関西テレビイベント

展覧会場でも流れている公式テーマ曲「13th Shot」を制作したのは、日本を代表するギタリスト・山本恭司氏。ゴルゴの衝撃的な世界観が見事に表現された本作の制作秘話などをお聞きしました。

インタビュー映像はコチラ

山本恭司氏 PROFILE
島根県松江市生まれ。
1976年、ハードロックバンドBOWWOWのリードギタリスト、シンガーとしてデビュー。
デビュー当時は、キッスやエアロスミスとのツアーが大きな話題を呼び、豪快で圧倒的なサウンドとギターテクニックにより常に日本のロック・シーンをリードしてきた。
その後VOW WOWを結成しロンドンをベースにヨーロッパ、アメリカで約4年間活動、海外有名アーティストへの影響力も大きい。
また、バンド以外にもソロ活動やジャズ・フュージョン系ミュージシャンとのセッション、アコースティックの弾き語りやギタリストアルバム「六弦心」他アーティストのプロデュースに至るまでその幅広い音楽性を武器に世界の音楽シーンで活躍をしている。

【主催】
読売新聞社 / 関西テレビ放送
【協賛】
きんでん / 大和ハウス工業
【特別協力】
さいとう・たかを劇画文化財団
【企画協力】
さいとう・プロダクション / 小学館 / リイド社
【協力】
堺市 / 大阪文化館・天保山

本イベントは「大阪文化芸術フェス2017」の応援プログラムです。

お問い合わせ

「ゴルゴ13」展 運営事務局

06-6573-0515(平日12:00~20:00、土・日・祝日10:00~18:00)

  • カンテレフレンズ会員は
    チケットが100円割引
    カンテレフレンズ会員の方は、会員サイトにログイン後、連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」ページを会場のチケット販売窓口で提示していただくと、当日券を100円割引でお買い求めいただけます。(会員1名様を含む2名様まで)
    ※カンテレフレンズ入会は無料です。
    会員登録はこちら

関西テレビ ページトップへ戻る