11月15日(火)

ゲスト

はるな愛
月亭八光
森日菜美
はるな愛
月亭八光
森日菜美

内容

大阪市の“区の魅力”大調査SP

大阪市に24ある“区”の魅力を探る好評シリーズもついにファイナル!今回は「東成区」「北区」「住吉区」にスポットを当て、各区民へのアンケート調査で特に多くあがった“わが区の自慢”をランキング形式で発表!それぞれの区が持つ独自の魅力を、ゲストのはるな愛、月亭八光、森日菜美とともに紹介していく。

最初に注目する「東成区」の区民の自慢は、国内有数の有名企業の本社がいっぱいあること!それも、社名を言えば知らない人はほとんどいない大企業ばかりだという。まずは、文房具や事務用品のあのトップメーカー!1970年代に誕生以来、現在も売れ続けているロングセラーの○○は、東野も「日本人でこれ使ったことない人いないんちゃう?」というほど変わらぬ人気を誇り…。さらに、今や当たり前となった○○を世界で初めて開発したパイオニア企業や、かわいい○○向け商品の売り上げNo.1メーカーなど東成区が誇るすごい会社が続々!そのほか、一度は絶滅し、幻の味とまで言われるも27年前に奇跡の復活を遂げた東成区民のソウルフードや、駅前に多数の○○の名店がひしめく大阪屈指のグルメ激戦区を紹介する。

続いては「北区」。近年、オシャレなカフェが続々と誕生している都会のオアシス「中之島」エリアで人気なのが、優雅に楽しむ“○○活”。昼下がりにあるメニューを提供するお店が増え、若い女性たちの間で中之島は“○○活の聖地”と呼ばれているらしく…。歴史的建造物の中でいただくデンマーク生まれのグルメなど、スタジオ一同も興味津々の○○活の人気店が登場する!ほか、長さ日本一のアーケード商店街「天神橋筋商店街」で楽しめる絶品グルメを紹介!ダウンタウン・浜田が大阪に来るたびに訪れる○○の名店や、人気店の裏メニュー“○○焼き”を看板に生まれた話題の新店をリポートする。また、“西日本最大級”の称号を持つ大阪きっての超人気エリアも登場!

そして、大阪市24区のトリを飾るのは「住吉区」。区内には、大阪を代表するあの銘菓“○○”の老舗が!1940年創業のこちらは、歴史ある和の○○にナッツや生クリームなどの洋の素材を融合させた進化系の味を次々と生み出しているお店。そのなかでも不動の人気を誇る看板商品が、なんと世界のVIPをおもてなしする特別なお菓子に選ばれたことも…。味にうるさいヤマヒロも「めちゃくちゃおいしい!ここ1~2年で一番ハマったお菓子」と大絶賛した逸品とは?また、住吉区民の足として親しまれているレトロでかわいい○○や、年始には毎年およそ230万人が訪れる大阪市内きってのパワースポットを紹介する!
月亭八光、はるな愛
山本浩之、東野幸治、メッセンジャー黒田