いよいよ今夜第7話!白夜がついに過去を語り出す!将貴&淳平、白夜&晴汝の銭湯シーンも必見!

トピックス

2022.2.28

いよいよ今夜第7話!白夜がついに過去を語り出す!
将貴&淳平、白夜&晴汝の銭湯シーンも必見!

今夜放送される第7話は、仕事一筋で、長らく恋愛から遠のいている麻里亜(瀧本美織)が、偶然、元恋人の伊勢崎隼人(時任勇気)と再会。交際当時は職なし、モラハラ、浮気性と最低最悪な彼氏だったが、今は起業して投資会社のCEOだという隼人。麻里亜は、ダメ男からエリートに変貌を遂げた元カレとの再会に胸の高鳴りを覚えて…麻里亜、幼なじみの将貴(柄本佑)に白夜も加わり、恋の波乱が!?また、体調不良を訴えて受診したものの、原因不明で各科をたらい回しにされている隼人はおかしな症状が続き…CDTも困惑。隼人が翻弄される想像を超えた病名とは、いったい何なのか?
また、前回の放送で「次の誕生日までは生きられない。そう決まっているんです」と衝撃の告白をした白夜。今回、幼い頃からの記憶を将貴に少しずつ語り出し、豊富な医療知識を持ち合わせる謎が明らかになる。
その“白夜の謎”を将貴とともに追うのが、宮田俊哉演じる刑事の淳平。ドラマでは、将貴、麻里亜、淳平という“中学時代の同級生コンビ”の仲の良い“3ショット”がたびたび描かれる。麻里亜に「淳平、なんか刑事っぽーい」といじられ、淳平が「だから、俺は刑事だからな!」と、ツッコミあうシーンには「同級生シーン最高。ほっこりする」などと、SNS上でしばしば話題に。また、将貴の妹・晴汝(岡崎紗絵)に思いを寄せる淳平の本気とも冗談ともとれる態度には、「かわいい」「やりとりに癒される」と声があがっている。
第7話では、将貴から麻里亜への密かな思いのほか、白夜の“恋煩い”や淳平から晴汝への恋心も本格スタート!?
また、自宅の給湯器が故障し、将貴と淳平、晴汝と白夜の4人が銭湯に行くことに。それぞれ男湯、女湯に分かれ、広い銭湯で温まる、リアル“ほっこりシーン”も!
宮田が登場することで、医療ドラマならではの緊迫したシーンが続くドラマの中に、ほっこりとしたちょうどよい間が生まれているが、今後ドラマ終盤にかけ、その“ほっこり感”は残しつつ、刑事としての本領が発揮され、その精悍でかっこいい姿が描かれていく予定だ。