11月27日(土)

今回の出演者

岐洲匠

岐洲匠

ストーリー

久しぶりに寄った書店で知り合い、元カレから付きまとわれる私を守ってくれた岐洲さん。デートに誘ってOKの返事をくれたのに、何故か「次で会うのはもう最後にしてくれませんか?」との言葉…真意が気になりながらもデート当日を迎える。紅葉狩りに出掛ける車中では相変わらず文学の話ばかりで、太宰治や夏目漱石に話題を独占されてしまう。紅葉の絶景の中で、ふと私はあの言葉の意味を彼に尋ねた。「私のこと、嫌いですか?」その問いに彼は「違います」「自分のことを知られれば知られるほどつまらないと思われるのが嫌で…」と答え、自信の無さから出た言葉だったと知る。月明かりの下でベンチに座りながら、彼は「月が綺麗ですね」と繰り返す。私は「何回同じこと言うんですか?」と笑うと、彼は「夏目漱石の引用で、彼は『I LOVE YOU』を『月が綺麗ですね』と訳したんですよ」と告白する。私は、こんな場面でも文学をなぞらえてくる彼に笑みを向けながら、「私も月がすごくすごく綺麗だと思います!」と返した。
岐洲匠
岐洲匠
岐洲匠

先週のクイズと答え

岐洲さんとの週末デートで向かった先とは?
(3)紅葉狩り