白夜が院長の末期がんに立ち向かう!赤ちゃんが消えた!?CDTが挑む妊婦のナゾ!浜辺美波からコメント到着!

トピックス

2022.3.7

白夜が院長の末期がんに立ち向かう!
赤ちゃんが消えた!?CDTが挑む妊婦のナゾ!
浜辺美波からコメント到着!

先週放送の第7話では、麻里亜(瀧本美織)が元恋人の伊勢崎隼人(時任勇気)と偶然再会。かつてのダメダメ彼氏が優しいエリートに変貌を遂げ、麻里亜は“運命の再会”なのではと心をかき乱される。一方、佐久間(高橋文哉)は、周囲に踊らされ、白夜が自分に気があると勘違い。しかし、白夜が好意を持っているのは将貴(柄本佑)だと分かり、告白もせずあっさり失恋。夏樹(勝地涼)や西島(片桐仁)から、「かませ犬」「踏み台」「ピエロ」などと揶揄され残念な展開に…。
さらに、「もうすぐ殺される」「ずっと何もない部屋にいて医療の情報だけ与えられた」と、衝撃の事実をすべて将貴に明かした白夜。その白夜を守るため、将貴は、謎を握るキーマン・勇気(毎熊克哉)に連絡を取り真実を話すよう迫る。すると、勇気は“Rh null(アールエイチナル)”とだけ記された1枚のメモを渡し、「これがすべてのカギだ」と告白する。それは、ゴールデンブラッドと呼ばれる希少血液のことだった。
このラストに登場したキーワード“Rh null”とは一体何なのか。さらに、麻里亜と勇気の父であり、院長の巌(石坂浩二)がステージ4の末期がんで根治不能という事実も明かされるなど、最終章に向けさまざまな伏線がはられる緊迫の展開となった。
今夜放送される第8話は、巌が余命わずかだと知った白夜は、寝る間も惜しんで治療法を模索。そんななか、CDTはある患者の子宮内にいたはずの胎児が消えたと相談を受ける。そして、将貴は、白夜の正体に通じる手がかり“Rh null(希少血液)”を探るため、ある行動に出る!
複雑な“協議診断”、“白夜のナゾ”、そして“巌の生死にまつわるストーリー”と最大の山場を迎える第8話にぜひご期待いただきたい。
豊富な医療知識だけを持ち、ある日突然現れた正体不明のナゾな女性・白夜。難役を演じてきた浜辺からコメントが到着した。

コメント

浜辺美波
Q物語も終盤を迎えました。今、白夜を演じていて思うことをお教えください。
白夜は第1話で自分の感情に鈍感なところから始まっていますが、物語が進むにつれ将貴や晴汝、CDTのメンバーに触れ合うことで成長したなあと思います。
Qこれまでの放送を終えて、周囲の人の反応はどうですか?
弟に感想を聞きました。『面白いにょ。友達がねぇねぇのことを可愛いと言ってた。小手伸也さん格好良い。柄本佑さん沁みる』とのことでした。姉のドラマをちゃんとみている弟だとは思っていなかったので感激しました。父と母と皆で観ているそうです。
Q最近の撮影現場でのエピソードがあればお教えください。
瀧本美織さんと私はいわゆる極度のゲラで、本番が始まり笑ってはいけない、という環境にすごく弱く、よく笑いを堪えきれず吹き出します。CDTのメンバーは特に面白い方ばかりなので、かなり笑い虫に負けてしまう確率が高いです。そこで最近は佑さんや努さんに背中をバシッと叩いてもらうという対策法を編み出しました。かなり有効的です。
Q8話の見どころ、視聴者へのメッセージをお願いします。
『それ、誤診にしてみせます』今までとは違う発言を放つ第8話は、白夜にとって大きな変化がある回です。最終回へと繋いでいく感情が白夜の中に根っこのように紡がれます。さらに見逃せない回になっていると思いますのでぜひご覧下さいませ。