関西テレビイベント

生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展
ようこそ超現実美術館へ

【日程】
2018年11月16日(金)~ 2019年1月14日(月・祝)
【会場】
あべのハルカス美術館

開催内容

イスラエル博物館でも保全の理由から常設展示されていない作品群から約150点を日本初公開


「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる20世紀を代表する奇想の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898-1972)。

コンピュータのない時代に「版画」で作られた緻密かつ独創的で”ミラクル”な作品は、数学者や建築家といった幅広い専門家やクリエイターに影響を与え、今もなお多くの人々を魅了し続けています。

生誕120年を記念し開催する本展では、世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館から選りすぐりの約150点を日本初公開。イスラエル博物館でも保全の理由から常設展示されていない作品群です。

実際にありそうで現実には存在し得ない《相対性》など代表作のほか、初期の作品や木版、直筆のドローイングなどから、エッシャーが唯一無二と評される作品を生み出す過程を、【8つのキーワード】を通じて紐解いていきます。

8つのキーワード

1. 科学
エッシャーは同時代の「科学」から着想を受け、幾何学的な表現を生み出した。

2. 聖書
若い頃エッシャーが描いたキリスト教主題の版画を取り上げる。

<バベルの塔>1928年:鳥の視点から描かれており、建物も、取り囲む風景も、幾何学的に様式化された方法で描かれている。 またエッシャーは白と黒で人像を描くことによって言葉が異なる人物を区別している。

3. 風景
さまざまな風景体験が、エッシャー独特の写実的で不可思議な印象を与えるイメージの源泉となった。

4. 人物
初期のエッシャーは人物表現にも取り組み、家族や近しい人々、自分自身の姿もモティーフとしていた。

<婚姻の絆>1956年:暗い背景に、リボン状の帯が浮かび、まるで2人の人物が顔を寄せあった姿にみえるように配されている。 ここに再現されているのは左が妻のイエッタ、右がエッシャーと思われる。

5. 広告
エッシャーらしさが凝縮されたグリーディングカードをはじめとする商業デザインを紹介。

6. 技法
自らを芸術家ではなく「版画家」と考えていたエッシャーは、様々な版画技法で不可思議な版画空間を作り出した。

7. 反射
エッシャーの世界の特徴の一つである「鏡面イメージ」の作品を紹介。

8. 錯視
実現不可能な建築表現や、永遠に変化し続けるイメージなどエッシャー芸術を代表する「ありえない世界」たち。

<滝>1961年:粉を引く水車小屋とそこからつながる水路が描かれている。水路をたどると段差もないのに上へと登っていき、やがて水車の上へと水が流れ落ちている。上下の高低差がないはずの水路が一見すると上へ上っているようなイメージは「だまし絵」を代表するものとして知られる。

エッシャーの世界で、あなたが動く!

代表作≪相対性≫の世界に入り込める「ミラクル デジタル フュージョン」
最先端デジタル合成技術を駆使した撮影を行い、体験者を本展メインビジュアルの《相対性》の中に"動画で"合成します。エッシャーの不思議な世界を体験しよう!

開催スケジュール

日程

2018年11月16日(金)~2019年1月14日(月・祝)
[火~金]10時~20時
[月土日祝]10時~18時
※入館は閉館30分前まで
※休 館 日:11月19日、11月26日、12月31日、2019年1月1日

会場

あべのハルカス美術館

料金

前売券・団体

一般:¥1,300
大学生 / 高校生:¥800
中学生 / 小学生:¥300

当日券

一般:¥1,500
大学生 / 高校生:¥1,000
中学生 / 小学生:¥500

※未就学児無料
※団体は15名様以上
※障がい者手帳をお持ちの方は、美術館チケットカウンターで購入されたご本人と付き添い1名様まで当日料金の半額でご覧いただけます。

チケット発売日

7月13日(金)より販売!

【早割券】早割ペアチケット:¥2,200
販売期間:7月13日(金)~9月14日(金)
※1000組2000枚限定 ※予定枚数に達し次第、販売を終了させていただきます。


【主催】
イスラエル博物館、あべのハルカス美術館、産経新聞社、関西テレビ放送
【後援】
イスラエル大使館
【協賛】
野崎印刷紙業、大阪芸術大学グループ
【協力】
Blue Dragon Art Company、日本通運

お問い合わせ

あべのハルカス美術館

06-4399-9050

関西テレビ ページトップへ戻る