関西テレビイベント

京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術 250年の夢」
第1部~第3部 総集編 —江戸から現代へ—

【日程】
2020年10月10日(土)~ 12月6日(日)
【会場】
京都市京セラ美術館(京都市美術館)

※新型コロナウィルス感染予防・拡散防止のため、本展は予約優先制を導入します。
詳細や最新の情報は京都市京セラ美術館の公式サイトをご覧ください。

会期

<第1部~第3部 総集編 -江戸から現代へ->
前期:2020年10月10日(土)~11月8日(日)
後期:2020年11月10日(火)~12月6日(日)
※前期と後期で作品が大幅に入れ替わります。

開催内容

明治維新から100年前の江戸後期から現代にかけて、日本画の代表作家を中心に、同時代に活躍した工芸家や書家、明治期に登場した洋画家、彫刻家、版画家、さらには戦後の現代美術の新鋭作家を加えて、「京都の美術」の250年の歴史を彩った名品を三部構成で紹介します。
新型コロナウィルスの影響により会期・構成は変更となりましたが、同館の開館記念展としての当初意図に沿った内容となるよう、出品予定作品を再編成して開催いたします。

展示作品

与謝蕪村《鳶・鴉図》江戸時代

円山応挙《藤花図屏風》1776年

上村松園《娘》1926年

土田麦僊《大原女》1927年

森村泰昌《セルフポートレイト(女優)/リタ・ヘイワースとしての私 1》1996年

八木一夫《ザムザ氏の散歩》1954年

開催概要

日程

<第1部~第3部 総集編 -江戸から現代へ->
前期:2020年10月10日(土)~11月8日(日)
後期:2020年11月10日(火)~12月6日(日)

時間

10:00~18:00

休館日

月曜日(祝日の場合は開館)

会場

京都市京セラ美術館(京都市美術館)

京都市京セラ美術館・外観

京都市京セラ美術館・外観

京都市京セラ美術館・内観

京都市京セラ美術館・内観

撮影:来田猛 Photo:Koroda Takeru

料金

<第1部~第3部 総集編 -江戸から現代へ->

一般:1600(1400)円
大学生・高校生:1200(1000)円
中学生以下:無料

※( )内は20名以上の団体料金 。
※高校生(京都市内在住・通学)は無料(確認できるものをご持参ください)。
※障害者手帳等を提示の方は本人及び介護者1名無料。
※新型コロナウィルス感染予防・拡散防止のため、本展は予約優先制を導入します。
※前売券又は招待券等を所持されている方も必ず予約が必要です。

詳しくは京都市京セラ美術館の公式サイトをご覧ください。

関西テレビ ページトップへ戻る