CSRイベント

アナウンサー朗読会

2019年の朗読会を開催します

カンテレアナウンサー朗読会vol.18「おはなしの暖炉」

この朗読会の模様を、2019年12月25日(水)午前4:30~5:25に放送します。

今年もアナウンサー朗読会を開催します!
寒い冬に心あたたまるお話を関西テレビのアナウンサーが皆さまにお届けします。
みんなが幸せを感じるお話、くすっと笑えるお話、あとからほっこりするお話などなど、さあ、「おはなしの暖炉」であたたまりましょう!
このアナウンサー朗読会に午前と午後合わせて600名様をご招待します。
皆さまのご応募をお待ちしています。

開催日
2019年12月8日(日)午前11:30 / 午後2:30 2回公演
場所
関西テレビなんでもアリーナ
人数
午前・午後各回300人
(定員を超えた場合は抽選・未就学児の入場不可)
入場料
無料
申し込み期間
2019年10月8日(火)~11月15日(金)
*招待者には11月中旬にメールで通知します。
演出
わかぎゑふ
出演
関西テレビアナウンサー
朗読
作品
(1)「賢者のおくりもの」
オー=ヘンリー 作
堀田篤高橋真理恵

(2)「とっかえべえ」
江坂遊 作
大橋雄介若田部克彦新実彰平

(3)「まんまるな君」
竹上萌奈 書き下ろし作品
林弘典谷元星奈

(4)「ビバ・マリア」
わかぎゑふ 書き下ろし作品
関純子豊田康雄林弘典村西利恵竹上萌奈服部優陽

応募受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

大橋アナウンス部長からのコメント
大橋アナウンス部長 いつもカンテレアナウンサーを温かく見守っていただきありがとうございます。
今年で18回目のカンテレアナウンサー「朗読会」。毎年9月に行っていましたが、今年は初めて12月に開催します。
今までとは季節も違い冬の朗読会。冬、年末、クリスマス間近ということで、皆で知恵を絞りだし今年は「おはなしの暖炉」というテーマでお送ります。
今年もわかぎゑふさんの演出。わかぎマジックでアナウンサーの普段とは違う姿をお楽しみいただけると思います。
年末のお忙しいときですがアナウンサー朗読会で「ほっこり、そして心温まるひと時」ぜひお楽しみください。 沢山の方のご来場お待ちしております。

アナウンサー

過去の朗読会

2018年
開局60周年記念 FNSチャリティキャンペーン
カンテレアナウンサー朗読会vol.17 「LIFE!~新しい1ページ~」

「最近、家族でどこか行きましたか。親子で何かしましたか。 同じ時間をすごすと、愛しさはより増すものだから」 家族のための作品をカンテレアナウンサーが朗読します。
さぁ、一緒に新しいページをひらきましょう。

カンテレのアナウンサーが一堂に会し、さまざまな作品を朗読する恒例の「アナウンサー朗読会」。今年は、開局60周年記念 FNSチャリティキャンペーンのカンテレアナウンサー朗読会vol.17 「LIFE!~新しい1ページ~」と題して、9月2日(日)に開催しました。

今年の『アナウンサー朗読会』の様子

カンテレでは、1974年よりフジネットワーク28社でユニセフ(国連児童基金)と協力して、「世界の子どもたちの笑顔のために」をテーマに、FNSチャリティキャンペーンとして、募金活動を行っています。そこで、今回のアナウンサー朗読会ではチケットを販売し、その全額(販売経費を除く)を、2018年度FNSチャリティキャンペーンの、「ロヒンギャ難民inバングラデシュ」の支援として寄付いたしました。

開催日
2018年9月2日(日)
場所
関西テレビなんでもアリーナ
演出
わかぎゑふ
朗読
作品
「Life」
くすのきしげのり作
林弘典服部優陽石田一洋竹上萌奈谷元星奈

「赤いポストとはいしゃさん」
薫くみこ作
豊田康雄新実彰平竹上萌奈高橋真理恵中島めぐみ

「僕のニュース」
わかぎゑふ作
岡安譲村西利恵林弘典豊田康雄大橋雄介

「いただきます」
安東みきえ作
吉原功兼大橋雄介石田一洋堀田篤中島めぐみ関純子
豊田康雄


「おじいちゃんがおばけになったわけ」
キム・フォップス・オーカソン作
谷元星奈毛利八郎村西利惠岡安譲

「ごびらっふの独白」
草野心平作
男性アナウンサー全員、高橋真理恵

大橋アナウンス部長からのコメント
大橋アナウンス部長 今年で17回目を迎えるアナウンサー朗読会。
今回は関西テレビ開局60周年記念として、入場料をFNSチャリティキャンペーンに寄付いたします。
タイトルの「LIFE!~新しい1ページ~」とともに、私たちカンテレアナウンサーも、演出のわかぎゑふさんの指導を受け、朗読会の新しい1ページを開けてまいります。
家族で親子で楽しんでいただけるように頑張っています。 どうぞお越しください

2017年
カンテレアナウンサー朗読会vol.16 「おしゃべりな贈りもの」

両親への感謝、家族への感謝、友人への感謝、パートナーへの感謝…
コミュニティの数だけ感謝があります。そんなことをテーマに、作品を選びました。
カンテレアナウンサーが感謝の気持ちを込めて貴方に捧げる『おしゃべりな贈りもの』です。

アナウンサー朗読会の様子
開催日
2017年9月17日(日)
場所
関西テレビなんでもアリーナ
演出
わかぎゑふ
朗読
作品
詩「あさ」
谷川俊太郎
高橋真理恵

ミライの授業 part1
ポール・フライシュマン
毛利八郎

種をまく人
瀧本 哲史
石巻ゆうすけ、関純子豊田康雄林弘典石田一洋藤本景子堀田篤中島めぐみ竹上萌奈服部優陽

考える豚
桂文枝(三枝)
大橋雄介林弘典服部優陽

ミライの授業 part2
瀧本 哲史
毛利八郎

詩集「月下ま一群」より「雨が降ってゐる」
ギイ・シャルル・クロス 訳:堀口大學
村西利恵

石巻アナウンス部長からのコメント今年もやってきます。「カンテレアナウンサー朗読会」。スタートの2002年から数えて16回目です。こんなに長く続けてこられたのは毎年楽しみに来てくださる方々のおかげ。本当にありがとうございます。そんな思いを胸にテーマは「感謝」です。今回はいつもより2週間遅い開催で暑さも少しは和らいでいるはず。これまで「行ってもいいけど暑いからかなわん」と申し込みを躊躇していたみなさんも、ぜひ今年こそお越しください!

2016年
カンテレアナウンサー朗読会vol.15 「いのちのまつり」

大きな震災があった今年、あらためて私たちがこの世に生きることについて考えました。新旧4つの作品を通して「つながりあう気持ち」を皆さまにお届けしました。

アナウンサー朗読会の様子
開催日
2016年9月4日(日)
場所
関西テレビなんでもアリーナ
演出
わかぎゑふ
朗読
作品
トマト
吉原功兼林弘典中島めぐみ竹上萌奈服部優陽

五十八歳の告白
東海林さだお「明るいクヨクヨ教」より
石巻ゆうすけ、山田恭弘

ワンダー
関純子石田一洋高橋真理恵新実彰平、竹﨑由佳

いのちのまつり「ヌチヌグスージ」
草場一壽
関純子藤本景子山本悠美子高橋真理恵中島めぐみ
2015年以前の朗読会
朗読会 作品名 作者 朗読者
2015年
「超えろ。 ~新しい窓から~」
ガラスの小びん 阿久悠「ガラスの小びん」 豊田康雄・毛利八郎
「宮沢賢治オムニバス」
雨ニモマケズ・政治家・きみにならびて野にたてば
宮沢賢治 石巻ゆうすけ・関純子・大橋雄介・山田恭弘・杉本なつみ・林弘典・石田一洋・吉原功兼・堀田篤・山本悠美子・川島壮雄・坂元龍斗・高橋真理恵・中島めぐみ・竹上萌奈・竹﨑由佳
年をとったワニの話 レオナルド・ショヴォー出口裕弘(翻訳)「年をとったワニの話」 村西利恵・岡安譲・藤本景子
走れメロス 太宰治 石田一洋・林弘典・関純子・堀田篤・坂元龍斗・竹上萌奈・竹﨑由佳
魔術 芥川龍之介 山田恭弘・杉本なつみ・山本悠美子・石巻ゆうすけ
オグリキャップ復活の有馬V 橋本全弘「名駿オグリキャップ-厩務員池江敏郎との1000日-」 吉原功兼・川島壮雄・大橋雄介・高橋真理恵・中島めぐみ
2014年
「幸せなハナシ」
「ワセダ三畳青春期」より「遅すぎた初恋」 高野秀行 山本悠美子・川島壮雄
「どれくらいの愛情」より「20年後の私へ」 白石一文 林弘典・新実彰平
「この世で一番大切な日」より「想いのリレー」 十川ゆかり 大橋雄介・吉原功兼
「お父さんがキモい理由を説明するね」より
「父がキモい理由を説明してもらった」
中山順司 岡安譲・村西利恵
あした咲く蕾 朱川湊人 石巻ゆうすけ・関純子・杉本なつみ・堀田篤・中島めぐみ・毛利八郎
「草野心平詩集」より「ごびらっふの独白」 草野心平 入沢康夫編 豊田康雄・高橋真理恵
2013年
「カンテレDE玉手箱」
「はじまりは大阪にあり」より
「世界初の「即席麺」チキンラーメン」
井上理津子 岡安譲
「少年少女20世紀の記録」より「東洋の魔女」 織田幹雄 山本悠美子・高橋真理恵
「心に残る人びと」より「新幹線の見知らぬ乗客」 真鍋博 豊田康雄
困った大阪人 わかぎゑふ 関純子
阪神ファンの底力 國定浩一 林弘典・坂元龍斗・新実彰平
阪急電車 有川浩「阪急電車」 石巻ゆうすけ・村西利恵・吉原功兼・川島壮雄・中島めぐみ
2012年
「次へ、その次へ」
紡ぐもの~姉弟 わかぎゑふ 高橋真理恵・新実彰平
あかちゃんからのラブレター 326(ナカムラミツル) 林弘典
いのちのまつり「ヌチヌグスージ」 草場一壽 関純子・藤本景子・山本悠美子・高橋真理恵・中島めぐみ
郵便少年 森見登美彦 藤本景子・岡安譲・堀田篤・川島壮雄
月と女 わかぎゑふ 山本悠美子
五十八歳の告白 東海林さだお「明るいクヨクヨ教」より 山本浩之・石巻ゆうすけ
一枚の写真 わかぎゑふ 関純子・豊田康雄・中島めぐみ
ヤマタノオロチ 藤岡大拙
「神々と歩く出雲神話」より
山田恭弘
二十一世紀に生きる君たちへ 司馬遼太郎 山本浩之・石巻ゆうすけ・山田恭弘・豊田康雄・岡安譲・林弘典・堀田篤・川島壮雄・新実彰平
2011年
「明日への手紙」
海からの贈りもの アン・モロウ・リンドバーグ/落合恵子訳) 関純子・岡安譲・藤本景子
走れメロス 太宰治 岡本栄・石巻ゆうすけ・林弘典・堀田篤・坂元龍斗・中島めぐみ
時のおくりもの わかぎゑふ 岡本栄・山田恭弘・村西利恵・堀田篤・川島壮雄・高橋真理恵・中島めぐみ・わかぎゑふ
100万回生きたねこ 佐藤洋子 山本浩之・山本悠美子
あの日 わかぎゑふ 石巻ゆうすけ
卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ 立教新座中学・高等学校 校長 渡辺憲司 豊田康雄
「宮沢賢治オムニバス」
政治家・君に並びて野に立てば
宮沢賢治 山田恭弘
「宮沢賢治オムニバス」
雨ニモマケズ
宮沢賢治 岡本栄・山本浩之・石巻ゆうすけ・関純子・山田恭弘・豊田康雄・岡安譲・藤本景子・村西利恵・堀田篤・山本悠美子・川島壮雄・坂元龍斗・高橋真理恵・中島めぐみ
2010年
「ミステリアスな午後」
不完全な男 阿刀田高 豊田康雄・林弘典・高橋真理恵
注文の多い料理店 宮沢賢治 吉原功兼・堀田篤・川島壮雄・坂元龍斗
最後の一葉 オーヘンリー 杉山一雄・関純子・わかぎゑふ
死美人辻馬車 北原尚彦 石巻ゆうすけ・岡本栄・山本悠美子
夜の音 星新一 毛利八郎
フィリッポ伯の復讐 塩野七生 関純子・村西利恵・山本悠美子・高橋真理恵・中島めぐみ
僕のニュース わかぎゑふ 石巻ゆうすけ・豊田康雄・岡安譲・村西利恵
おはなしのつづき 恩田陸 川島壮雄
ニュース・タイム わかぎゑふ(原案・東野ひろあき) 石巻ゆうすけ・豊田康雄・林弘典・堀田篤・坂元龍斗
2009年
「恋する時間」
「最後の恋-つまり、自分史上最高の恋。」より
「キープ」
乃南アサ 藤本景子、林弘典、坂元龍斗
「つめたいよるに」より「スイート・ラバーズ」 江國香織 杉山一雄、関純子、川島壮雄
「最後の恋-つまり、自分史上最高の恋。」より
「春太の毎日」
三浦しをん 林弘典、堀田篤、高橋真理恵
「つめたいよるに」より「朱塗りの三段重」 江國香織 豊田康雄、千田訓子、美津乃あわ
「つめたいよるに」より「桃子」 江國香織 吉原功兼
「最後の恋-つまり、自分史上最高の恋。」より
おかえりなさい
角田光代 岡安譲、わかぎゑふ
「つめたいよるに」より「いつか、ずっと昔」 江國香織 石巻ゆうすけ、美津乃あわ
「文豪怪談傑作選・特別編『鏡花百物語」より
「浮舟」
泉鏡花 毛利八郎、岡本栄
「つめたいよるに」より「とくべつな早朝」 江國香織 坂元龍斗、高橋真理恵
ありがとう わかぎゑふ 川島壮雄、千田訓子
2008年
「あなたに伝えたい」
「黒いちょう」 松谷みよこ 関純子
「平家物語」より 「大原御幸」「六道之沙汰」 岡本栄
「ショートショートの広場」より「心残り」 星新一 山本悠美子、石巻ゆうすけ、毛利八郎、堀田篤
「ショートショートの広場」より
「殺人テレフォンショッピング」
星新一 千田訓子、わかぎゑふ、山本悠美子
「ショートショートの広場」より「白馬の騎士」 星新一 山本悠美子、坂元龍斗、豊田康雄、川島壮雄、堀田篤
「ショートショートの広場」より「ご近所のピアノ」 星新一 毛利八郎、川島壮雄
「ラブシーン」より「カサブランカ」「男はつらいよ」 斉藤恵美子 杉山一雄、藤本景子
「ショートショートの広場」より「ふられ薬」 星新一 千田訓子、毛利八郎、豊田康雄、堀田篤
「ショートショートの広場」より「最後のギャンブル」 星新一 豊田康雄、石巻ゆうすけ、千田訓子、林弘典
「ブラックジャック」 手塚治虫 林弘典、坂元龍斗、毛利八郎、藤本景子、石巻ゆうすけ
2007年
おしゃべりで
おいしい秋
「どぜうの丸かじり」より『好きです さつまいも君』 東海林さだお 石巻ゆうすけ
「日本魁物語」より『開化アンパン物語』 駒敏郎 毛利八郎
『はじめてのカレーライス』 小林カツヨ 村西利恵
「今日から変わる10分間イメージヒーリング」より
『心がむしゃくしゃするときは」
李敬烈 吉原功兼
『曽根崎心中 近松門左衛門』 岡本栄
「日本洋服史」より 『洋服大評定のこと』 山本悠美子
「5分で落語のよみきかせ」より 『さらやしき』 小佐田定雄 堀田篤
『タカラジェンヌの太平洋戦争』 玉岡かおる 林弘典
「今日から変わる10分間イメージヒーリング」より
『大きなものにこだわればストレスは小さくなる』
李敬烈 吉原功兼
「5分で落語のよみきかせ」より 『そこつの使者』 小佐田定雄 川島壮雄
「アブラカタブラ奇術の世界史」より
『近代奇術の父ロベールウーダン』
前川道介 豊田康雄
「5分で落語のよみきかせ」より 『てんしき』 小佐田定雄 堀田篤
『時のおくりもの』 わかぎゑふ 藤本景子ほか合同朗読『時のおくりもの』
『モチモチの木』 斉藤隆介 関純子
2006年
「お喋りなクリスマス」
(2006.12.16)
「サンタクロースっているんでしょうか?」 フランシス・P・チャーチ 豊田康雄
「霞町物語」より「青い花火」 浅田次郎 毛利八郎
「東京タワー」 リリーフランキー 吉原功兼
「風に舞い上がるヒニールシート」から
「器をさがしに」
森絵都 村西利恵
「つめたいよるに」から「デューク」 江國香織 林弘典
「雨月物語」から「菊花の契り」 上田秋成 岡本栄
「クリスマスキャロル」 チャールズ・ディケンズ 杉山一雄
「ビバ・マリア」 わかぎゑふ 藤本景子 毛利八郎 石巻ゆうすけ 豊田康雄 林弘典 堀田篤
「雪窓」 安房直子 関純子
「ケーキの丸かじり」から
「クリスマスケーキの丸かじり」
東海林さだお 石巻ゆうすけ
2005年
「なつかしい想い出の味ビストロアナーズ」
「彼女の彼の特別な日・彼の彼女の特別な日」 森絵都 全員
「好色一代男」より「けした所が恋のはじまり」 井原西鶴 岡本栄
「電車男」 中野独人 林弘典
「御馳走帖」より「饗応」 内田百間 杉山一雄
「台所のおと」 幸田 文 豊田康雄
「FLY,DADDY,FLY」 金城一紀 毛利八郎
「生きてるだけで丸もうけ」 桑原征平 桑原征平
「手袋を買いに」 新美南吉 関純子
「西の魔女が死んだ」 梨木 香歩 中島優子
「タヌキの丸かじり」より「天津甘栗の逡巡」 東海林さだお 石巻ゆうすけ
「注文の多い料理店」 宮沢 賢治 全員
2004年
「聴いて楽しむ言葉の料理
ビストロアナーズ」

(2004.9.5)
「タヌキの丸かじり」より「チーズ開眼」 東海林さだお 石巻ゆうすけ
「植草甚一のスクラップ・ブック
J.J氏の男子専科」より「我慢料理」
植草甚一 毛利八郎
「ショートショートの広場2」より「ふられ薬」 山口タオ 林弘典
「奥の細道」より「福井」
「嵯峨日記」より「4月28日」
松尾芭蕉 岡本栄
「島の暮れ方の話」 小川未明 中島優子
「御馳走帖」より「カステラ」 内田百間 杉山一雄
「阪神タイガース優勝記念号」より
「勝つのは健やかなことだ」
江國香織 村西利恵
「おおきな木」 シェル・シルヴァスタイン 桑原征平
詩「小さなユリと」 黒田三郎 豊田康雄
「スパイスの誘惑」より「子どもじみた嫉妬」 落合恵子 関純子
「つめたい夜に」より「晴れた空の下で」 江國香織 片山三喜子
「男三昧・女三昧」より「ランチタイム」 森瑤子 全員
2003年
聴いて楽しむ
ことばの料理
「ビストロ アナーズ」
「正しい源氏物語の読み方・究極の源氏物語」 岡本栄
「お茶とお菓子」 大村しげ 中島優子
「アンジェリーナ~佐野元春と10の短編」より
「彼女はデリケート ベジタリアンの口紅」
小川洋子 豊田康雄・杉本なつみ
「ジェリービーンズの片想い」 秋元康 岡安譲
「ほろよい味の旅」より「でっかいサンドイッチ」 田中小実昌 杉山一雄
「ビビンパ」 清水義範 桑原征平・中島優子・藤本景子・林弘典
「アンソロジー ビール」より「定食屋でビールを」 東海林さだお 石巻ゆうすけ
フリートーク 「野球とビール」 桑原征平
「注文のいらないレストラン」 森絵都 村西利恵
「さつまのおいも」 中川ひろたか 山本浩之
「温かなお皿」より「冬の日 防衛庁にて」 江國香織 関純子
大阪書籍刊小学5年の国語教科書より「手紙」 宮本輝 片山三喜子
「男三昧・女三昧」より「カルバドスの女」 森瑤子 全員
2002年
「耳で味わう 世界の美味」
オープニングMC(ニュース風に)
朗読フリ
キャスター:毛利八郎、杉本なつみ
リポーター:山田恭弘(VTR出演)
岡本栄
「大江戸美味草子・初秋の便り」 杉浦日向子 山本浩之
「タコの丸かじり・ナイター弁当ビール」 東海林さだお 石巻ゆうすけ
「外交官の舌と胃袋
—大使料理人がみた食欲・権力欲」
西村ミツル 岡林豊明
対決トーク 「2人で食べた甘いもの」 毛利八郎、岡安譲
「たこやきの正しい食べ方」 熊谷真菜 杉本なつみ
「ワニ眼物語・スイカをとどけに」 沢野ひとし 梅田淳
フリートーク「今まで食べた美味しい地方料理」 桑原征平
大阪センチュリー交響楽団 馬場鉄志、中島優子
「ビストロマップかならずできるレシピ・
鮪チャーハン茶漬けなど」
藤本景子
架空実況「鮪料理に挑む2人のシェフの調理」 大橋雄介、若田部克彦、林弘典
「むっちゃんのしょくどうしゃ」 國本リカ 関純子、中島優子
「コミさんの二日酔いノート」 田中小実昌 杉山一雄
東西美味討論会
「お好み焼きvsもんじゃ焼き」、「牛肉vs豚肉」、「うどんvsそば」
司会:桑原征平
東方:杉山一雄、馬場鉄志、大橋雄介、林弘典
西方:岡本栄、山本浩之、杉本なつみ、藤本景子
「デザートはあなた」より
COME ON TO MY HOUSE
森瑤子 片山三喜子、豊田康雄

活動内容

関西テレビアナウンサー朗読会。 関西テレビの視聴者の皆さんにお届けするイベントとして、2002年から毎年1回開催しています。
普段のニュースや番組とは違うアナウンサーの一面を間近で見てもらい、 生でアナウンサーの朗読を楽しんでいただいています。 わかぎゑふさんの演出で、演劇的な要素の多い作品にアナウンサーたちが挑戦するのも見どころの一つです。
2009年からは毎回終演後に、FNSチャリティキャンペーンの一環として、アナウンサーが募金を呼びかけています。

写真

写真

関西テレビ ページトップへ戻る