fallingskies

毎週水曜 深夜1:55~2:55

※放送時間・内容は変更になる場合がございます。ご了承下さい。

フォーリング スカイズ

内容

ストーリー

巨匠スティーブン・スピルバーグ製作総指揮でおくるサバイバルSFアクション大作!
地球壊滅から6カ月—。生き残った僅かな人間たちは結束し、エイリアン(侵略者)への逆襲の機会を狙っていた。だが、いつ襲われるか分からない絶え間ない緊迫感のなかで食料は不足し、拉致されて捕虜となった子供たちの奪還も思うように進まない。果たして、エイリアンの真の目的はなんなのか?
今、人類の未来を賭けた壮絶なサバイバル・バトルが始まる—!

キャスト

トム・メイソン … ノア・ワイリー
アン・グラス … ムーン・ブラッドグッド
ウィーバー隊長 … ウィル・パットン
ハル・メイソン … ドリュー・ロイ
マット・メイソン … マクシム・ナイト
ベン・メイソン … コナー・ジェサップ
ジョン・ポープ … コリン・カニンガム

放送スケジュール

1月16日(水)
第1話「空から来た悪魔 / Live and Learn」

エイリアンによる突然の侵略によって世界は大混乱に見舞われる。地球上に残された人類は、この占領者に対して生存を賭けた戦いに打って出る。エイリアンたちの目的は何なのかは不明であるが、何人もの子供を連れ去り拉致を繰り返している。そんな混沌としている中、歴史学の教授であるトム・メイソン(ノア・ワイリー)は即席の軍隊であるマサチューセッツ市民軍第2連隊<セカンド・マス>の副隊長に任命される。彼はエイリアンによる最初の攻撃で妻を殺され、3人いる息子のうちのひとりがエイリアンによって拉致されてしまうという悲劇の最中にあり、セカンド・マスの任務よりも、息子たちのほうが気がかりであった。

1月23日(水)
第2話「敵か味方か / The Armory」

歴史学者であり、セカンド・マスの副隊長でもあるトムと彼の長男であるハル(ドリュー・ロイ)そして彼らの部隊はセカンド・マスに必要なものを探す途中で、様々な武器を手に入れようとしているギャング団と遭遇する。そのギャング団を率いているのは、前科者であるジョン・ポープ(コリン・カニンガム)。ポープは物資や武器を有利に取引きするため、捕まえた捕虜たちを利用しようとし、セカンド・マスの武器をも手に入れようと画策するのであった。

1月30日(水)
第3話「捕虜奪還 / Prisoner of War」

新しく、マイケル・ハリス博士(スティーブン・ウェバー)がセカンド・マスに参加することになった。彼は、エイリアンに拉致された子供たちを救うための計画を考え出すのだが、侵略が始まった当初から悩まされてきたある疑問の答えをトムが詳しく調べ始めた時、その奪還計画は予測と違い、狂い始めてしまうのであった。エイリアンによって連れ去られ、拉致されているトムの次男であるベン(コナー・ジェサップ)たちの救出をセカンド・マスの部隊は試みるが、運悪く、クモのような足で動く”スキッターズ”と、厚い鎧を着たロボットのような二足歩行の”メックス”のエイリアン軍に遭遇してしまう。

2月6日(水)
第4話「届かぬ祈り / Grace」

ギャング団の首領ジョン・ポープの誘導によってトムとそのチームは、セカンド・マス部隊に必要なモーターバイクを手に入れようと、穴場のバイクショップへと向かって進んでいた。そしてたどり着いたとき、彼らはそこで、スキッターズと、エイリアンによってハーネスを付けられ、移動をしている子供たちを偶然みつける。一方、セカンド・マスの拠点では、マイケル・ハリス博士と小児科医であり、セカンド・マスの臨時診療所の医師=アン・グラス(ムーン・ブラッドグッド)が、エイリアンの情報を集めるため、どういった方法が最善であるのか、真っ向から意見を対立させていた。

2月13日(水)
第5話「作戦決行 / Silent Kill」

エイリアンに連れ去られ、拉致された子供たちを取り戻すため、皆、様々な方法を考えていた。そんな中、ハルが新しい計画を考え付く。ハルの作戦は、一見有効と思われる計画であったが、実行すれば誰かが犠牲になってしまう可能性のある、危険をともなう作戦であった。その一方では、突然の悲劇にみまわれる、ある出来事が発生していた。皮肉にもアンはこの悲劇的な出来事によって、ハルが考え付いた奪還計画に役立つであろう大きな発見することとなる。

2月20日(水)
第6話「忍び寄る影 / Sanctuary: Part 1」

ある情報を持って、テリー・クレイトン中尉(ヘンリー・ツェーニー)がマサチューセッツ市民軍第7連隊<セブンス・マス>を引き連れてセカンド・マスに到着する。彼の持っていたある情報とは、エイリアンたちがここ、セカンド・マスをターゲットにし、攻撃するためにこちらに向かっているというものだった。そこでクレイトン中尉はある計画を提案する。その計画とは、攻め入るエイリアンたちと連隊に残っている大人たちが戦っている間に、セカンド・マスにいる子供たちを安全な隠れ場所に避難させるため、誘導するというものだった。しかし大きなリスクが伴うこの計画はトムを含めた親たちから強い反対にあってしまう。

2月27日(水)
第7話「裏切り / Sanctuary: Part 2」

エイリアンに狙われていると知った今、攻撃が激化する前に、安全な場所にセカンド・マスの子供たちを移す計画は実行されることになる。ハルは自ら進み出てその指揮をとり、弟ベンは自分の忠誠心を証明するチャンスを得る。マイク(マーティン・ローチ)の息子リック(ダニヤ・イスラエル)は、エイリアンの拉致から解放されたあとの生活に馴染めずにいた。彼はまたスキッターズに自分を連れ去っていってほしいと願うようになってしまう。一方、セカンド・マスが安全な場所へと避難し始めている矢先、サラ(メリッサ・クレイマー)の陣痛が始まってしまう。セカンド・マスの臨時診療所の医師であるアンはサラの出産と戦いで傷ついた人たちの治療との狭間で、手一杯の状態になってしまう。

3月6日(水)
第8話「敵の正体 / What Hides Beneath」

セカンド・マスがエイリアンたちの拠点のひとつを攻撃する準備に取り掛かっている中、ウィーバー(ウィル・パットン)の奇妙な行動をトムは不安に感じていた。軍隊技能と経験のあるウィーバーであるが、彼には隊長の地位がふさわしくないのではと疑い始める。そんな時、ハルとトムの親子は、侵略から逃れ、生き残るために不審な手段を講じ、置き去りにされた女性(ブレア・ブラウン)と出会うのだが、ハルとトムは彼女を信頼できる人間かどうかの確信がもてずにいた。アンと医学生であったローデス(セイチェル・ガブリエル)は、ベンのすべてを変化させたスキッターズについて衝撃的な発見をする。その一方ポープは、自分の専門知識を総動員し、エイリアン自身の強さを逆手にとって、エイリアンたちを殺すもっと効果的な方法を見つけようとしていた。

3月13日(水)
第9話「反撃開始 / Mutiny」

エイリアンの拠点を総攻撃する前夜、その緊張感によってトムとウィーバーとの間に問題が発生してしまう。自分の軍隊技能と経験を生かそうとするウィーバーとセカンド・マスの副隊長であるトムとの間の確執がさらにエスカレートしてしまったのだ。彼らの確執は部隊の指揮自体を脅かすだけでなく、部隊分裂の危機を招く事態となる。さらにトムは、アンが最近発見した、拉致された子供たちにかけられた深い暗示を解読しようとしていたが、難航してしまい、なかなかうまく解くことが出来ずにいた。

3月20日(水)
第10話「決断のとき / Eight Hours」

ウィーバーはいくつもの部隊を率いて、エイリアンとの戦いに挑んだ。ハルとジョン・ポープも、ウィーバーたちの部隊に加わり戦闘をはじめる。トムは安全な場所へと市民たちを避難させるため、後方支援にまわっていた。だが、安全と思われていたルートには問題があり、戦っている兵士と避難している市民の両方を危険にさらすような、警備上の不備が露呈してしまうのであった。不意にエイリアンの攻撃を受けてしまったトムは、彼の今までの考え方をまるっきり変えてしまうひとりのエイリアンと出会う。トムはそこでなぜエイリアンが子供たちを捕まえ人類と地球を脅かしているのか、その理由を目の当たりにし、大きな決断を迫られることになる。

※放送時間・内容は変更になる場合がございます。ご了承下さい。

関西テレビ ページトップへ戻る