関西テレビイベント

生誕60周年記念 くまのパディントン™展

【日程】
2018年2月8日(木)~ 3月4日(日)
【会場】
美術館「えき」KYOTO(京都駅ビルジェイアール京都伊勢丹7階隣接)

MOVIE

開催内容

あの、紳士な子ぐまが京都にやってくる!

アイバー・ウッド画 商品化のためアイデ画、1970年年代後半 / Illustrated by Ivor Wood 🄫Paddington and Company LTD 2018

児童小説『パディントン』シリーズは、40以上の言語で翻訳、出版され世界中で愛され続けています。
この物語の主人公は子ぐまのパディントン。南米のペルーからたった一匹でイギリスまで旅してきた彼が、ロンドンのとある駅でブラウン夫妻に出会い家族として迎えられ、さまざまな冒険談とともに街の人気者になっていきます。このお話は1956年、原作者のマイケル・ボンド氏(1926-2017)が妻にクリスマスのプレゼントとして贈ったくまのぬいぐるみから始まりました。ダッフルコートに帽子をまとったお茶目で紳士なパディントンが繰り広げる物語に魅了されている方は多いのではないでしょうか。
パディントンの生誕60周年を記念し、また2017年に逝去したマイケル・ボンド氏への追悼の意も込めた本展では、児童書の挿絵でおなじみのペギー・フォートナムの原画をはじめ、各アーティストによる絵本や漫画の原画、世界中で出版された書籍、マイケル・ボンド氏の仕事道具や貴重なインタビュー映像など100点以上を展示し、世代や性別、国を越えて親しまれるパディントンの世界を紹介します。

主な出品作品

ペギー・フォートナム画 『くまのパディントン』の挿絵原画、1958年

パディントン誕生秘話も紹介!

マイケル・ボンド氏 / 写真:富岡進一

生みの親、マイケル・ボンド氏が語るパディントン誕生秘話の映像や、仕事道具、手紙類など貴重な私物を展示します。パディントン執筆のために欠かせなかったという年季の入ったオックスフォード辞書など、制作背景がうかがえる資料をご覧ください。

GREETING EVENT

僕がみんなをお出迎えするよ!
パディントンが美術館にやってくる!
展覧会オープンを祝って、
パディントンが美術館にやってきます。


日時:2018年2月8日(木)
10:00から約20分間
会場:美術館「えき」KYOTO 入口付近

GOODS

展覧会限定のオリジナルグッズや書籍を多数販売いたします。

展示会オリジナルチョコレート 901円

※価格はすべて税込み価格です。
※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。
※デザイン・仕様は変更になる場合がございます。

開催スケジュール

日程

2018年2月8日(木)~3月4日(日)
10:00~20:00
※入館は閉館の30分前まで
※休館日:なし(但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます)

会場

美術館「えき」KYOTO(京都駅ビルジェイアール京都伊勢丹7階隣接)

料金

前売券

一般:¥600
高校・大学生:¥400
小・中学生:¥200
(税込)

当日券

一般:¥800
高校・大学生:¥600
小・中学生:¥400
(税込)

※「障害者手帳」をお持ちの方と同伴者1名様まで前売料金でご鑑賞いただけます。
※前売券販売期間:2018年1月1日(月・祝)~2月7日(水)

前売券発売日

1月1日(月・祝)10:00~

チケット販売場所

美術館「えき」KYOTO チケット窓口(休館日を除く)
チケットぴあ(Pコード:768-627)、ローソンチケット(Lコード:52744)

※当日券は美術館「えき」KYOTO チケット窓口のみの販売となります。

【主催】
美術館「えき」KYOTO、関西テレビ放送、毎日新聞社
【後援】
ブリティッシュ・カウンシル
【協賛】
ニューカラー写真印刷
【協力】
コピーライツアジア、東京子ども図書館、日本航空、福音館書店、理論社、WAVE出版
【監修】
松岡享子(東京子ども図書館名誉理事長)
【学術協力】
三宅興子(梅花女子大学名誉教授)、河野芳英(大東文化大学教授)

関西テレビ ページトップへ戻る