TOPICS

撮影現場からのスペシャルリポート

<第5話>稲見がまさかの逮捕!?
冒頭シーン、その撮影現場をリポート!

2017.05.08

5月9日(火)よる9時放送の第5話は、警察署内にある留置所の廊下から始まります。そこへ、ある長身の男が担当警察官に連れられ、不機嫌そうな表情で入っていきます。その男とは―なんと稲見朗(小栗 旬)!?

実はこれ、稲見の潜入捜査シーンからの一コマ。稲見に与えられた特殊任務とは、沢田(杉本哲太)という暴力団員に接近すること。そのため稲見は、素性を偽って沢田の信頼をつかみ取ります。その後、反社会組織への本格的な潜入捜査が始まるのですが、この事件の背景には、国家や社会の倫理をも揺るがす一大スキャンダルの影が…!?

後に小栗さんは第5話を振り返り、「稲見にとって、あるターニングポイントになったかも」と語っています。果たして、稲見の身に何が起こったのか。小栗さんの発言の真意は、是非放送で確認して、それぞれで読み取ってみてください!

このシーンの撮影が行われたのは12月下旬。やや温かめの陽射しが降りそそぐなか、都内某所で撮影されました。普段の小栗さんの現場での空き時間の過ごし方と言えば、笑顔&冗談&カリ・シラットの練習。ストイックななかにも和やかなイメージがあるのですが、この日ばかりは小栗さんの言葉数は少なめ。自分の身分や素性を隠した潜入という“劇中劇”のような設定のためか、撮影前に小栗さんが発した言葉も「(用意された小道具の履物を見ながら)これ履くの?」ぐらいなもの。あとは手錠をかけられて息を殺すようにして廊下に立ち、物語の設定同様の陰鬱な目などをしながら役に入っているようでした。 いつもとは違う独特な雰囲気…。

いつもと違った物語の始まり方。撮影そのものは通常通り、滞りなく進行しましたが、画面上では、これまでのドラマのストーリーとはひと味もふた味も違った独特な雰囲気が流れているはずです。いつも以上に先の読めないハラハラ・ドキドキに、是非ご期待下さい!

バックナンバー

もっと見る
閉じる

バックナンバー

もっと見る
閉じる

「CRISIS」
公式LINEアカウント

友だち追加数

関西テレビ ページトップへ戻る