カンテレドラマらぼ

毎週木曜 深夜0:25~0:55

週末に向けて気持ちが浮き立ち始める木曜深夜。
そんな木曜深夜が毎週待ち遠しくなるような、わくわくするドラマをお届けします。

ラインナップ

『このミス』大賞ドラマシリーズ(2019年7月4日~放送中)

『このミス』大賞ドラマシリーズ

未だかつてないミステリードラマシリーズが幕を開ける!
宝島社が、新たな時代のミステリー&エンタテインメント作家・作品の発掘・育成を目的に、2002年に創設した新人賞、『このミステリーがすごい!』大賞。これまで、第153回直木賞を受賞した東山彰良氏や、第15回大藪春彦賞を受賞した柚月裕子氏、累計1000万部突破の『チーム・バチスタの栄光』シリーズの海堂尊氏などの作家を輩出しており、多くの作品が映像化されている。
『このミス』大賞ドラマシリーズでは、同賞の第16回までの関連作品から「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう」(山本巧次・著 ※原作タイトル)、「死亡フラグが立ちました!」(七尾与史・著)、「連続殺人鬼カエル男」(中山七里・著)の3作品、 第17回『このミステリーがすごい!』大賞のU-NEXT・カンテレ賞サプライズ受賞「名もなき復讐者 ZEGEN」(登美丘丈・著)、2019年10月発表予定の第18回『このミステリーがすごい!』大賞のU-NEXT・カンテレ賞受賞作の、計5タイトル、40エピソードを制作します!

番組ページはこちら

ミナミの帝王ZERO(2019年4月25日~6月27日 / 全10話)

ミナミの帝王ZERO

大阪・ミナミを舞台にした人気漫画「ミナミの帝王」 (原作:天王寺大、萬画:郷力也 週刊漫画ゴラク連載中)の主人公・「金貸し萬田銀次郎」が誕生するまでの物語を、BOYS AND MEN・小林豊主演でドラマ化!主人公・萬田銀次郎は、大阪ミナミの金貸しとして、借金はどんな手を使ってでも取り立てることから、貸し倒れ(貸した金を回収できなくなること)にあったことがなく、「ミナミの鬼」と恐れられている人物。このドラマでは、銀次郎がどのような生い立ちで、なぜ「ミナミの鬼」とまで呼ばれるほどの金貸しになったのかが明かされる。まさに、「ミナミの帝王」の原点となるドラマ。
銀次郎の人格形成に多大な影響を与えた両親や、初恋の女性、銀次郎を金融スペシャリストに育て上げた人物などが登場する。 銀次郎が幼い頃、父親は悪徳商事の社長の罠にはまり自殺に追い込まれ一家は転落。落ちるところまで落ちた銀次郎は、ある老人に助けられる。彼が組織した金融・IT・語学など様々な分野に長けたスペシャリスト集団「チーム銀次郎」から教育を受け、壮大な復讐を企てる。

番組へのメッセージ

関西テレビ ページトップへ戻る