Topics | DIVER-特殊潜入班-

9月22日(火)よる9:00スタート 初回15分拡大
毎週火曜 よる9時

05

TOPICS

8月25日(火)「DIVER-特殊潜入班-」で
Aぇ! group / 関西ジャニーズJr. 正門良規が新人刑事役に挑戦!

正門良規

2020年9月22日(火)放送スタート!
初回15分拡大決定!


俳優の福士蒼汰が主演として初のダークヒーローを演じる、カンテレ・フジテレビ系新火9ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』に、関西ジャニーズJr.でAぇ! groupのメンバーとして活躍中の正門良規の出演が決定した。

この作品は、集英社が発行するコミック雑誌「グランドジャンプ」で連載していた人気漫画「DIVER-組対潜入班-」(作・大沢俊太郎)が原作。福士蒼汰演じる主人公の黒沢兵悟は、かつては警察も手を焼くほど巧妙な手口を考え出す犯罪者だったが、その異常なIQ・判断力・身体能力が認められ、「潜入捜査チーム(通称D班)」の一員となる。その仕事は、様々な犯罪組織に潜入して情報や証拠をつかみとる、ともすれば命を落としかねない特殊捜査だ。D班は、りょうが演じる兵庫県警本部長・阿久津洋子が結成した秘密組織。そんなD班の班長である、安藤政信演じる伊達直哉が所属する兵庫県警組織犯罪対策課の若手刑事、上島哲也(うえしま・てつや)役を正門が演じる。すでに発表されている、正名僕蔵が演じる課長・鏡光一(かがみ・こういち)、中山義紘演じる組織犯罪対策課の若手刑事・大山崇(おおやま・たかし)とともに、事件に立ち向かっていく。

今注目のアイドルグループ・Aぇ! group 正門良規が、若手刑事役に挑戦!

正門は、関西ジャニーズJr.・Aぇ! groupのメンバーで、グループ内では得意のギターを担当。その優しい雰囲気で人気を集めている。さらに、2019年には『恋の病と野郎組』(BS日テレ)、連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)、2020年には『年下彼氏』(朝日放送テレビ)に出演するなど、俳優としても活躍の場を広げており、その定評ある演技から今回のドラマ出演が決定した。グループとして初冠レギュラー番組『なにわからAぇ! 風吹かせます!』(カンテレ)では、毎回過酷なロケに挑み、関西発の笑いも獲れるアイドルグループとして人気を得ている。

ドラマ出演決定はマネージャーからサプライズ報告!?「マネージャーから“痩せて”って言われて…(笑)」

正門は、ある日突然マネージャーから「痩せてほしい」と連絡があったといい、「そんなに太ったかな!?と思って頑張ってダイエットしました。すると後日、『DIVERに出演が決まりました!』と言われて、『だからか!』と分かったんです」と、サプライズで出演決定を聞かされたと明かす。「驚きと、うれしさと、いろんな気持ちがありました」と話す正門だが、刑事役として事件に向かうシーンが多く、現場では緊迫したムード。撮影初日も、犯罪組織の家宅捜索に踏み込むシーンの撮影からスタートした。「いきなり事件に立ち向かう警察官の演技をするのは、すごくドキドキしました。『少年たち』という舞台で、僕は囚人役をやっていたんですが、取り押さえる看守役の人たちの仕草を見ていたので、今回のドラマに少しは活かせたかな、と思います。捕まえられる側から捕まえる側になりました(笑)」と、過去の出演舞台での経験が役作りにつながった様子。
さらに、今回のドラマは兵庫県神戸市が舞台で、神戸市内をはじめ関西での撮影が続く。大阪出身で関西ジャニーズJr.として活躍する正門は、「関西から全国を盛り上げていきたいと思っているので、関西を拠点に撮影している全国ネットドラマに携われることがとてもうれしいです。“あ、あの場所や!”って思いながら撮影現場に向かっています」と関西での撮影を楽しんでいる。

ドラマ撮影現場でも息ぴったりの兵庫県警組織対策課のメンバー
正名「正門さんは、妙に頼りになるなと感じます」 中山「正名さんと3人で熱くお芝居の話をしています」

正門演じる上島の上司・鏡課長役の正名僕蔵について、正門は「正名さんは、本当にムードメーカーで、正名さんが来て下さったら、現場の雰囲気が明るくなります!」とコメント。さらに、正名に演劇論を教わることもあると話し、「本当にありがたいです。これまで積み重ねてこられた経験を教えてくださるなんて。授業料を払わないといけないんじゃないかというくらいの内容を教わりました。そのお話を聞いて、演技をする上で考えることが増え、視野が広がったなと思います」と感銘を受けた様子。正名も、正門について「正門さんはすごく若いんだけど、大人っぽいところがありますね。人生経験を積んできたような落ち着きがあって、妙に頼りになるなと思います」と話す。
また、同じ兵庫県警組織対策課の若手刑事・大山を演じる中山義紘については、「役柄ともリンクする部分があるんですけど、中山さんは先輩として引っ張っていってくれています。僕はどちらかというと人見知りなんですが、話しかけてくださって、休憩中もよく話しています」とコメント。中山も、正門について「以前、お互い『スカーレット』(NHK)に出演していたんですが、共演シーンがなかったので、現場で会ったとき“あのシーンに出てましたよね!”と、盛り上がりました(笑)。正門君はすごく真面目で、芝居に対する熱を感じます。正名さんと3人で熱くお芝居の話をしたりしています」と、息ぴったりの3人の様子を明かした。

最後に、正門は「スピード感もあって面白いドラマなので、是非楽しんでほしいです。スカッと楽しんでもらえる5週間になると思います!D班ももちろん、組織対策課の雰囲気も楽しんでいただきたいです。クスっと笑えるシーンや、アクションシーンも楽しんでいただければうれしいです!」とドラマの見どころをアピールした。

新火9ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』は9月22日(火)よる9時、カンテレ・フジテレビ系全国ネットでスタート!
さらに初回15分拡大決定!本当の悪とは、正義とは何かを問いかけるノンストップサスペンスが幕を開ける!

あらすじ

舞台は兵庫県神戸市。急増する犯罪組織に対抗するため兵庫県警に秘密裏に設けられた「潜入捜査」チーム」があった。通称「D班」と呼ばれ、悪の組織に潜入する“DIVER(ダイバー)”たち。命を落とす危険と隣り合わせの仕事だ。
「最強の潜入官」と呼ばれる捜査官・黒沢兵悟(福士蒼汰)は、犯罪者逮捕のためには仲間をもだまし、多少の犠牲もいとわない冷酷非道な「最凶の男」。七変化しながら悪に近づき、悪に手を染めながらも、自身の正義で悪を駆逐する。
とある真相を追うためにD班の一員として潜入捜査に挑む佐根村将(野村周平)。潜入捜査の指揮をとる伊達直哉(安藤政信)。そしてその特殊潜入捜査チーム「D班」を招集した県警本部長・阿久津洋子(りょう)の真意とは。

“正義”とは、“悪”とはいったい何なのか!? 予想を裏切るノンストップサスペンスが幕を開ける!

関西テレビ ページトップへ戻る