TOPICS

撮影現場からのスペシャルリポート

<第8話>田丸が「神の光教団」本部へ殴り込み!
仲間のために特捜班が集結!!

2017.05.29

5月30日(火)よる9時放送の第8話。千種(石田ゆり子)の夫・林(眞島秀和)が内偵を続けていた新興宗教団体「神の光教団」本部へ、田丸(西島秀俊)がたった一人で乗り込もうとします。「神の光教団」本部の前に姿を現す田丸。そこへ、田丸の覚悟を察した稲見(小栗旬)ら特捜班メンバーが集まって来て…。仲間のために集結した特捜班、そしてそれに驚きながらも仲間の想いを受け入れる田丸。今回はこの、思わず胸が温かくなる“特捜班集結!”シーンをリポート。

ロケが行われたのは千葉県の某所。1月下旬の深夜のことで、寒風が吹きすさぶなか、特捜班を演じる5名は現場入りしました。現場の建物敷地内には、撮影で使用されるパトカーが数台。パトランプもすでに回転しており、周囲の闇を切り裂いては戻り来る赤い光が、このシーンの物々しさを演出。また現場近くの海から聞こえる、打ち寄せては砕ける波の音は、冬の夜の寒々しさをさらに強めていきます。

寒風を遮る物もないなか、小栗さんたち特捜班メンバーは、それぞれスクワットをしたり、談笑をしたりで暖をとっている様子。そこで最もユニークな動きをしていたのは新木優子さん。新木さんはピョンピョンと、前に後ろに右に左に、まるで「ケンケンパ」のように飛び跳ね、体をほぐし…。そんな新木さんを温かく見守る特捜班メンバー。そのとき、小栗さんが動きました!

新木さんの前に立ったかと思うと、小栗さんは、まるで鏡のように新木さんの動きをトレース。小栗さんの動きが徐々に激しく、早くなっていき、このキレキレでコミカルな動作に、新木さんもたまらず笑顔♪ それを見て嬉しそうな表情を浮かべた小栗さんは、今度は、スタッフの前へと移動。「俺の動きに付いて来てみろよ!」と言わんばかりの挑発(!?)に、それを見た西島さんも思わず吹き出し、思わず「(小栗さんが)壊れている(笑)」と苦笑いを見せたのでした。

この後、小栗さんを始め、特捜班を演じた面々が口々に「最も印象的だったアクションシーン」に挙げていた、超ド級の7分30秒のノンストップバトルが始まります。永久保存版の特捜班の大活躍、是非お見逃しなく!

バックナンバー

もっと見る
閉じる

バックナンバー

もっと見る
閉じる

「CRISIS」
公式LINEアカウント

友だち追加数

関西テレビ ページトップへ戻る