Topics | DIVER-特殊潜入班-

毎週火曜 よる9時

09

TOPICS

9月29日(火)野村「自分がどんな役なのか…言えないことが多すぎる!
とにかく最後まで見て!」

山口真帆、福士蒼汰

第2話の“潜入捜査”の舞台はエリート大学!福士蒼汰&野村周平が大学生に!

福士蒼汰が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系火9ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』の第2話が今日よる9時から放送される。福士が演じるのは、さまざまな犯罪組織に入り込む“潜入捜査”によって機密情報を得る特命の捜査官、黒沢兵悟(福士蒼汰)。今回潜入するのは、大学のあるグルメサークルだ。兵庫県警の管内で5人の女子大生が相次いで自殺しており、その共通点が、このグルメサークルの所属だと判明。黒沢は大学生になりすまして、サークルの実態を調べていく。

福士蒼汰VS野村周平 迫力のアクション!
野村は自身の役どころについて「言えません」

野村演じる佐根村将は、D班を組織した阿久津(りょう)の誘いにより、海上自衛隊を辞め、D班のメンバーに加わることに。伊達(安藤政信)は、ともすれば危険なことをしかねない黒沢の見張り役に佐根村をつけるも、それを知らない黒沢は尾行に気づき「お前は何者だ!」と佐根村に殴りかかる。
予告映像として公開されているこの福士・野村の乱闘シーンは「2人のぶつかり合いがかっこいい」「ドキドキします!」とSNS上でも注目を集めている。このアクションシーンについて、野村は「福士くんは背が高いので、対峙(たいじ)したときに、腕を高く振りかぶらないなど、動きの制約が多くて大変でした」と振り返る。「実際にはもちろん顔にパンチを当てられないので、1歩手前にしなきゃいけない。にも関わらず、その動きを大きく見せないといけない。さらにトイレという狭い空間での殴り合いなので、よりリアルに、ダイナミックに見せられるようにするにはどうしたらいいだろうと考えながら演じました」と、このシーンへのこだわりを語った。
そんな野村が演じる佐根村の役どころについて尋ねると 「僕の役どころは、いろいろな背景があるので今は詳しく言えないんですよね。元海上自衛官で、ある真相を追い求めてD班に入った。そこまでしか言えない。あとは4話・5話までしっかり見ていただきたいです」ときっぱり。しかし「その言えない部分におもしろさがある」と言い「『いろんな形の正義があるんだ』ということを感じながら見ていただきたいですね」とメッセージを込めた。

不敵な笑みを浮かべる疑惑のサークルリーダーに鈴木仁、女子大生役に山口真帆

第2話の中で、疑惑のグルメサークルの主宰者・小野原光生を演じるのは、俳優・モデルとして活躍する鈴木仁。今回の役では、さわやかなルックスの中に、真意の見えない不敵な笑みをのぞかせる。
役作りについて鈴木は「外面と中身の差がすごい人物だなと思いました。だからこそ、いたって普通の人間でいようと心掛け、内側から見えてくる小野原の素性を大切にしようと思いました」とコメント。対峙する黒沢役の福士に対しては「大学生としてその場になじんでいました。でも、隠しきれない福士さんのオーラは感じながら、目の前で演説させていただきました」と印象を語った。「謎のサークルに謎のリーダー。表と裏の顔を探りながら楽しんでいただきたいです」と見どころを語った。

また、大学キャンパスで黒沢に声をかけ、サークルに誘い込む女子大生・井川エリを山口真帆が演じる。
山口は「エリは親しみのある女の子として演じました。でも・・本当のエリを最後まで見ていただければと思います」と意味深なコメント。「福士さんには、演技についてもいろいろと教えていただき、優しく、面白く、ご自身の考えや目標がしっかりある、尊敬できる方だなと思いました。素敵な共演者の中で本当にいい経験ができました」と撮影について振り返り「最後の最後まで、本当に見逃せないドラマです!ぜひご覧ください!」とアピールした。

大学生たちの心に潜む深い闇、そしてその先にある謎を暴いていく『DIVER-特殊潜入班-』第2話は今日よる9時スタート!

WHAT'S NEW

関西テレビ ページトップへ戻る