TOPICS

撮影現場からのスペシャルリポート

<第4話>稲見行きつけのバーに謎の女性・松永が登場。
稲見と松永の運命的な出会いに目が離せない!

2017.05.05

5月2日(火)に放送された第四話の稲見(小栗 旬)行きつけのバー「40886」のシーンで、松永芳(野崎萌香)が登場!バー「40886」に客として訪れ、稲見と運命的な出会いをした松永は今後、ストーリーにどうかかわってくるのか?

その前に稲見と松永の出会いについて振り返ってみましょう。稲見がいつものようにバー「40886」を訪れたところ、松永は待ち人がついに来たかのように稲見の方を見ます。ところが待ち人は稲見にあらず…。松永はため息をつきます。バーテンダーの吉行(芹澤興人)は松永が彼氏からの連絡待ちだと推理。そして吉行と稲見が見守る中、ついにスマートフォンに着信が!ところがそれは彼女がフラれる連絡…。

ここで稲見は松永に近づきます。そして隣の席まで来て「そばにいてあげるから、とりあえず泣いちゃいなよ」との優しい言葉。すすり泣く松永と、自然な感じでビールを飲む稲見の2人の背中は、まさに大人の恋の始まりを体現したように絵になっていました。

そして物語ラスト、再び松永はバー「40886」を訪問します。果たして稲見はカウンターのいつもの席に座っていました。明らかに稲見を意識する松永ですが、稲見は気付く様子はなく、そのままカウンターに突っ伏してしまいます。稲見に何かあったことを悟った松永は稲見の隣へ!稲見に声を掛けることなく、ただ心だけを寄り添わせるのでした…。

都内のとあるバーで、野崎さんはクランクイン。出会いの場面で、稲見が松永の隣に来るシーン。リハーサルでは、小栗さんが「ここでいきなり隣に座るのはちょっと無神経すぎないかな」などと距離感を大事にしながら打ち合わせしていました。また、野崎さんは彼氏に振られたショックでカウンターに顔を埋めるシーンでは、「ゴン!」と音が出るほどの熱演を見せ、モニターを見ていた監督は「額が赤くなるほどぶつけたんじゃない?演技だけじゃなく音もいいね!」と心配しながらも絶賛していました。

稲見と松永の今後について、小栗さんは後に「稲見はこれまで、辛い過去の記憶から人と深くつき合うことを避け、刹那的な恋愛を求めていましたが、松永さんに出会ったことで、落ち着いた場所を見つけられたというか、彼の中の何かがまた変わってくるんです」とヒントを語っています。
松永の存在は稲見の運命をも変えてしまうのか――!?特捜班の戦いの行方はもちろん、こちらからも目が離せません!!

バックナンバー

もっと見る
閉じる

バックナンバー

もっと見る
閉じる

「CRISIS」
公式LINEアカウント

友だち追加数

関西テレビ ページトップへ戻る