5月4日(火)

ゲスト

岡田圭右
アンガールズ
神田愛花
岡田圭右
アンガールズ
神田愛花

内容

うちコレ使ってんねん!関西人の食卓を大調査SP

とかく“グルメ”にかける情熱がすごすぎる関西人のこだわりを大調査!愛してやまない地元の“調味料”や“ご飯のおとも”を、ゲストの岡田圭右、アンガールズ、神田愛花とともに紹介していく。

関西人が特にこだわる調味料が“ソース”と“ぽん酢”!まずは地元で愛されている関西各地の“ご当地ソース”を紹介する。和食のイメージが強いが、実は多くの地ソースメーカーが存在する京都で有名なのが、昭和5年創業の老舗のソース。その味を一子相伝で受け継ぐ京都市内の工場にカメラが潜入!豊かな“香り”の秘密は、ぜいたくに○○を使う独自の製法にあった…!また、ソースがよりおいしさを引き立てるオススメの使い方も伝授。「これにソースが合うなんて知らなかった!」と神田が衝撃を受けた、ソースをかけるだけで絶品の味になる意外な食べ物とは?さらに和歌山からは、フルーティーさが自慢の万能ソース、なんと127年の歴史を持つ由緒正しきソースと、個性の異なる2つのソースが登場!大阪からは、南河内エリアで絶大な人気を誇る、地元の特産・○○を使った粉もんに相性抜群のソースを紹介する。

続いては、オススメの“ご当地ぽん酢”を一挙紹介!大阪・平野区の地元民が「これを一度使ったら、ほかのぽん酢は使えない」「食べたら世界が変わる!」などと口をそろえて絶賛するのは、仲よしご夫婦がなんと10年をかけて完成させたというご当地ぽん酢。実は当番組MCにして、味には人一倍うるさい黒田も大ファンだというのだが…。「これはホンマにうまい!」と黒田が絶賛する逸品とは、どんな味なのか?そのほか、奈良・吉野町の蔵元が作る、しょうゆのうまみが堪能できるぽん酢や、創業180年を超える京都の老舗で大人気の3種のかんきつのおいしさを生かしたぽん酢が登場する。

そして、最後に注目するのは“ご飯のおとも”。関西で人気のご飯が進む逸品を紹介する。大阪市北区のとあるお店で販売されているのは、パリッとした食感と絶妙な味がたまらないご飯のおとも。開店1時間前から並ぶお客さんもいるほどの人気ぶりだが、それもそのはず。実はこちらのお店、週に1回しか営業しておらず、お取り寄せも不可。つまり、この日、ここでしか買えない貴重な逸品なのだ。東野も「食べてみたい!」と思わず前のめりになったご飯のおともの正体とは?そのほか、神戸牛の専門店が作った予約3カ月待ちのバカ売れ商品や、和歌山の名産・紀州南高梅が意外な食材とのコラボで大変身を遂げた斬新な一品など、よりすぐりのご飯のおともが続々!
東野幸治、メッセンジャー黒田、神田愛花、岡田圭右
東野幸治、アンガールズ