関西テレビイベント

『東芝グランドコンサート2020』
サントゥ=マティアス・ロウヴァリ指揮 エーテボリ交響楽団

【日程】
2020年2月29日(土)
【会場】
兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

公演内容

「スウェーデン国立管弦楽団」の名称を与えられた名門で、23年ぶりの来日となるエーテボリ交響楽団、そして、注目の若き北欧の俊英指揮者、サントゥ=マティアス・ロウヴァリを招聘。
このコンビでの初来日公演で、スウェーデンの先進的な文化を象徴する音色を奏でます。
ソリストに、新時代の日本人演奏家を代表する三浦文彰(ヴァイオリン)が登場!

スウェーデンの名門エーテボリ交響楽団は、1905年設立。北欧を象徴する楽団として「スウェーデン国立管弦楽団」の名称も与えられています。これまでに、シャルル・デュトワ、ネーメ・ヤルヴィ、グスターボ・ドゥダメルらが首席指揮を務め、本国スウェーデンのみならず、世界各地で高い支持を得ているオーケストラで、23年ぶりに日本での演奏会を行います。

指揮は、2017年シーズンより同楽団の首席指揮者を務めるサントゥ=マティアス・ロウヴァリ。1985年生まれで、すでにベルリン・フィル、BBC響、フランス放送フィル、ロス・フィル、東京交響楽団など世界のトップオーケストラとの共演を果たす若き俊英で、特にサロネンの後任としてフィルハーモニア管弦楽団の次期首席指揮者に決定したことは世界中の音楽ファンに大きな驚きを与えました。

ソリストには、最難関とも言われるハノーファー国際コンクール(2009年)にて史上最年少で優勝を果たし、世界中の演奏会で活躍する三浦文彰(ヴァイオリン)が登場します。

スウェーデンの先進的な文化を象徴する名門エーテボリ交響楽団と注目の若き北欧の俊英首席指揮者、サントゥ=マティアス・ロウヴァリとのコンビ初来日公演にぜひご期待ください。

演奏曲目

ステンハンマル : 交響的序曲『エクセルシオール!(天の高みに昇らん)』 Op.13
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調Op.77 (ヴァイオリン:三浦文彰)
シベリウス : 交響曲 第2番 ニ長調 Op.43

出演

管弦楽:エーテボリ交響楽団
指 揮:サントゥ=マティアス・ロウヴァリ
ソリスト:三浦文彰(ヴァイオリン)

指 揮:サントゥ=マティアス・ロウヴァリ / ソリスト:三浦文彰(ヴァイオリン)

公演スケジュール

日程

2020年2月29日(土)15:00開演(14:15開場)

会場

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

料金

S席:14,000円
A席:12,000円
B席:10,000円
C席:8,000円
D席:6,000円

(全席指定・税込)
※病気やその他都合により、出演者、曲目、曲順が変更になる場合がございます。その場合もチケットの払い戻しは承れません。
※本公演は開演時間に遅れますと、休憩までお席へのご案内が出来ない場合がございます。予めご了承ください。
※未就学児童のご同伴やご入場はご遠慮下さい。

チケット発売日

10月26日(土)10:00~

プレイガイド

芸術文化センターチケットオフィス

0798-68-0255(10:00~17:00 / 月曜休・祝日の場合は翌日)

チケットぴあ

インターネット申込み

0570-02-9999(音声自動応答 / Pコード:161-909)

ローソンチケット

0570-08-4005(音声自動応答 / Lコード:57407)
0570-00-0407(オペレーター対応 / 10:00~20:00)

ローソン、ミニストップ

イープラス

CNプレイガイド

0570-08-9999

セブンチケット

阪神プレイガイド

店頭販売のみ

フジテレビダイレクト

※0570で始まる電話番号は一部携帯電話・PHS・IP電話からはご利用になれない場合がございます。

お問い合わせ

芸術文化センターチケットオフィス

0798-68-0255(10:00~17:00 / 月曜休・祝日の場合は翌日)

関西テレビ ページトップへ戻る