関西テレビイベント

カンテレ×劇団Patchプロジェクト 音楽朗読劇『マインド・リマインド~I am…~』

[大阪]

【日程】
2020年12月26日(土)~ 27日(日)
【会場】
サンケイホールブリーゼ

[東京]

【日程】
2021年1月28日(木)~ 31日(日)
【会場】
紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA

カンテレ×劇団Patchプロジェクト 始動決定!

カンテレと、関西を拠点に活動する“ちょうどいい”イケメン演劇集団・劇団Patchとが、全面タッグ!
2020年の年末に大阪&2021年の年明けに東京で、オリジナル音楽朗読劇上演決定!!
関西発信で、エンターテインメントを元気に盛り上げる!!!

公演情報

公演名

カンテレ×劇団Patchプロジェクト 音楽朗読劇『マインド・リマインド~I am…~』

作・演出

作:古家和尚
演出:木村淳(カンテレ)

出演

劇団Patch ほか

日程

[大阪] 2020年12月26日(土)~27日(日)サンケイホールブリーゼ
[東京] 2021年1月28日(木)~31日(日)紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA

主催・企画・製作

関西テレビ放送・ワタナベエンターテインメント

イベント公式HP

https://www.ktv.jp/event/8patch/

劇団Patch公式HP

https://www.west-patch.com/about/

チケット発売日

10月31日(土)10:00~

劇団Patch

関西で最も“アツい”演劇集団・劇団Patchと、関西に拠点を置くカンテレがタッグを組んで、関西から全国に向けて演劇ムーブメントを発信するプロジェクトが誕生!
結成8周年を迎えた劇団Patch(パッチ、8ッチ)と、8チャンネルのカンテレが、2020年8月8日(土)に始動を発表。カンテレの局キャラクター・ハチエモンと劇団Patchのコラボビジュアルが解禁されました。

このプロジェクトは、当初は今年3月に情報解禁の予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けていったん見送り、できる限りの安全性を追求し、コロナ禍でも何とか作品を届けたいと、舞台の内容をオリジナルストレートプレイから朗読劇に変更。最大限の感染防止対策を行い、観客数を半分にして上演できるよう調整し、今回の発表となりました。
劇団Patchは、ワタナベエンターテインメントが関西版D-BOYSを誕生させようと2012年4月、3,000名を超える応募者からオーディションを経て選ばれた一期生で結成。現在は四期生までのワタナベエンターテインメント所属の俳優12人で構成し、“演劇で大阪を元気にしたい!”という大きな志のもと、関西を拠点にさまざまなエンターテインメントを発信しています。劇団名は、関西弁で一生懸命を意味する‟必死のパッチ”に由来。メンバーは、中山義紘(30)、井上拓哉(24)、松井勇歩(28)、竹下健人(27)、三好大貴(28)、星璃(26)、吉本考志(28)、近藤頌利(26)、田中亨(21)、納谷 健(25)、尾形大吾(23)、藤戸佑飛(26)で、全員が関西出身。そんな彼らの特徴は、“ちょうどいい距離感のイケメン集団”。本格的な芝居を観せてくれる俳優プロ集団でありながら、オフモードは気さくでオチャメでかわいい等身大の若者たち。全く手の届かない妄想対象のスーパーアイドルではなく、かと言って安易に手が届くようなリア恋枠でもない。夢も見させてくれるし、応援して自分で育ててあげたい願望も叶えてくれる…まさに“ちょうどいい距離感”のイケメン演劇集団です。演劇活動以外にも、テレビやラジオなどのレギュラーも持ち、幅広く活動中で、今後さらなる飛躍が期待されています。

今回の『カンテレ×劇団Patchプロジェクト』第一弾となるのは、2020年12月に大阪のサンケイホールブリーゼで、2021年1月に東京の紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演する音楽朗読劇『マインド・リマインド~I am…~』。脚本は、『ハゲタカ』、『ウロボロス-この愛こそ、正義-』、『37歳で医者になった僕』、『LIAR GAME』、『任侠ヘルパー』など数々の人気ドラマを手掛けたTVドラマ界のヒットメーカー古家和尚。演出は、連続ドラマ『幽かな彼女』、『37歳で医者になった僕』、『グッドライフ』などのヒット連続ドラマをプロデュースし、舞台作品では、『それいゆ』、『はい!丸尾不動産です。』シリーズなどで演出を手掛けたカンテレの木村淳が務めます。
『マインド・リマインド~I am…~』は、近未来を舞台にしたラブ・サスペンス。ある特定の香りから、それにまつわる記憶が呼び起こされる‟プルースト現象”。本作品では“音にまつわるプルースト現象”をきっかけに、恋人に疑惑を持った男が現実と空想が交錯する世界に迷い込み、そこで衝撃の‟事実”に辿り着く…。美しい音楽と歌声で、より一層幻想的な空間を創り出す音楽朗読劇です。

演出・プロデュースを担当する木村淳(カンテレ)は、今回、劇団Patchとのタッグについて「‟エンタメコンテンツの地産地消”。本当の意味で関西発のエンタメコンテンツの発信をしたいと思いました。関西弁を話す役者でなく、ここに生きている役者たちと組みたかったのが協働を決めた理由です」と語り、劇団Patchの魅力については、「‟渇いていて、足掻いていて、ふぞろい”。しっかりとした表現力と、卓越した身体能力を有しているにもかかわらず劇団Patchは、未だ覚醒せず。逆に言えば、彼らにはまだまだ‟伸びしろ”しかない。そんな彼らのポテンシャルに惹かれて、その能力を開花させたいと思いました」とコメント。

劇団Patch

また、メンバーからも力強い意気込みコメントが到着!
中山義紘「縁が深いカンテレさんと劇団Patchの8(パッチ)周年に一緒に作品作りを行えることをとても嬉しく思います!劇団Patchの強みは、0から1を生み出せる人と、1を100に出来る人が揃っているところ。コロナ禍において、動きたくても動けずに悶々と日々を過ごし、ある種今回、猛獣の様な爆発力を持っている劇団Patchを縛り付けている鎖を壊し“行っておいで”と暴れるチャンスを頂けたような感覚で心が踊ります。8だらけの快進撃が始まります。無限大に末広がる未来を一緒に楽しみましょう!」

井上拓哉「これまでの8年間、泥臭い事を無我夢中でやってきました。偉そうですが言わせてください…やっと、世間の皆様が劇団Patchに気付いてくれる。そう、言い切れる程熱いパッションを持っている劇団Patchです。一度ハマると抜けられない沼に、常に泥臭い我々劇団Patchが導くので、楽しみにしていてください!」

松井勇歩「今までメンバー内での考えでいろんなことに挑戦してきたので、僕たちの発想とは違った、カンテレさんから見た劇団Patchの新しい一面が出てくるようなことがしてみたいです。デビュー当時からお世話になっているカンテレの皆さんと力を合わせて、必ず関西から演劇で日本を元気にしてみせます!」

竹下健人「8つながりですね。結成してからの劇団としての夢が、こうして実現する形となり、とても光栄です。正直、まだ夢じゃないかと思っています。関西を愛し、関西の素晴らしさを全国、いえ世界に発信していくという目標を掲げ、一緒に“おもろいもん”を“必死のパッチ”で作っていきたいです。これから先、僕たちの個性や強みはよりカラフルになっていく、そう信じています」

三好大貴「何をやっても上手くいかない。頑張りたくても頑張れない。未来が不安。そんな方々の支えになりたくて表現者を志しました。カンテレさんと劇団Patchが手を取り合い、高い熱量をもってお届けする当企画。少しでも誰かの力になれますように」

星璃「純粋にとても楽しみです!劇団結成8年を迎えてここから!という時にコロナ禍になり、正直とても残念でした。追い討ちをかけるように演劇がやり辛い状況にもなってきています。でもそんな時でも、そんな時だからこそ、皆さんに演劇やエンタメを届ける意味と方法はあると思います。カンテレさんとのコラボがその追い風になると確信しています!」

吉本考志「演劇はまだまだ世間や若者には認知が低いものだと思います。20代10代の子たちに“演劇という面白いものがあるんだよ”というのを教えてあげたい。そんな掛け橋になれる存在にしていきたいです」

近藤頌利「将来的に“大阪出身の俳優”といえば“近藤頌利”と言われるぐらい、大阪を代表する俳優になりたい!カンテレさんよろしくお願いします(笑)。冗談っぽく書いていますが、めちゃくちゃ本気です!」

田中亨「僕たち劇団Patchの1つのスローガンとして“明日も頑張ろうと思える作品づくり”というのがあります。今年は特に新型コロナウイルスの他にも、辛いことや苦しいことがたくさんあって、それでも前を向いて頑張って働いている人たちがいて、そういう人たちの後押しができるような応援団でありたいと思います。芸術の力を借り、カンテレさんとのコラボを通して、今まで頑張ってきて良かった、乗り切って良かったと思えるようなエンタメを長い時間をかけてお届けしたいと思っています」

納谷健「“関西・8・エンタメ”…考えられるだけでも、3つの大きな軸で結びつき、カンテレさんとPatch、エンタメ界に留まらず、社会に貢献出来る試みだと確信しました。それは、地域・業界を巻き込んで展開するエンタメづくりになり得ると思うし、大きな公演を打つことも一つのステップとして、お客さんを含め深い関係を築きたいです!」

尾形大吾「カンテレさんを通じて、劇団Patchをよりたくさんの人に愛してもらいたいです!愛してもらうからには、全力で、“必死のパッチ”で関西から全国へ演劇をお届けします!次はあなたの番ですよ!」

藤戸佑飛「悲しいニュースや、大変な時期を乗り越えて、劇団Patchが耐えに耐え、溜めに溜め続けたパワーをどのように爆発させるのか、ぜひ楽しみにしていてください!!」

カンテレ×劇団Patchプロジェクト 音楽朗読劇『マインド・リマインド~I am…~』の大阪公演は2020年12月26日(土)、27日(日)にサンケイホールブリーゼで3公演、東京公演は2021年1月28日(木)~31日(日)に紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで6公演を上演予定で、チケットの一般発売は10月31日(土)。
今後、毎週水曜深夜に放送中のイベント情報番組『ピーコ&兵動のピーチケパーチケ』(深夜1時25分~1時55分OA・関西ローカル)など、カンテレ番組にメンバーが出演する他、本日の始動から舞台が出来上がっていくまでのプロセスに完全密着する動画配信などもスタート。
関西のエンターテインメントを元気にする新たな展開に、ぜひ、ご期待ください!

劇団Patch プロフィール&コメント

中山 義紘(なかやま よしひろ)

「劇団最年長。おっさんと思春期の間で生きる、中山義紘です!!」
1990/2/23 兵庫県出身176cm 63kg (一期生)
【特技】ジャズダンス・柔軟・水泳
【趣味】お笑い番組を見ること、読書、ラジオを聴くこと
【出演】『大阪環状線~ひと駅ごとの愛物語~』(カンテレ)、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』、『あさが来た』、『スカーレット』(NHK)、ミュージカル「怪人と探偵」、こまつ座第125 回公演「どうぶつ会議」、ミュージカル「にんじん」

コメントを読む

井上 拓哉(いのうえ たくや)

「笑顔の感染源、井上拓哉です。僕が笑うと自然とまわりも笑顔であふれる、そんな人間です」
1995/11/7 兵庫県出身 172cm 52kg (一期生)
【特技】バスケットボール・書道
【趣味】野球観戦・カメラ
【出演】『大阪環状線~ひと駅ごとの愛物語~』(カンテレ)、『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』(NHK)、大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)、NHK連続テレビ小説『まんぷく』、『わろてんか』、『べっぴんさん』、『あさが来た』(NHK)

コメントを読む

松井 勇歩(まつい ゆうほ)

「自由に使える芸能人、劇団Patchの松井勇歩です。三度の飯よりべしゃり好き。喋る仕事はまず松井まで!」
1991/10/30 兵庫県出身 175cm 63kg (一期生)
【特技】サッカー・スポーツ全般・ツッコミ
【趣味】ランニング・バイク
【出演】科白劇 舞台『刀剣乱舞/ 灯』改変 いくさ世の徒花の記憶、舞台「憂国のモリアーティ」、舞台「野球」飛行機雲のホームラン~ HOMERUN OF CONTRAIL、舞台「黒子のバスケ」シリーズ、
【レギュラー】『2.5 次元ナビ!』(日テレプラス)

コメントを読む

竹下 健人(たけした けんと)

「どこまでも真っ直ぐ。あなたの心に正拳突き。
特技は空手です。人生の半分近くを道場で過ごし、空手は今の僕を形作ってくれました。一見物静かにみえますが、とても好奇心旺盛です。以後お見知りおきを」

1993/5/23 大阪府出身 175cm 57kg (一期生)
【特技】空手の型・殺陣
【趣味】空手・散歩・歌
【出演】連続ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジ系)、ドラマ10『女子的生活』(NHK)、連続テレビ小説『あさが来た』(NHK)、『ニッポンぶらり鉄道旅』(BSプレミアム)、音楽番組『SPICEMUSIC‒STRONG‒』(MBS)

コメントを読む

三好 大貴(みよし だいき)

「浪花の走るシンガー俳優、劇団Patch 1期生の三好大貴です!特技は短距離走。舞台袖にハケるのが誰よりも早く、撮影現場でもよくフレームアウトする系俳優」
1992/7/27 大阪府出身 180cm 58kg (一期生)
【特技】短距離走・ギター弾き語り・コーヒーコーディネーター(資格あり)
【趣味】料理・作詞・サウナ巡り・喫茶店巡り・イラストデザイン
【出演】舞台「はい!丸尾不動産です。~本日、家をシェアします~」、舞台「十二夜」、舞台「刀剣乱舞」維伝 朧の志士たち、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)、劇団間座旗揚げ公演「恋の虫」

コメントを読む

星璃(しょうり)

「劇団Patchのインテリ侍、星璃です!殺陣やアクションが好きで、今では劇団や劇団外でも殺陣をつけさせていただいています。そして、IQが165です(中学時代)!」
1994/3/24 京都府出身 177cm 63kg(一期生)
【特技】殺陣・小道具製作・MC
【趣味】サッカー・模写・縫い物・マリンスポーツ・カメラ
【出演】舞台「鬼滅の刃」、舞台「殿はいつも殿(しんがりはいつもとの)」、ENG「Second you sleep ~セカンドユースリープ~」
【レギュラー】『おはよう朝日です』(ABC)

コメントを読む

吉本 考志(よしもと たかし)

「伊根が産んだナチュラルオーガニックボーイ、吉本考志です。料理が得意で、どんなものも美味しく調理してみせます!メンバーの中でも群を抜いて猪突猛進型!失敗を恐れずに突き進みます」
1992/5/2 京都府出身 172cm 65kg (二期生)
【特技】節約料理・ゲテモノぐい
【趣味】動画編集、料理
【出演】ドラマイズム『スカム』(MBS/TBS)、ナイスコンプレックスプロデュース#3、舞台「12人の怒れる男」、『幕末グルメ ブシメシ!2』(NHK BSプレミアム)、ドラマ10『女子的生活』(NHK)
【レギュラー】『朝生ワイド す・またん!』(YTV)、『すもももももも!ピーチ♡CAFÉ』(YTV)

コメントを読む

近藤 頌利(こんどう しょうり)

「劇団Patchのお祭り男、近藤頌利です!お祭りが好きというより、盛り上げることが好きです。周りの士気を上げ、みんなをポジティブにすることを心がけています。そんな僕の元気が沢山の方に伝染するよう、熱い気持ちを持って生きています!」
1994/4/12 大阪府出身 184cm 73kg(三期生)
【特技】バレーボール(ポジション:ミドルブロッカー)・野球・水泳・跳躍
【趣味】野球観戦(阪神ファン)・三線・スキューバダイビング
【出演】舞台「RED&BEAR~クィーンサンシャイン号殺人事件~」、舞台「博多豚骨ラーメンズ」、舞台「メサイア」シリーズ、もののふシリーズ最終章「駆けはやぶさ ひと大和」、ハイパープロダクション演劇「ハイキュー!!」シリーズ

コメントを読む

田中 亨(たなか とおる)

「劇団Patchイチ、何考えているか分からない男、田中亨です。最近は目の前の情報が多すぎて処理が間に合わず、ボーッとしている時間が多く、自分でも何を考えているのか分からなくなる時があって困っています。2019年には劇団Patchの本公演で主演を演じました。今一番キテる後輩、田中、田中、田中亨です。よろしくお願いします!」
1999/2/15 大阪府出身 172cm 55kg (四期生)
【特技】ボクシング・水泳・長距離走
【趣味】映画鑑賞・料理・絵画・ドラム
【出演】『大阪環状線-Part3- ひと駅ごとのスマイル』(カンテレ)、桂米朝五年祭「喜劇 なにわ夫婦八景 米朝・絹子とおもろい弟子たち」、連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)、iaku「あつい胸さわぎ」、キャラメルボックス2018 サマーツアー「エンジェルボール」、TRUMP シリーズ最新作『COCOON 月の翳り星ひとつ』「月の翳り」編

コメントを読む

納谷 健(なや たける)

「劇団Patch4期生、納谷健(なやたける)です!劇団内・最小(162cm)の、ギャップ王子(自称)!!!
小柄ながら、テコンドー暦13年(黒帯)、アクションのキレと機動力、アクロバットなら任せとけ!!!
肉体派な経歴と裏腹に、絵を描くのが好き。インドアで旅行好きな、哲学的戦略家」

1995/8/7 大阪府出身 162cm 53kg (四期生)
【特技】テコンドー初段(暦13年)・ダンス・アクロバット・殺陣
【趣味】絵を描くこと
【出演】『猪又進と8 人の喪女~私の初めてもらってください~』(カンテレ・BSフジ)、舞台「十二夜」、舞台「七つの大罪 The STAGE」主演、舞台「DIVE!!」The STAGE!!主演、エン*ゲキ『絶唱サロメ』、舞台『刀剣乱舞』シリーズ

コメントを読む

尾形 大吾(おがた だいご)

「劇団Patchの個性派俳優、尾形大吾です。メンバーの中で1番優しい心を持った、天然ボーイです。
よく言われることを自己紹介に詰め込みました(笑)」

1996/11/10 大阪府出身 177cm 55kg (四期生)
【特技】空手・動画編集
【趣味】旅行・カメラ・ゲーム・YouTubeをみること
【出演】ナイスコンプレックスプロデュース「えんとつ町のプペル」、『デジタル・タトゥー』(NHK)、無名劇団 第31 回公演「プラズマ」、連続テレビ小説『べっぴんさん』(NHK)、『女たちの特捜最前線』(テレ朝)

コメントを読む

藤戸 佑飛(ふじと ゆうひ)

「劇団Patch4期生の藤戸佑飛です!歌うこと、おいしそうにご飯を食べることなら誰にも負けません!
あと、誰よりも大きな声が出ます!」

1994/7/20 京都府出身 173cm 70kg (四期生)
【特技】バスケットボール・歌・ゴスペル
【趣味】映画鑑賞
【出演】連続ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジ系)、アース製薬 presents 戦後74 年を飛び越えて「MOTHER マザー~特攻の母 鳥濱トメ物語~」、舞台「私のホストちゃん」シリーズ

コメントを読む

お問い合わせ

<チケットに関するお問い合わせ>

[大阪] ブリーゼチケットセンター

06-6341-8888(当面の間11:00~15:00)

[東京]キノチケットカウンター

03-3354-0141(10:00~18:30)

関西テレビ ページトップへ戻る