世界の村のどエライさん

毎週月曜 よる10:00~10:54

※今回の放送は、午後10:15~11:09です。

4月16日(月)

ゲスト

遠藤憲一、鈴木奈々

ロケリポーター

大倉士門

番組内容

アマゾン川流域の村・アフアーに日本のバラエティー番組として初潜入!
リポーターの大倉士門は高さ30mの高木になるミラクルフルーツ・アサイー採りに挑戦。別れの港で大号泣!

日本から約1万8千㎞、アマゾン川の流域にあるブラジルのアフアーに、日本のバラエティー番組として初潜入する。
日本から2日間かけて現地に向かったレポーターは、現在モデルやタレントとして人気急上昇中の大倉士門。

空港からアマゾン川の港に着いた大倉は、アマゾン川の意外な様子を見て驚くが、果たして何に驚いたのか?
そこから船で移動して到着したアフアーは、兵庫県ほどの広さがあるうち居住区は1%未満程度で、大部分はジャングルに囲まれている。

この村の特徴は、自動車をはじめとするエンジン付きの乗物が法律で禁止されていること。それというのも、アマゾン川が氾濫した時の対策に村全体が木製の高床式になっていて、道路も木製で、自動車の重さに耐えられないからなのだ。
村には自転車を2台つなげた「ビシータクシー」が多く走っており、大倉もこれに乗って移動する。

アフアー1人目の「どエライさん」は、日本でもミラクルフルーツとして人気のアサイー採りの名人・シルバさん。
その顔を見た瞬間、大倉はある日本の大物演歌歌手に似ていると指摘し…。

アサイーは黒い宝石とも呼ばれ、村の大きな収入源になっているが、実がなるのは高さ30mほどもある木の上。
シルバさんは「ペコーニャ」というタオルを丸く巻いたような道具を使うのだが、どうやって使うのか?
さらに運動神経に自信のある大倉もアサイー採りに挑戦するが、果たして30mの高木に上ることができるのか?

2人目の「どエライさん」は、ある動物を保護しているルイスさん。その動物が大好きだという大倉も驚くほどの数がいるが、何の動物なのか?

3人目の「どエライさん」はアンナさんという女性。
彼女はビンゴ大会を主催していて、賞品はお弁当やお菓子など決して豪華ではないが、非常に多くの人が集まってくる。
大悟も「アンナさん、すげえな」と感動するが、一体アンナさんはどんな「どエライさん」なのか?

VTRのクイズでは、ゲストの遠藤憲一や鈴木奈々からも珍解答が続出。
また絵で解答する問題では、山崎育三郎の意外な“画伯”ぶりが明らかになる。
そして旅の最終日、村の人々が港に見送りに来て、大倉は大号泣!それを見た鈴木もつられて大号泣…?

関西テレビ ページトップへ戻る