FINAL CUT(ファイナルカット)

2018年1月9日放送スタート!毎週火曜よる9時

INTERVIEW | インタビュー

Q.

演じられての感想は?

テレビ局の話なので、自分に近いようで遠いお話という印象です。私も番組宣伝などで、たまにワイドショーに呼んでもらったりしますが、どう番組を作っているかは、私が知らない世界。だから「ワイドショーはこんな風に作られているんだ」と、視聴者の皆様方と同じような新鮮味を感じながら演じています。今度、ワイドショーに呼ばれることがあったら、宮根誠司さんたちに、本作の世界がどこまでリアルに作られているのか、是非聞いてみたいですね(笑)。

Q.

演じられる真崎久美子という人物について。

情報番組『ザ・プレミアワイド』で活躍するフリーランスのディレクター。番組を作る側でもあり、レポーターとして出演する側でもあり。またプライベートでは茜という娘がおり、夫が失業中という悩みも抱えています。真崎は真崎で自分のポリシーがあり、信念に則って生きています。それがただの悪役ではないところで、何が正しくて何が正義かなど、様々な面が提示されるのが演じていて難しく、そして楽しいところです。とはいえ、憎まれつつ、こらしめられた時に、見ていただく方にスカッとしてもらえる役作りも大切。人間としてリアリティーのあるキャラクターにもしたいので、そこは日々模索しながら演じています。

Q.

亀梨和也さんはどんな方ですか?

亀梨さんは、すごくしっかりして、まっすぐ芯の通っている方。バラエティの現場でも何度かお会いしたことがあるのですが、常に一生懸命で、真摯に仕事に向き合われている印象です。また、ご自身の人気にあぐらをかくこともなく、ある種の危機感を常にはらみながら、自分を客観的に見る目も持っていらっしゃいます。

Q.

共演者の方々についてはいかがですか?

藤木直人さんとはもう何度も共演しているので、撮影の合間にはお互いのプライベートの報告などをしています。やついいちろうさんは「初めまして」なのですが、実は同い年の上に同じく三重県出身。さらには共通の知り合いも多くて(笑)。お笑いコンビの「エレキコミック」でのやついさんの相方・今立進さんには、私の舞台にゲストで来てもらったことがありますし、「エレ片」で御一緒されている片桐仁さんとも共演経験が。また「エレ片」の演出に入っている放送作家・川尻恵太さんとも仕事で一緒になったことがあり、ご縁のある方の多さに驚いています(笑)。

Q.

撮影中の裏エピソードがありましたら。

『ザ・プレミアワイド』の役者陣のチームワークは素晴らしく、NGも少ないです。ほか、クリスマスの日、亀梨さんと共演シーンがあったのですが、朝ごはんのおにぎりを食べながら、「イブの夜のディナーは立ち食いそばでした。アイドルって意外と質素なんです」と話されていたのが印象的でした(笑)。

Q.

最後にメッセージをお願いします。

見てスカッとする楽しいドラマになっていると思います。是非ご覧になって下さい。

BACKNUMBER | バックナンバー


Twitter | ツイッター

関西テレビ ページトップへ戻る