関西テレビイベント

ミュージカル「アナスタシア」

【日程】
2020年4月6日(月)~ 18日(土) [全18回公演]
【会場】
梅田芸術劇場メインホール

公演内容

待望の新作ブロードウェイミュージカル『アナスタシア』
葵わかな&木下晴香主演(Wキャスト)で
2020年4月、大阪で上演決定!

第70回アカデミー賞で歌曲賞、音楽賞にノミネートされたアニメ映画「アナスタシア」に着想を得て制作されたミュージカル。
1918年、帝政ロシア時代の最後の皇帝ニコライ2世をはじめ一族が殺害されたというニュースがあふれる中、皇女アナスタシアだけは難を逃れて生き続けているという歴史上の謎「アナスタシア伝説」にもとづいた物語で、ブロードウェイ公演は、2017年3月にプレビュー公演を経て、4月24日に開幕。以降、2019年3月まで2年間にも及ぶロングラン上演となりました。その他、2018年10月からのスペイン公演、北米ツアー、11月からのドイツ公演に続いて、本年9月にはオランダ公演の開幕も予定され、世界各国での上演も続々と決定。アメリカメディアの劇評でも絶賛されるなど、ブロードウェイで高く評価されたミュージカル『アナスタシア』を、本国クリエイティブ・スタッフ&日本キャストで上演します!

主演のアーニャ役には、今年『ロミオ&ジュリエット』で華々しくミュージカルデビューを果たした葵わかなと、ディズニー実写映画『アラジン』のプレミアム吹き替え版ジャスミン役で話題の木下晴香の2人が主演(Wキャスト)を務めます。

アーニャに出会い、ともに旅をする若い詐欺師・ディミトリ役には、戦隊ドラマなどを経て近年では声優としても活動し、『レ・ミゼラブル』『ダンス オブ ヴァンパイア』などミュージカル作品に引っ張りだこの相葉裕樹、近年『テニスの王子様』『黒執事』などミュージカル作品で目覚ましく活躍し、今回グランドミュージカル初出演となる内海啓貴が、ボルシェビキの将官・グレブ役は、大河ドラマ『新選組!』『真田丸』といった映像作品をはじめ、舞台「劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season花」『ロックオペラ モーツァルト』などに出演し、様々なジャンルで存在感抜群の演技を魅せる山本耕史、デュオ「CHEMISTRY」やソロとしても精力的な歌手活動を続ける一方、ミュージカル『RENT』等にも出演し圧倒的な歌唱力を持ち合わせる堂珍嘉邦、『モーツァルト!』『キンキーブーツ』『エリザベート』などの話題のミュージカルに出演し、注目を集める遠山裕介が務めます。ディミトリの相棒、かつては宮廷にも出入りしていたヴラド役にはミュージカル出演は多数!ブロードウェイが認める振付家&ダンサーでもある大澄賢也、『レ・ミゼラブル』や『エリザベート』など数々の名作ミュージカルの舞台に立ち活躍を続ける石川 禅、マリア皇太后に仕え続ける伯爵夫人リリー役には宝塚歌劇団退団後もミュージカル・ストレートプレイなど、舞台を中心に活躍を続ける女優朝海ひかる、今年デビュー30周年を迎え、歌手、舞台、ドラマ、バラエティなど多方面で活躍する女優マルシア、劇団四季退団後も舞台のみならず、映画、ドラマなどさまざまなジャンルで名バイプレイヤーとして存在感を発揮する女優堀内敬子が脇を固め、そして、孫娘アナスタシアを探し続けるマリア皇太后役には宝塚歌劇団トップスターとして活躍し、退団後は現代演劇を中心に出演、数々の賞を受賞し、この度22年ぶりのミュージカル出演となる女優麻実れいと、豪華出演者が集結致しました!

記憶を無くした主人公アーニャが、自分の過去を取り戻し、愛する家族と自分の心の帰る場所を見つける旅路を描いた、大人から子供まで楽しめる愛と冒険に満ちた作品。ご期待ください!

ストーリー

舞台は20世紀初頭、帝政末期のロシア、サンクトペテルブルク。ロシア帝国皇帝ニコライ2世の末娘として生まれたアナスタシアは、パリへ移り住み離ればなれになってしまった祖母マリア皇太后から貰ったオルゴールを宝物に、家族と幸せに暮らしていたが、突如ボルシェビキ(後のソ連共産党)の攻撃を受け、一家は滅びてしまう。

しかし、街中ではアナスタシアの生存を噂する声がまことしやかに広がっていた。パリに住むマリア皇太后は、アナスタシアを探すため多額の賞金を懸ける。それを聞いた二人の詐欺師ディミトリとヴラドは、アナスタシアによく似た少女アーニャを利用し、賞金をだまし取ろうと企て、アーニャと三人でマリア皇太后の住むパリへと旅立つ。

記憶喪失だったアーニャは次第に昔の記憶を取り戻してゆく…
同じ頃、ロシア政府はボルシェビキの将官グレブにアナスタシアの暗殺命令を下す。マリア皇太后に仕えるリリーの協力を得て、ついにアーニャはマリア皇太后と会う機会を得るが、グレブがアーニャを見つけ出し…

●葵わかな コメント

日本初演、アジア初演のこの作品に携わることが出来てとても光栄です。アーニャは力強い美しさを持った女性です。記憶がないという孤独の中で、夢と希望を持って愛を探す冒険に出ます。楽曲、衣装、舞台装置、どれもお話の世界観を感じるとても素敵なものです。ブロードウェイからいらっしゃるクリエイティブチームの皆さんと、海外作品ならではのダイナミックさを作りながら、日本にしかない繊細さをプラスしていけたらと思います。『アナスタシア』を通して皆様にお伝えできるものがありますように。

●木下晴香 コメント

楽曲を聴いて心奪われたのが、この作品との最初の出会いでした。それから作品を知れば知るほど魅了されている今、こうしてアーニャを演じる機会を頂けたこと、本当に嬉しいです。日本初演の舞台に参加させていただくのは初めてで、今までと少し違うワクワクと緊張がありますが、素晴らしいクリエイティブチームの皆さん・キャストの皆さんと、この作品にもっと深く触れる日々をとても楽しみにしています。この作品は、アーニャの人生を軸として、成長や家族、恋心、信じるもの…その輝きや温もりに気づける魅力が詰まった作品です。素晴らしい舞台をお届けできるよう、全力で努めます。よろしくお願い致します!

キャスト&スタッフ

キャスト

キャスト

<アーニャ役>
葵わかな / 木下晴香

<ディミトリ役>
海宝直人(東京公演のみ)/ 相葉裕樹 / 内海啓貴

<グレブ役>
山本耕史 / 堂珍嘉邦(CHEMISTRY) / 遠山裕介

<ヴラド役>
大澄賢也 / 石川 禅

<リリー役>
朝海ひかる / マルシア / 堀内敬子

<マリア皇太后役>
麻実れい

ほか

オリジナルクリエイティブスタッフ

脚本:テレンス・マクナリー
音楽:ステファン・フラハティ
作詞:リン・アレンス
振付:ペギー・ヒッキー
演出:ダルコ・トレスニャク

公演スケジュール

日程

2020年4月6日(月)~4月18日(土)

4/6 (月)
-
18:00
4/7 (火)
13:00
-
4/8 (水)
13:00
18:00
4/9 (木)
13:00
-
4/10 (金)
13:00
-
4/11 (土)
12:00
17:00
4/12 (日)
12:00
17:00●
4/13 (月)
-
-
4/14 (火)
13:00
-
4/15 (水)
13:00
18:00
4/16 (木)
13:00
-
4/17 (金)
13:00
18:00
4/18 (土)
12:00
17:00

●:貸切公演

会場

梅田芸術劇場メインホール

料金

S席:13,500円
A席:9,500円
B席:5,500円
ロイヤルシート(R席):15,000円 ※オリジナルグッズ(非売品)付
(全席指定・税込)

※4歳以上入場可(チケットが必要になります)膝上でのご観劇はできません

チケット発売日

2019年12月21日(土)10:00~

プレイガイド

チケットぴあ

インターネット申込み

0570-02-9510(発売日特電 / 10:00~18:00)
0570-02-9999(Pコード:496-473)

ぴあ各店舗、セブン-イレブン各店舗

イープラス

インターネット申込み

ファミリーマート各店舗

ローソンチケット

インターネット申込み

0570-084-658(発売日特電 / 10:00~18:00)
0570-084-005(Lコード:56024)
0570-000-407(オペレーター対応 / 10:00~20:00)

ローソン各店舗、ミニストップ各店舗

LINE TICKET

         

梅田芸術劇場オンラインチケット

梅田芸術劇場チケットカウンター

発売日翌日以降 / 10:00~18:00
※残席がある場合のみのお取扱いとなります

関西テレビ ページトップへ戻る