チャリティ

FNSチャリティキャンペーン

FNSチャリティキャンペーン 第46回支援プロジェクト ウガンダ共和国

FNSチャリティキャンペーンは2020年度
モザンビーク共和国の子どもたちを支援します。

FNSチャリティキャンペーンは、1974年から支援活動をスタートしました。関西テレビをはじめFNS28社がユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)を通じて、世界の子どもたちへの支援を続けています。

モザンビーク共和国とは?
アフリカ大陸の南東部にある世界最貧国のひとつで、天然ガスなどの資源に恵まれ、今後の経済成長が期待されていますが、その恩恵は多くの人に届いていません。国民の約半分が国際貧困ライン(1日約200円)以下で生活しています。人口の大多数が天候に依存する自給自足の農業を営む中・北部の農村地域では開発が遅れており、貧困層が多くなっています。

モザンビークの地図

【自然災害】
モザンビークはアフリカで3番目に自然災害のリスクが高い国とされています。2019年は過去最大級の大型サイクロンの影響を2度も受けました。サイクロン「イダイ」は3月にモザンビーク中部を襲い、東京都に匹敵する面積が洪水に見舞われ、80万ヘクタールの農地が被害を受けました。4月には北部に「ケネス」が直撃しました。以降、コレラやマラリアなどの罹患リスクが高まりました。食料難による栄養不足も重大な課題です。2019年12月時点で50万人以上もの人々が損壊した家屋などでの生活を余儀なくされ、10万人近くが自宅を離れ、避難しています。
一方、アフリカ南部の広い範囲で、降水量がここ30年間で最低を記録しており、モザンビーク南部でも深刻な干ばつに見舞われている地域があります。

ユニセフは、サイクロンの被害を受けた子どもたちと家族に人道支援を提供し、安全な飲み水、食糧、医療ケアを提供するなど、緊急・復興支援を行っています。

【栄養】
モザンビークでは日常的に栄養を十分に取れない慢性栄養不良の改善が過去15年間ほとんど見られず、5歳未満の子どもの43%がその状況下にあります。人口の8割超が農業に従事していますが、天候に依存した農業生産は干ばつや洪水などの影響を受けやすく、凶作による食料難も理由のひとつです。不衛生な環境によって下痢疾患に陥りやすいことも理由にあげられます。乳幼児期の栄養の不足や偏りも一因です。命を守る母乳育児は6ヶ月未満の乳児のうち半数以下であり、バランスの取れた栄養摂取ができている生後6ヶ月から2歳の乳幼児の割合も13%以下にとどまっています。

ユニセフは、保健施設が不足するコミュニティでも子どもたちを守れるように、栄養治療食の提供や研修を受けた保健員の配備を進め、栄養不良の予防、早期発見、治療に向けた取り組みを進めています。

【母子保健】
現在でも毎日5歳未満の子ども320人がマラリアや呼吸器感染症、下痢などの予防や治療が可能な病気で命を落としています。子どもの死亡は新生児が3割以上を占めています。栄養不良、マラリア、HIV/エイズが子どもの病気や死亡に深刻な影響を及ぼしています。

ユニセフは、すべての子どもたちが十分な保健ケアを受けられるよう、地域レベルで保健所を設け、命を守る医薬品やワクチンなどを配備し保健従事者を育成しています。

募金口座のご案内

*日本ユニセフを通じての募金は寄付控除の対象となります。領収書の必要な方は、事前に下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ】

TEL:06-6314-8888(代表)
放送文化推進部 FNSチャリティキャンペーン担当(平日10:00~18:00)

第47回FNSチャリティキャンペーンについてのご報告

実績 募金額(円)
4月度 関西テレビ放送からの寄付 109,849
4月度 一般の方からの募金 23,384
5月度 関西テレビ放送からの寄付 92,475
5月度 一般の方からの募金 32,000
6月度 関西テレビ放送からの寄付 134,734
6月度 一般の方からの募金 73,418
合計 465,860

皆様の温かいご支援に改めて心より感謝申し上げます。

関西テレビ ページトップへ戻る