FINAL CUT(ファイナルカット)

2018年1月9日放送スタート!毎週火曜よる9時

INTERVIEW | インタビュー

Q.

出演オファーを受けて、ご感想は?

雪子というキャラクターが良い意味で普通の女性ですので、「あ、こういう役もいただけるんだ」と思いました(笑)。これまでの私は、ミステリアスな役柄や悪役側が多く、世間でもそんなイメージを持たれているんだろうな、って(笑)。見てくださる方にも新鮮に感じていただけるのではないかと期待しています。

Q.

小河原雪子を演じてみていかがですか?

物語で慶介(亀梨和也)との出会いから描かれているので、雪子というキャラクターはあまり作り込みすぎず、恋愛要素に関しては作り込んでいる感じです。慶介との恋愛も、お互いにみつめあってはにかんで、学生のようにピュアな恋で……。台詞も少なめなので、表情や視線、距離感を大切に臨んでいます。

Q.

妹・若葉(橋本環奈)の前では口数も多く、言葉の応酬もある役柄です。橋本さんの印象は?

撮影が、慶介とのロケシーン終わりに若葉とお芝居するパターンが多く、家族に見せる顔と好きな人に見せる顔を演じ分けることで「雪子は同一人物になっているかな?」と現場で確認しながら撮影していました(笑)。妹との話し方と慶介とでは話し方が違うことが、コミカルに見えたり、ちょっとクスって笑ってもらえたらうれしく思います。環奈ちゃんは見ているだけでかわいくて幸せで癒やされています。現場に行くのが楽しみです!

Q.

座長・亀梨さんの印象は?

人に気を遣わせない、気遣い屋さん。主演ですし、いろいろ気を張ってらっしゃると思うんですが、それを周囲に感じさせないところがあって。人って気を遣われると気を遣っちゃうじゃないですか。それを多分、直感的にご存知で、私たちを楽にしてくれているのかなって。多くの人が亀梨さんを慕うのがとてもよく分かります。

Q.

その亀梨さん演じる慶介という男性は?

雪子の前に現れる慶介、若葉の前に現れる慶介、いろいろな亀梨さんの表情が見られて楽しいんですが、どれが本当の顔だか分からない怖さにゾクリとし、見ていてとても魅力的な役だと思います。

Q.

何が正義で何が悪か、いろいろな角度から描かれる本作ですが?

私自身そういうテーマが好きです。『ザ・プレミアワイド』のメンバーについても、正義と思いこんでいることが周りから見たら悪であることなど紙一重な感じが面白いです。演じる方、見る側の感覚次第で、それぞれいろいろな答えが出てくるのではないでしょうか。

Q.

最後に見どころとメッセージをお願いします!

普通だったら、成敗されたらその人物はそのまま物語から消えていきますが本作では、成敗された人たちは変わらず、模索しながら戦い続けています。その展開に私自身も面白みを感じていますし、今後、慶介との関係で雪子も若葉も変貌していきそう。私たちの壊れっぷりにも是非期待してください(笑)。

BACKNUMBER | バックナンバー


Twitter | ツイッター

関西テレビ ページトップへ戻る