チャリティ

FNSチャリティキャンペーン

FNSチャリティキャンペーン 第46回支援プロジェクト ウガンダ共和国

FNSチャリティキャンペーンは2019年度
ウガンダ共和国の子どもたちを支援します。

FNSチャリティキャンペーンは、1974年から支援活動をスタートしました。関西テレビをはじめFNS28社がユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)を通じて、世界の子どもたちへの支援を続けています。

ウガンダ共和国とは?
ウガンダは、東アフリカに位置する赤道直下の内陸国で、かつて英国のチャーチル首相が「アフリカの真珠」と呼んだことでも知られる、山、川、湖、滝に加え、多様な動物が生息する大自然に富む国です。面積は日本の本州とほぼ同じ約24万平方キロメートル、人口は41,488,000人です。18歳未満の人口の割合が、世界で2番目に高い国で、総人口の半数以上が子どもです。人口の年間増加率は3%超で、2050年までには、人口は約2.5倍、1億人に達すると見込まれています。

【子どもの保護:児童婚】
女の子と女性の権利の侵害である児童婚は、ウガンダにおいても最も深刻な社会問題の一つです。幼くして結婚する女の子は、貧困家庭の出身であることが多く、学校を退学し、家庭内暴力に苦しみ、HIV/エイズに感染し、妊娠期や出産時に合併症で亡くなる、といった確率がより高まります。児童婚はまた、経済に損害を与え、貧困の世代間連鎖につながります。
ウガンダは、婚姻可能な年齢が男女とも18歳と定められていますが、20歳から49歳の女性の半数、約300万人の女性は18歳を迎えるまでに結婚し、10代の女性の4人に1人が妊娠や出産を経験しています。児童婚の割合は、都市部より農村部、地域的には特に北部が高く、45%の女性が15歳から17歳の間に結婚をしています。
児童婚の背景には、紛争などの緊急時(親族とのネットワークの途切れ、トラウマや損失、学校へのアクセスがなくなるなど)、農村部における社会的慣習(社会的義務、未婚状態での妊娠のリスク回避など)、経済的要因(生家の貧困、婚姻による収入など)等があります。
国際社会は、児童婚や女性性器切除(FGM)など、あらゆる有害な慣習を撤廃するという目標をSDGs(持続可能な開発目標)に含めることで、児童婚を終わらせることへの強い決意を表明しています。

【子どもの保護:エイズ孤児】
ウガンダは、HIV/エイズの感染拡大に伴う対策が成功した国として知られていますが、現在でもエイズが原因で両親や片親をなくした子どもは300万人以上にも及びます。HIV/エイズが原因で貧困に陥ったり、学校を中退したり、兄弟姉妹の多い世帯の場合は、年長の子どもが弟や妹の世話に加え、家計を担う状況に陥る場合もあります。

ユニセフはウガンダ政府とともに、児童婚の撲滅やHIV/エイズ対策に取り組み、また、『栄養』、『保健』、『水と衛生』、『子どもの保護』、『教育』などの分野でも支援活動を進めています。

募金口座のご案内

*日本ユニセフを通じての募金は寄付控除の対象となります。領収書の必要な方は、事前に下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ】

TEL:06-6314-8888(代表)
放送文化推進部 FNSチャリティキャンペーン担当(平日10:00~18:00)

第46回FNSチャリティキャンペーンについてのご報告

実績 募金額(円)
4月度 関西テレビ放送からの寄付 114,653
4月度 一般の方からの募金 2,100
合計 116,753

皆様の温かいご支援に改めて心より感謝申し上げます。

 
番組のお知らせ
フジテレビ森本さやかアナウンサーによるウガンダ共和国の現地取材の放送が決まりました。
「情報プレゼンターとくダネ!」
5月20日(月)、21日(火)に放送いたします。是非ご覧ください。
(放送日は変更になる可能性があります)

関西テレビ ページトップへ戻る