関西テレビイベント

ラファエル前派の軌跡展
ターナー、ラスキンからロセッティ、バーン=ジョーンズ、モリスまで

【日程】
2019年10月5日(土)~ 12月15日(日)
【会場】
あべのハルカス美術館

開催内容

「皆が分かち合えない芸術に何の意味があろう」。イギリスの美術評論家ジョン・ラスキン(1819-1900)の信念は、風景画を刷新したターナーや、旧来のアカデミズムからはずれた若い芸術家たちを擁護し、さらに、世界規模で広がるアーツ&クラフツ運動の芽生えを促しました。本展では、ラスキンをめぐるロセッティ、ミレイ、バーン=ジョーンズ、モリスらの絵画や貴重な書籍、家具、ステンドグラス、タペストリーなど約150点により、「ラファエル前派」の誕生から共同作業、交友、その展開へと至る流れを一望のもとにたどります。

ラファエル前派とは?

1848年イギリスの画学生らを中心に結成された同盟およびその運動のこと。
彼らは美術学校で採られていた、イタリア・ルネッサンスの巨匠ラファエロ(英語名はラファエル)に倣うべしという方針に不満をもち、ラファエロより前の時代の表現を目指そうと、「ラファエル前派」を名乗りました。伝統に反旗を翻したことで激しく批判された同盟のメンバーたち。彼らを窮地から救おうとしたのが美術評論家ラスキンでした。

開催スケジュール

日程

2019年10月5日(土)~12月15日(日)
[火~金]10:00~20:00
[月土日祝]10:00~18:00
※休館日:10/7、21、28 の各月曜日

会場

あべのハルカス美術館

料金

前売券

一般:1,300円
大高生:900円
中小生:300円

当日券

一般:1,500円
大高生:1,100円
中小生:500円

※団体は15名以上。
※障がい者手帳をお持ちの方は美術館チケットカウンターで購入されたご本人と付き添いの方1名まで当日料金の半額

チケット発売日

7月13日(土)10:00~

お問い合わせ

あべのハルカス美術館

TEL:06-4399-9050

関西テレビ ページトップへ戻る