、「こんな感情もあるんだ」「こんな自分もいるんだ」という新たな発見が多いんです。今後、若葉は慶介(亀梨和也)との恋で変貌していきます。その若葉を演じた時、また新たな発見があるのではないかと期待しています。

Q.

最後にメッセージをお願いします

まだまだ皆さんの驚く展開がこの先、待ち受けています。180度回転することもあれば、360度回って戻ってしまうような、先の読めないハラハラドキドキの連続。そんな中で、若葉が一体、どんな行動に出てしまうのか。楽しみにしてほしいと思います。

BACKNUMBER | バックナンバー


Twitter | ツイッター

関西テレビ ページトップへ戻る