世界の村のどエライさん

毎週月曜 よる10:00~10:54

6月4日(月)

ゲスト

梅沢富美男、鈴木奈々 / 北斗晶、松岡茉優

ロケリポーター

水野裕子

番組内容

常夏の楽園・フィジーの「どエライさん」は日本人!カカオの栽培で村を復活させた最高級チョコレートの味は?

常夏の島・フィジー共和国に、あるスイーツで村を復活させた「どエライさん」がいると聞き、水野裕子が訪ねていく。フィジーは毎年75万人の観光客が訪れ、トム・クルーズやマドンナらセレブもバカンスにやってくる南国の楽園。2017年と18年には世界幸福度調査(米国の世論調査会社ギャラップ・インターナショナルとWINによる共同調査)で1位にも輝いているが、国民が語るその理由とは…?

そして、うわさのどエライさんについて現地で調査を進めると、チョコレートを作っている「ズコシ」という人物の情報が。そこで水野がチョコレート工場を訪問すると、そこにいたのは図越智仁さんという54歳の日本人だった!図越さんは現地の人々が放置していたカカオに目をつけてチョコレート作りを始め、村を再生させた人物。なぜ図越さんは日本を遠く離れたフィジーでチョコレート作りに専念することになったのか?

図越さんに連れられて水野が到着したのはナブニイビ村という人口160人の村。しかし村に入るにはセブセブという儀式を受けなければならない。カバという茶色く濁った液体が水野の前に差し出されて…。その後、苦労してカカオファームにたどり着いた水野は、カカオの実を生で味わったり、チョコレート作りの工程を体験したりする。

スタジオには図越さんが作っているフィジー産のチョコレートが登場。カカオ100%、72%、ホワイトの3種類を食べ比べた松岡茉優の感想は?

また、世界の街で「今スゴイと思う日本人」を大調査するコーナー「今この日本人がスゴイ!」ではアメリカのニューヨークを訪問。ニューヨーカーが認める“スゴイ日本人”をランキングで紹介!どんな人物が登場するのか?

関西テレビ ページトップへ戻る