関西テレビイベント

『東芝グランドコンサート2021』 トマス・セナゴー指揮 ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団

【日程】
2021年2月28日(日)
【会場】
兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

公演内容

歴代錚々たる首席指揮者と共に築きあげた響きで多くの聴衆を魅了し続けているスコットランド名門オーケストラ「ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団」。
指揮は、同楽団音楽監督であり次代の巨匠として注目されるデンマーク出身の実力派トマス・セナゴー。
同楽団の来日は実に34年ぶり、そしてセナゴーは大注目の初来日公演!
ソリストには、ヴァイオリニスト竹澤恭子が登場!

◆40回目の公演となる2021年の『東芝グランドコンサート』は、グラスゴーを本拠地とするスコットランドの名門オーケストラ、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団と、同楽団音楽監督で次代の巨匠として注目されるデンマーク出身の実力派指揮者トマス・セナゴーを招聘いたします。

◆ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団は1891年に設立。130年の歴史で22名もの歴代有数の首席指揮者と共にその時代の響きを築きあげ、欧州や世界各地から高い評価を得てきました。2018年の就任まで6年に渡り同楽団首席客演指揮者も務め、楽団の持ち味を知りつくした音楽監督セナゴーの日本ツアーは、その力を存分に発揮されることが期待されます。

◆ソリストには、フランスを拠点に欧米の主要オーケストラや指揮者との共演を重ね、圧倒的な実力で国際的スターダムを昇り続けるヴァイオリニスト竹澤恭子が登場します。

スコットランド名門オーケストラ、次代の巨匠、日本の誇るソリストらによる熱演と上質な時をお楽しみください。

演奏曲目

アデス: “Powder Her Face”より『Three-piece Suite』
ブルッフ: スコットランド幻想曲 Op.46 (ヴァイオリン:竹澤恭子)
マーラー: 交響曲第1番 ニ長調『巨人』

出演

管弦楽:ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団
指揮:トマス・セナゴー
ソリスト:竹澤恭子(ヴァイオリン)

指揮:トマス・セナゴー / ソリスト:竹澤恭子(ヴァイオリン)

公演スケジュール

日程

2021年2月28日(日)15:00開演(14:00開場予定)

会場

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

料金

S席:14,000円
A席:12,000円
B席:10,000円
C席:8,000円
D席:6,000円

(全席指定・税込)
※未就学児童入場不可

チケット発売日

12月19日(土)10:00~

お問い合わせ

芸術文化センターチケットオフィス

0798-68-0255(10:00~17:00 / 月曜休・祝日の場合は翌日)

関西テレビ ページトップへ戻る