TOPICS

撮影現場からのスペシャルリポート

<第7話>平成維新軍が犯行予告!
元ハッカー・大山と特捜班はテロを阻止できるか!?

2017.05.22

5月23日(火)よる9時放送の第7話。日本経済連盟の公式サイトが、テロ組織「平成維新軍」によってハッキングされます。そのトップページには、近々テロが行われると思わせる犯行予告文が!この事件で、元ハッカーの大山(新木優子)は、自身の過去に関わりのある、人物を思い浮かべます。その人物とは――!?

第7話は、元ハッカーの大山がその知識と技術を駆使して大活躍!!大山の過去が少し明かされるほか、新木さんいわく「第7話は、これまでで一番、私の戦闘シーンが多い」ということで、待ちに待った大山のアクションシーンも思う存分、見られます!今回はそんな、大山についての現場便りをお届け。

実はこの頃、現場では新木さんについて、小栗 旬さんや野間口徹さんを中心に、次のような話題で盛りあがっていました。「最近の新木さんは、結構なエグいパンチを繰り出す(笑)」。これについて新木さんに直撃すると、次のように話してくれました。

「実は、カリ・シラットの練習を重ねるにつれて、むしろ自分の中でも『本当に私で、この役柄、そしてこの激しいアクションをこなせるのか』と不安も大きくなっていったんです。そこで、アクション部の方々との練習のほか、私自身でもボクシングの先生のもとを訪れ、パンチの稽古をつけてもらいました。その成果が表れたのかもしれません。最初の頃の私のアクションの映像と見比べて、今の映像からは、自分自身でも成長が感じられました。これが自己満足ではなく、周囲から見ても『そうだ』と言って頂けたのなら、それはうれしいことですね(笑)」

このほか、大山の取調室での対峙シーンでは、大山が心理的な挑発を仕掛けて相手を揺さぶる、“精神的な”アクションシーンも見られます。そしてこの回で、「平成維新軍」とは何者なのか、その片鱗も少しずつ見えて来て…!?

果たして、「平成維新軍」の真の標的、目的とは何か。是非、放送で確認をしてみてください!

関西テレビ ページトップへ戻る