世界の村のどエライさん

毎週月曜 よる10:00~10:54

5月7日(月)

ゲスト

佐藤仁美、眞鍋かをり

ロケリポーター

庄司智春

番組内容

ほとんどの人が知らない!?未知の楽園・ニウエに庄司智春が初上陸!国民たちだけでなく首相にまで尊敬される、日本人のどエライ人物とはいったいどんな人?

1974年に誕生し日本では2015年に国家として承認されたニウエは南太平洋の孤島の国。ポリネシアの岩と呼ばれ、人口は1500人程度で、面積は大阪市とほぼ同じという小さな国で、お隣のニュージーランドで聞いても知らない人が多い。そんな手つかずの自然が残る未知の楽園であり、日本にとって一番新しいこの国を庄司智春がリポートする。

ハナン国際空港に到着した庄司をニウエの人たちはダンスとハグでお出迎え。ニウエの人たちはとても人懐こく、偶然出会った男性が自分の車で庄司を案内してくれるほど親切。この日はイースターで、多くの国民が集まっていた式典に庄司も飛び入りで祝辞を述べることになるが、おなじみの「ミキティー!」の叫び声にニウエの人たちの反応は?

芝刈りを生業としているザックさんに案内されて洞窟を潜り抜けていくと、その先に広がっていたのはコバルトブルーの海。あまりの透明度に庄司は驚きを隠せない。ザックさんは森に高級食材をとりに行くというが、ココナッツの実を仕掛けて獲る、絶品食材とは?

庄司がこの国の“どエライさん”を聞いて回ると、住人はもちろん首相までもが「タイイチ・フォックス」という人物の名を挙げる。庄司が訪ねて行くと、先方から「日本の方ですか?」という流暢な日本語が。なんと彼は和田・フォックス・泰一さんという38歳の日本人だった。彼はニウエで寿司店を経営していて店も繁盛しているらしい。しかしなぜ彼はこの国で寿司店を開くことになったのか、そしてニウエの人たちに尊敬されている本当の理由とは何か?

ほか、世界の街で「今スゴイと思う日本人」を大調査する「世界の街で聞き込み!今この日本人がスゴイ!」企画も展開。今回、イタリア・ミラノで調査すると著名な日本人を抑えて、現地で活躍する日本人がランクイン!日本ではほとんど知られていない、ミラノっ子がスゴイと思う日本人とは!?

関西テレビ ページトップへ戻る