11月1日(火)

ゲスト

なるみ
岡田圭右(ますだおかだ)
豊崎由里絵
なるみ
岡田圭右(ますだおかだ)
豊崎由里絵

内容

奈良&滋賀&和歌山 三都じゃない方もスゴイんやで!SP

関西の三都と呼ばれる大阪・京都・兵庫に比べ、印象が薄いといわれる3つの都市、奈良・滋賀・和歌山にスポットを当てる1時間!三都には負けない新たな魅力を、ゲストのなるみ、岡田圭右、豊崎由里絵とともに紹介していく。

まずは、よその都道府県にはマネできない各県の「自慢」にスポットを当てる。和歌山の自慢は、スタジオの豊崎も「めっちゃすてき!」と思わず叫んだニュースポット。白浜町にある無人島に今夏オープンしたばかりのこちらは、ハイクラスな○○が体験できるという話題の施設!海を臨むゴージャスな空間で、海外の高級リゾートに出かけたかのような優雅な気分に浸れるとあり、和歌山県民のみならず他府県からも予約が殺到しているらしく…。ほか、南海電車にお目見えしたあの出身スターのスペシャル特急や、白浜の景勝地に突然現れた“ナゾの岩”など和歌山のユニークな自慢が続々!そして奈良からは、世界レベルの人気を誇るあのゲームとの注目コラボなどを紹介。滋賀からは、草津のパーキングエリアでお土産としてバカ売れ中の“お菓子”が登場する。遠方からわざわざ訪れ、しかも箱買いする人が続出しているそのワケとは?

続いては、各県ではやっている「絶品グルメ」に注目する。滋賀では、守山市にあるお肉屋さんが手がける“絶品コロッケ”が話題とか。滋賀県民が「今までにない!」「憧れの味!」と絶賛するこの逸品のお値段は、1個なんと700円!同じお店で売られている普通のコロッケが70円とお手頃だけに、その10倍もする高級コロッケの中身が気になるが…。お店の方いわく、700円でも「ほぼ赤字!」。なるみも「これなら安いぐらいや」とうなった、滋賀ならではのあのブランド食材をぜいたくに使ったこだわりコロッケの実態とは?さらに和歌山からは、名産の○○のおいしさと美しさを余すことなく味わえる人気の“もえ断”スイーツが登場!また、スイーツ自慢のお店が急増している奈良からは、ひんやりおいしい○○を愛して止まないマニアが全国から訪れる超人気店などを紹介する。

そしてラストは、各県で行われているユニークな「町おこし」を紹介!奈良では、県のアイドルにしてシンボル“鹿”にまつわるあるグッズが飛ぶように売れているという。これを作っている会社の社長さんによれば、以前からあったグッズだが今年の春あたりから人気が爆発!特に修学旅行生にバカ売れらしく、生産が追いつかないほどの大ヒットに「売れて売れてしゃあない!」とホクホク顔で…。スタジオの東野も「これはノリで買ってしまいそう!」と納得した、テーマパーク気分で奈良の旅が楽しめる人気グッズとは?ほか、美しい湖岸の風景を生かして滋賀で盛り上がる“琵琶湖○○化計画”や、和歌山の山奥に“未来”がやってくる!?串本町にまもなく誕生する最先端○○施設などが登場する。
岡田圭右(ますだおかだ)、なるみ
山本浩之、東野幸治、メッセンジャー黒田